お知らせ

起源はネアンデルタール人?

2018年6月4日

こんにちは。

昨日に引き続き暑い日ですね。

帽子や水分補給等、熱中症対策をしっかりしましょうヽ(^o^)丿

 

さて。

今回は遺跡ではなく「埋葬」と「墓」について少し。

埋葬の概念があるのは人間だけです。

起源は約10万年ほど前。ネアンデルタール人ではないかという説があります。

時代的に、肉食動物も近くにいた時代。接近される危険を避ける為に深く埋めたのではともいわれているので、はっきりとはしていないようですが。

 

人間が誕生してから埋葬の概念は定着しています。

しかし、「お墓を建てる」は、身分の高い人たちの行為だったようです。

一般庶民は、その辺の河原や山や道端に遺棄されていたというのだから、昔は凄い世界だったのではないでしょうか。

平安時代にもののけや疫病や鬼火の話がよくでてきますが、その事実からすれば納得ですね。

人間に限らず、遺体と言うものは菌の発生につながるため、非常に不衛生。体内のリンが雨と反応すれば、いわゆる人魂・鬼火とよばれるものが発生します。

埋葬は、物理的にも有効な行為です。

 

お墓を建てるということは、故人を偲ぶことの他に「ここに故人がいますよ。」という目印にもなります。

死者への敬いや感謝として形にしたのがお墓です。

一般庶民が自分達のためのお墓を建てるようになったのは、江戸時代あたりからのようなので、実はそれほど歴史は古くないですね。

お墓の石の加工技術の発展という点もあるのでしょうが。

 

現在はその頃からさらに加工技術がすすみ、それだけでなく、輸入石によって石の色の種類も多くあります。

「お墓」というものを再考してみるのも、祖先への敬意につながるかもしれませんね。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弘前市 梅林寺 灰御影石 洋型墓石

2021年2月25日

こんにちは、青森県弘前市の大湯石材店です。

 

今日は、弘前市 梅林寺の境内墓地に建立した

I家様のお墓をご紹介します。

どっしりと重厚感のある、落ち着いたデザインの洋型墓石です。

 

人気オプションのベンチが取り付けられています。

 

ベンチの向かい側にあるのは

あとから亡くなった方をお墓に納める際に

お名前を刻む「墓誌」です。

 

拝むスペースが広めにとられており、

左側のベンチに腰掛け、墓誌に刻まれた歴史を見ながら

故人やご先祖様と語り合うようにゆったりとお墓参りができます。

 

また、香呂と花立がスキマなく一体型になっていることで

間に汚れやゴミ、枯れた葉や花びらなどが溜まらず

そうじが簡単にできます。

 

お墓のことでお困りごとがありましたら

いつでもご相談くださいませ(*^^)v♥

お墓参りの時期

2021年2月24日

こんにちは、弘前の大湯石材店です。

 

今日は、「お墓参りの時期は決まっているの?」というテーマで

みなさんと情報を共有していきたいと思います。

 

結論からいうと、

お墓参りの時期というのは特に決まっていません。

 

行きたいときにお墓参りに行って問題ないと追われています、

 

お墓参りに行く人が多い時期は、

お盆、お彼岸、命日、年末やお正月、人生の節目があったとき

とされています。

 

ただし、青森県のような雪国では

積雪により冬期間は閉鎖されている霊園もあるため

雪解け後の3月~11月頃までにお墓参りに行く場合が一般的です。

 

雨の日は避けた方がよい、と聞くことがあるかもしれません。

 

縁起の良し悪しというよりも

石は濡れると滑るので、

「足元に危険が少ない=足元が濡れていない日がよい」

ということだと思われます。

 

また、お参りに行くときに「六曜」を気にされる方もいらっしゃいます。

前回の記事で紹介しましたが、

仏事とは因果関係のないものなので、

大安や仏滅などは、気にしなくても大丈夫です。

 

ただ、気になる方は、

ご自身が気持ちよくお墓参りできる日付を選んで

お参りしてもよろしいかと思います。

 

では、今日はこの辺で失礼いたします。

ずいぶん冷えますので、お体にお気をつけて

よい日をお過ごしください。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る