樹木葬(自然葬)・永代供養墓・お墓じまい(お墓の撤去)

お墓じまい

「お墓じまい」は、住職による魂抜き儀式を行った後、お墓からご遺骨を取り出し、墓石を解体し更地に戻します。その後のお墓のお引っ越し、または永代・手元供養や散骨などの、新供養もご提案いたしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

仏壇じまい

「仏壇じまい」は、住職による魂抜き儀式を行った後、お焚き上げ供養を行います。昔から使い続けた物には魂が宿ると言われ、手厚く弔ってあげたい気持ちから、寺院・神社などに頼み魂を天に送り出す行事となったのが、御焚き上げです。

庭石処分・撤去

「庭石1個」からでもOK!処分に困った大きな石・重たい石を処分・撤去いたします。庭石、砂利、コンクリート等、どのような石でも処分いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

遺品・生前・空き家整理

遺品・生前整理は、故人の遺品や、ご依頼者様の身の周りの整理を指します。専門業者が、丁重に必要なものとそうでないものを整理いたします。また、長い間放置された空き家の、整理・清掃も承っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
※全てサイズ・重量・規模などによって料金が異なります。

ポイント1

交渉・行政手続きも代行できます!

菩提寺や霊園との移転交渉から、受入証明書・埋葬許可書、改装許可書の手続きなど、必要なものを代行いたします。

ポイント2

お墓専門店だからこその安心!

大正12年創業の信用と実績。お墓のプロとして年間4,000基以上の、墓石施工・点検を行っております。

ポイント3

お墓じまい後も全てサポート

お墓の撤去工事だけでなく、新しいお墓のご紹介や、その後必要になる法要や供養までサポートいたしますので、ご安心ください。

今あるお墓の撤去を行います。

総額 100,000円(税別)〜

※墓所の広さ・墓石の大きさにより、価格が前後いたします。

お墓じまい基本プランに含まれる内容

無料現地見積り

撤去を要する墓石・区画を確定するために現地へお伺いし、見積りいたします。

ご遺骨取り出し

今のお墓からご親族のご遺骨を取り出します。取り出したご遺骨は、ご希望の移転先へ発送いたします。

お墓の撤去工事・墓地区画の整地

今のお墓を解体し、墓石は廃棄処理法に則り適切に処分いたします。お墓の解体後、墓地区画を返地するために、墓地を更地へと整地します。

※別料金にて手続き代行も可能です。

移転交渉の代行

お客様に代わり、今のお墓がある公営霊園・民営霊園・寺院に対して、移転に関する交渉を行います。

ご遺骨の搬送料金

今のお墓から取り出したご遺骨を、新しいお墓がある墓地へお送りする送料が含まれます。

改葬許可申請手続きの代行

お客様に代わり、今のお墓がある墓地を担当する市区町村へ改葬許可申請の手続きを行います。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お墓じまい基本プランに含まれる内容

ご自宅供養
(お骨壺・手元供養など)

ご自宅でご供養をお考えの方のためのプランです。
※別途料金でお骨パウダー化も可能です。

10,000円(税別)〜

バルーン宇宙葬
(宇宙への散骨)

すでにテレビ・雑誌等で取り上げられている「バルーン宇宙葬」。使用するバルーンも100%天然ゴムを使用しているので、自然に還るエコバルーンです。いつでもお好きな場所から「葬送」ができます。

240,000円(税別)〜

永代供養

永代供養なら、ご遺骨をお寺の共同墓に合葬し永代に渡って供養を行うため、新しいお墓を用意する必要はありません。

宗派に合わせてお寺さんを紹介いたします。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

まずはお問い合わせください

まずは、お電話・メールでお問い合わせください。見積りをさせていただきます。

見積り提出

撤去を要する墓石・区画を確定するために現地へお伺いし、見積りいたします。

移転・撤去の交渉(行政手続きの代行)

お墓の撤去を行うために、今の寺院や霊園への移転交渉、新しいお墓の受入証明書、埋葬(納骨)証明書、改葬許可書取得などの各種行政手続きを弊社スタッフが行います。
※墓地や霊園の規約で施工業者が定められている場合は、対応できないことがありますので、予めご了承ください。

お墓からご遺骨の取出し

お墓からご遺骨を取り出します。菩提寺をお持ちの方は、事前に閉眼供養について確認しておきましょう。お付き合いのある寺院がない方で閉眼供養をご希望の場合は、寺院の手配も承っております。

お墓の撤去(ご遺骨の移転)

取り出したご遺骨を、新しい納骨場所へ移転いたします。
新しい納骨場所が決まっていない場合は、ご希望に合わせて墓地・霊園の紹介、その他供養の手配をいたします。

お墓の撤去工事・整地

今あるお墓を撤去し、整地作業を行います。撤去した墓石は廃物処理法に則り適切に処分いたします。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

関連ページ

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

当社スタッフがイメージソングをつくってくれました!是非お聴きください!

