お知らせ

世界最小の国家のお墓

2019年5月8日

こんにちは。

風が強いですね(>_<)

朝、店ののぼりを出したのですが、強風で折れる危険が出てきたため、早々に回収してしまいました(;´Д`)

突風は危険を伴います。ドアの開閉や歩行等は気を付けて下さいね。

 

さて。

今回は久しぶりに世界遺産のお墓について。

 

皆さんもご存知とは思いますが、世界最小の国家「ヴァチカン市国」は国そのものが世界遺産のため、極端な言い方をすればそこにあるものすべて遺産なので、世界遺産のお墓といってもピンポイントで「これ」というわけではありませんが、有名なところなので再度確認(笑)

というわけで「サン・ピエトロ大聖堂」。言わずと知れた建設期間約300年の建造物。

元々は、キリストの一番弟子だったとされているペトロさんのお墓(聖堂)が建っていた場所で、巡礼地でした。その後紆余曲折があり、この聖堂は建設されました。(紆余曲折の部分は長くなるので割愛。興味のある方は是非歴史から調べてみて下さい)

イタリア語でサンは聖、ピエトロはペトロなので、聖ペテロの聖堂ということです。実にシンプルです。

この聖堂に関わった有名な建設家や芸術家は多く、皆さんもラファエロやミケランジェロは一度は耳にしたことがあると思います。

面白いもので、ラファエロもミケランジェロも天使の名前。

ラファエロはそのままラファエルですが、ミケランジェロはイタリア語でミケーレ(ミカエル)+アンジェロ(エンジェル)の合わせ技。

天使が聖堂を彩ったという考えはいけませんかね(笑)

 

余談。

因みに、天使は一般的に「エンジェル」と言いますが、これはイギリス等英語圏での事。

イタリアやポルトガル語(地区別)では上記のように「アンジェロ」や「アンジェラ」にかわります。

ドイツ語では「エンゲル」。

スペインやポルトガル語(地区別)では「アンヘル」。

フランス語では「アンジュ」。

ロシア語では「アンジュリナ」、「アンジェリーナ」と変化します。

 

遺産を通していろんなことがわかります(笑)

遺産や歴史は本当に楽しいです(^ω^)

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

散骨

2019年5月27日

こんにちは。

雲の無い青空!気持ちいいですね。

個人的なことですが、仕事でなければシーツ等大きなものを洗濯して干したい天気です(笑)

 

さて。

今回は最近注目度が上がっている散骨について。

流れや料金については各企業さんで紹介されているので、今回は注意しなければならないことを簡単に紹介したいと思います。

 

お墓をもたない埋葬が増加傾向にあるなかで、樹木葬、手元供養等とともに散骨が注目されています。

散骨を望んでいる方はわりと多く、日本人だと、石原裕次郎さんやhideさん他、著名人も散骨されています。

しかし。

散骨に関しての法律は、実に曖昧です。

法整備がされていない分野なので、法務省・厚生労働省の見解としては「違法ではないが、合法でもない」というのが現状だということを理解しなければいけません。

あくまでもグレーゾーンの埋葬法なので、今後どのような流れになるかはわからない状態です。

散骨の原則は「葬送を目的とすること」「節度をもつこと」等あります。

遺骨をパウダー状にしたからといって、どこに撒いてもいいわけではありません。

散骨する場所は、許可がおりる場所かどうか必ず確認しましょう。

上空から撒かれた遺灰の一部が私有地に落ちたことで問題になった案件もあります。

分骨して一部を残す等対策をしないかぎり、お参りする場所がない等の問題も発生します。

後々のトラブルを防ぐためにも、散骨を選択される場合は、家族や親族とよく相談することをおすすめします。

 

お墓があってもなくても、自分が望むことと家族が望むことよく話し合って、亡くなった後も幸せであるようにと願います。

お墓のあんしん点検実施中!

2019年5月24日

こんにちは(^ω^) 弘前市おおゆ石材のブログです。

暑い日が続いていますが、当社の点検隊は暑さに負けず、あんしん点検実施中です!

そんな中、元気なのが、先日もお伝えした

蜂たちです。

あたたかくなるにつれ巣は大きくなり、蜂たちも攻撃的になってきました。近づたり、こちらから攻撃しなければ刺されないということですが、墓地では近づくことになります。

そのために気を付けている事をお知らせします。

・蜂は黒いものを攻撃するので、黒い服装や黒い物を持たない

・明るい色や蛍光色は花と間違われるため身につけない

・香水などの強い香り、体臭・アルコール臭に蜂が寄ってくるので気を付ける

・蜂を見ても急激な動きをしないようにする

などです。

参考になさってください(^o^)/

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る