お墓参り代行

「遠いのでお墓参りにいけない。」
「高齢のため代わりにお墓参りして欲しい。」
「仕事の都合でお墓参りにいけない」
…などという方は、ぜひおおゆ石材へご相談ください。

お墓参りは故人を偲び、ご先祖様に手を合わすという、大切な日本の行事ですが、お忙しくてなかなか行けないという方も少なくありません。
そんな方のためにお墓参り代行として、お客様に代わって心をこめてお墓参りをいたしております。
もちろん、お時間があるときはご自分で先祖供養をし、感謝する気持ちを伝えていただき、 お時間のないときのみ当社にご依頼いただくということでも大丈夫です。
お気軽にお問い合わせください。

内容

おおゆ石材のお墓参り代行サービスは、ただ単にお墓参りを代わりに行う、というのではなく、 お墓の手入れや掃除も含めたトータルなものとなっております。

代金

¥10,000 + お花代 ¥3,000
※代金は、お墓の場所などによって異なります。詳細はお問い合わせください。

ご契約の流れ

お申し込み

メール・お電話で申し込みください。作業内容やご不明な点などありましたら、お気軽にご相談ください。

打ち合わせ

場所の確認、日時等、詳細な内容を確認いたします。

お墓参り

ご指定の日にお墓参りいたします。

作業報告

郵送もしくはメールにて作業の報告と、写真をお送りいたします。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

関連ページ

「あんしん点検」ご紹介

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

当社スタッフがイメージソングをつくってくれました!是非お聴きください!

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

神仏との縁

2020年1月18日

こんにちわ。

新年を迎えてもう1月も半分を越えました。

年の始めは色々と慌ただしいのもあって、時間が過ぎるのがとても早く感じます。

今年はニュースでもやってる通り、例年に比べ雪が全然降らないのでその点は楽ですね。

ただ…最初雪の少ない年はその分後ろにずれこんでどかっと降ることが多いので、その点だけは心配ですが…。


1月に限った話ではないのですが、毎月18日は『観音様の縁日』という日に当たるのだそうです。

そもそもこの縁日、一般にはお祭りのイメージが強いものですが、実は色んな神仏との縁が結ばれる日のことを指すそうで、

三十日秘仏」という教えの中では一か月のそれぞれの日に特定の神仏が割り当てられていて、

神社や仏閣などで参拝をするとその日別に徳を得られるのだとか。

お墓や神社でよく見かけるお地蔵様も「地蔵菩薩」という仏で、こちらは24日に当てられています。

墓地の中には観音様の石像やお地蔵様は設置されているところもありますので、

これらの日に手を合わせると、もしかしたら何かいいことがあるかもしれませんね。

こういうことをきっかけに、お墓参りなどに向かうことが増えたらいいなぁと思いました。

お参りについて

2020年1月13日

こんにちは(^ω^) 弘前市大湯石材店のブログです。

1月だというのに穏やかな日が続いていますね。

新年、神社やお寺に初詣に行かれた方多くいらっしゃると思います。

この時期になると神社やお寺の参拝の仕方についてのTV放送があり、勉強になります。

神社では二礼二拍手一礼の作法で手を叩きますが、お寺では手を叩かないで手を合わせる、この違いがあります。

神社で手を叩く柏手をする意味はさまざまあり、神様を呼ぶため・邪気を祓うためとも言われているようです。

お寺では手を合わせる事に意味があり、右手は仏様・左手は自分を表していて、両手を合わせることで仏様と一つになることを表していると言われています。

参拝する気持ちが大事なので、間違ったからと言って問題はありません、次回の参拝の時に正しい作法で気持ち良くお参りしましょう。

次の機会になったら忘れてしまう・わからなくなる、そんな方にオススメは

ご自宅の神棚・お墓・お仏壇のお参りです。神棚には二礼二拍手一礼、お墓やお仏壇には手を合わせる・焼香するなどをして、生活の中にお参りを取り入れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る