お知らせ

世界最小の国家のお墓

2019年5月8日

こんにちは。

風が強いですね(>_<)

朝、店ののぼりを出したのですが、強風で折れる危険が出てきたため、早々に回収してしまいました(;´Д`)

突風は危険を伴います。ドアの開閉や歩行等は気を付けて下さいね。

 

さて。

今回は久しぶりに世界遺産のお墓について。

 

皆さんもご存知とは思いますが、世界最小の国家「ヴァチカン市国」は国そのものが世界遺産のため、極端な言い方をすればそこにあるものすべて遺産なので、世界遺産のお墓といってもピンポイントで「これ」というわけではありませんが、有名なところなので再度確認(笑)

というわけで「サン・ピエトロ大聖堂」。言わずと知れた建設期間約300年の建造物。

元々は、キリストの一番弟子だったとされているペトロさんのお墓(聖堂)が建っていた場所で、巡礼地でした。その後紆余曲折があり、この聖堂は建設されました。(紆余曲折の部分は長くなるので割愛。興味のある方は是非歴史から調べてみて下さい)

イタリア語でサンは聖、ピエトロはペトロなので、聖ペテロの聖堂ということです。実にシンプルです。

この聖堂に関わった有名な建設家や芸術家は多く、皆さんもラファエロやミケランジェロは一度は耳にしたことがあると思います。

面白いもので、ラファエロもミケランジェロも天使の名前。

ラファエロはそのままラファエルですが、ミケランジェロはイタリア語でミケーレ(ミカエル)+アンジェロ(エンジェル)の合わせ技。

天使が聖堂を彩ったという考えはいけませんかね(笑)

 

余談。

因みに、天使は一般的に「エンジェル」と言いますが、これはイギリス等英語圏での事。

イタリアやポルトガル語(地区別)では上記のように「アンジェロ」や「アンジェラ」にかわります。

ドイツ語では「エンゲル」。

スペインやポルトガル語(地区別)では「アンヘル」。

フランス語では「アンジュ」。

ロシア語では「アンジュリナ」、「アンジェリーナ」と変化します。

 

遺産を通していろんなことがわかります(笑)

遺産や歴史は本当に楽しいです(^ω^)

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

花立の工夫

2020年5月24日

こんにちは。

まだまだ日によって天気や気温の差がありますが、体調を崩さないよう気を付けながら今日も一日頑張りましょう。

さて今日はお墓のご案内をする際、意外と驚かれる点を一つご紹介。

お墓には花を活ける花立がありますが、実は最近のものには裏側に水抜きが付いています。

今のお墓は花を活ける時に金属製の専用カップを使うのですが、カップはお手入れし易いように取り外しできるようになっています。

そのため、花立本体に雨水などが溜まらない様に目立たない部分に水抜き穴を開けています。

この一つの工夫で、水汚れだけでなく冬の凍害も防げるので何気に大切な加工ですね。

お墓も日々、より使いやすく長持ちするように進化しています。

興味が出ましたら、ぜひ一度お声かけください。

弘前 青森 最新お墓建立情報

2020年5月23日

こんんちは。

今日の空は、どんよりした雲に覆われていますね。

でも、まずまずの天候です!

今日のお知らせは、

お墓の改葬(移転)工事です。

お客様から、お墓の移転のご相談をいただきました。

今現在、関東にお住いの方で、

今後、お墓の維持管理と利便性を考えて、

お寺様に実情をご相談、打ち合わせを重ねて、

昔からの町内の共同墓地から、

お寺の境内に移転した方がいいのではないか、

との事でのご相談でした。

今現在のお墓の土台石(外柵石)はかなり大きく、

境内の墓地サイズにカットする必要がありますが、

使用している石材をそのまま使用して

移転することができました。

お客様から、移転のついでに墓石の再磨き仕上げと

香呂を扉付きのタイプにリフォームしての

完成です!

使用している石材は、国産の石材なので、

稀少価値もあり、

ピカピカになったお墓を見た

お客様に、大変喜んでいただきました。

近年、お墓の改葬(移転)や墓じまいの

ご相談が多くなっています。

それぞれのご家庭の実情をお聞きし、

色々なプランをご提案させていただきます。

まずは、お電話を!!

お待ちしております。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る