お知らせ

国民の祝日

2018年1月8日

こんにちは。

3連休の最終日という方も多いのではないでしょうか。

吹雪も大雪もなく比較的穏やかな天候で過ごしやすいですね。

 

さて。

今日は国民の祝日のひとつ「成人の日」ですね。

以前は1月15日でしたが、2000年のハッピーマンデー制度から1月の第2月曜になりました。

1月15日に制定されていたのは、元服の儀が小正月である1月15日だったからだと言われています。

 

成人の日は、国民の祝日に関する法律、祝日法第178号第2条によると。

大人になった事を自覚し自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます。

ということらしいです。

毎年ニュースにも取り上げられる成人式ですが、津軽地方では昨日式典を行う市町村が多かったようです。

近年は、各地方地域によって式典が行われる時期は様々になっています。

 

話はかわりますが、成人の日には、高校サッカーの決勝戦も行われますね。

今年は、千葉の流通経済大柏と群馬の前橋育英。

14:05~試合開始です。

仕事で観戦はできませんが・・・(-_-;)

 

若者が何かに没頭している姿は、それだけで感動できます。

 

これからを生きる若い世代には、厳しい社会ではあるでしょうが、ひたむきさは忘れず明るく生きてほしいと願います。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

雪の中のお墓参り

2018年1月18日

こんにちは。

今日は曇り空ですが、降雪がなく

過ごしやすい天候です!

でも午後以降、雪だるまが表示されていますが・・・

こんなに雪が少ないと、今まで冬期間のお墓参りを

あきらめていたのが、ちょっと行ってみようと

思いませんか?

そこで、雪の中のお墓参り、いくつかの注意点があります。

①お墓の除雪

お墓、経机(供物台)、花立周辺の除雪ですが、金属製スコップは厳禁です!

接触すると、簡単に破損(欠ける)してしまいます。

石は硬いのですが、デリケートです。

手、又はプラスチック製のスコップで、やさしくです。

②スリップ注意

磨いた石の上はとても滑ります!

ちょっとでも、雪が残っていたり、濡れていたりすると

氷の上のように滑り、とても危険です。

しっかりと雪の排除と、靴底の雪の確認で、やさしく足を乗せましょう!

③花立の水

通常は、花立に水をいっぱい入れますが、この時期は凍結してしまいます。

ステンレスのカップにもいい影響がありませんので、

少なめに入れるか、または入れなくてもこの時期だと、大丈夫のようです。

片づけに行けない方は、供物と一緒に持ち帰っても、いいと思います。

あと、花立にフタの付いたタイプですが、しっかりとフタを閉めておきましょう。

雪の重みでフタの付け根から曲がり、フタが閉まらない、取れてしまうことが

あります。注意しましょう。

以上ですが、行き帰りの運転にも注意して、

気を付けて、お参りください!

戦国武将の墓

2018年1月17日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

上杉景勝 (1555~1623)享年69歳

戒名 覚上院殿法印権大僧都宗心 命日旧3月20日 新4月19日 死因病死

お墓場所 米沢藩主上杉家墓所 山形県米沢市御廟1-1869

米沢藩主上杉家墓所では、初代から15代藩主を祀っている。

人物プロフィール

長尾政景の次男。叔父である上杉謙信の養子となった。謙信の死後、実子がいないので、家督を巡って2人の養子が対立した。

謙信の甥である景勝と、北条家から養子にきた景虎である。この戦い(御館の乱)に景勝は勝利する。

武田家と親密な間柄を保ち信玄の五女の菊姫をめとっている。

武田勝頼が織田信長によって滅ぼされると、上杉家は窮地に陥った。しかし、本能寺の変が起こり窮地を脱した。

豊臣政権が確立すると、景勝は大阪に出向き、秀吉に臣従を誓った。小田原の役、文禄の役にも参戦し、会津120万石に国替えされる。

秀吉の死後、五大老の1人となる。しかし、徳川家康は上杉家を警戒し上杉討伐にでる。この時、家康不在を機に石田光成が挙兵し

関ケ原の戦いとなる。景勝は、関ケ原の戦いで光成側と同盟して敗れた為、会津から米沢30万石に移された。

転封先米沢では、内政に力を注ぎ、明治維新まで続く米沢藩の礎を築いた。

(戦国武将のお墓参り手帖から引用)

山形を訪れたときには、上杉家墓所をお参りしてみたいですね。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る