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

弘前市門外 和洋型墓石 灰系

2020年10月21日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

連日、新型コロナの感染が拡大する一方で、今まで以上に危機感を持って予防・対策をしなければいけませんね。

当社でもマスクと消毒スプレーの常備と人同士の適切距離に対しての意識を強めながら、頑張っていきます(゜_゜>)

―♪―

さて、今回は弘前市門外に建立された、和洋型墓石についてのご紹介です。

使用石種は灰御影石。

こちらは土台部分となる外柵がない、本体のみの墓石となります。

墓地の敷地内に収まっていればOKなので、こういった建て方を選ばれる方も多いです。

竿石部分に大きく彫刻された心の1文字がとても映えていますね。

花立にも家紋が彫刻されているので、シンプルデザインもとてもオシャレに見えます。

そしてこのくらいの大きさのお墓は、何といってもお掃除が簡単!

お手入れで時間の余裕が取れる分、供養をゆっくり行う事が出来ます。

―♪―

当社展示場では外柵セットだけでなく、本体のみでの展示品もご覧頂けます。

ちょっとでも興味がおありなら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

【手元供養について】

2020年10月19日

こんにちは。青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

さて、今日は【手元供養】についての記事を更新します。


”手元供養”ってなに?

別れがたい故人をいつもそばに感じていたい

ご遺骨を2か所以上の場所に分けて納めることを分骨(ぶんこつ)といいます。

最近では故人を身近に感じていたいという想いから、ご遺骨をお墓に納めるだけでなく、分骨して指輪やペンダントなどのアクセサリーとして残す人が増えています。

グリーフケア(死別を経験し、「喪失感」と「立ち直り」の間で揺れ動き不安定になる心身に寄り添い支援するケアのこと)として注目されており、語りかける対象ができることで心が落ち着き、生きる力に繋がるといわれています。


こんな方におすすめです

・お墓はあるけど、手元にも置いて故人を偲びたいと思っている方

・「お仏壇までは…」とは思うが、リビングに置けてお仏壇のように手を合わせる場所が欲しい方

・最愛のお子様を亡くされた方(水子供養として)

・最愛のペットを失い、心のよりどころが欲しい方

・お墓が遠方のため、身近でも日々供養したい方

・いつも見守ってくれるお守りとして etc…


“手元供養”よくある質問 Q&A

①分骨すると成仏できないってホント?

ズバリ迷信です。

ご遺骨を故人そのものだと思ってしまうお気持ちから、分骨しては成仏できないのでは…という思い込みが広まったようです。お釈迦さまや各宗派の僧も希望して分骨されているケースが多くあり、地域によっては古くから分骨の文化がある場合もあります。

個人の判断でOKです。

 

②家に遺骨や遺灰を置いても大丈夫?

手元供養のため分骨し、保管する事に法律上の問題はありません。ただし、分骨後に別の場所へ納骨する場合に備えて、書類を発行してもらう必要があります。(※ほんの少量の場合は書類が必要ないケースもあります。その都度ご確認ください。)

分骨したご遺骨は、自宅のお仏壇に骨壺で安置したり、手元供養専用のオリジナルスペースを設けて安置したりするのがよいでしょう。

ここで注意したいのは、「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」によってお墓を墓地区域以外に作ることは禁じられているということです。つまり、手元供養だと言って分骨してもらい、自宅の庭にお墓を作ったり、散骨したりしてはいけません。

 

③分骨するタイミングや手続きは?

手元供養の間は書類を必要としませんが、のちに納骨する場合に備えて念のため取得して保管しておきましょう。複数人で分骨する場合は、それぞれに書類を用意しましょう。

■火葬場で分骨する場合(オススメ!)

分骨を行う時には、葬儀社へあらかじめ分骨したい旨を伝えましょう。火葬直後に分骨用の骨壺(有料)にご遺骨を入れて手元に残し、火葬場からの「分骨証明書」を発行してもらいましょう。

■お墓などのご遺骨から一部だけ分骨する場合

勝手にお墓からご遺骨を取り出すことはできません。ご遺骨をお墓から取り出す際には「閉眼供養(魂抜き)」、お墓に納める際には「開眼供養(魂入れ)」をすることが慣習として残っています。納骨場所の管理者に必ず連絡を入れ、「分骨証明書」を墓地管理者に発行してもらいましょう。

 

④保存方法は?

おしゃれなアクセサリーやかわいい骨壺で保管します(。☌ᴗ☌。)✨

故人のご遺骨から精製したダイヤモンドや、小さなカロートに遺骨などを入れたものをペンダントや指輪やブレスレットにしたり、手のひらサイズの骨壺に納めて保存することができます。


いかがでしたか?

 

大湯石材店では手元供養のためのジュエリーや骨壺を販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください♪

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る