手元供養品・散骨

カロートペンダント

手元供養

カロートペンダントは故人のお骨を収め、身につけることで悲しみを癒すペンダントです。

亡くなった大切な方のお骨をすこしいれて、手元供養として身につけます。

もちろん大切な方のお骨だけでなく、愛するペットのお骨もいれられます。

忘れられない想いを感じて、悲しみを癒してください。

インターネット上でもおおゆ石材の商品がご購入いただけます。

ストーンマルシェにて販売しております。以下をクリックしてご覧ください。

ストーンマルシェ

“のんのさま” ~お部屋に小さなお墓を~

のんのさま

「遺骨」をミニチュアのお墓に納めて、お家でお墓参りをしませんか。
おおゆ石材では、特許取得済の手元供養墓 ”のんのさま” を青森県内唯一の代理店として取り扱っております。
手元供養とは、故人のぬくもりを感じながら、癒され元気をもらう「心の拠りどころ」となる供養の方法です。
身近でできる「ありがとう」の表現として、いつでも故人を偲ぶことができます。

遺骨や思い出の品を格納できます

手元供養墓の中に金属製の入れ物(カロート 別途約1万円)があります。
こちらに遺骨や思い出の品を納めていただくことで、故人を身近に感じながら日々の供養を行うことができます。

以下でお悩みの方におすすめです。

手元供養墓の中に金属製の入れ物(カロート 別途約1万円)があります。
こちらに遺骨や思い出の品を納めていただくことで、故人を身近に感じながら日々の供養を行うことができます。

  • 雨や雪などの天候に関係なくいつでも供養したい
  • お墓が遠い、多忙などの理由でお墓参りができない
  • 子供がいないなどの理由で、お墓の後継ぎがいない
  • お墓がない、建てる予定がない
  • お墓に納骨する決心がつかない

…など。

te01

te02

te03

te04

te05

te06

おおゆ石材で取り扱っているデザインの一例です。 この他にも様々なデザインがございますので、ぜひ一度展示場へお越しください。

デザイン・料金などご相談承ります

料金は、お墓のデザインや使用する石材によって異なります。
今あるお墓と同じデザインで作成することもできますので、お墓参りの新しいかたちとしていかがでしょうか。
すべてオーダーメイドとなりますので、できあがりまでに2か月ほどお時間をいただきます。また、商品代の他に別途送料も(1~2万円程)いただいております。予めご了承ください。

この他にも様々なデザインがございますので詳しくはおおゆ石材へお問い合わせください。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

当社スタッフがイメージソングをつくってくれました!是非お聴きください!

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

供養トリビア ~風葬~

2020年10月29日

こんにちは。弘前の大湯石材店です。

すっかり秋も深まり、冷え込んできましたね。

さて、文脈もなく今日のお話し(^_^;)

【風葬】です。

風葬とは、火葬や土葬等の遺体処理をすることなく、自然の中で風化を待つという風習のことで、世界各地にみられるものです。

日本では、琉球や奄美などの島で行われていましたが、現在では行われてはいません。

 

琉球地方の風葬は島や地域、階級などで違いがあったようですが、一般的な庶民の弔い方は、不浄の聖域であるとされる「後生(グソー)」へ遺体を運び、そのまま風化を待つということが多く、埋葬という形ではないけれどグソーが共同墓地と考えていいようです。

 

風葬は自然葬にあたります。

魂のいれものだった体を自然に返すという概念ですね。

現在ではバルーン葬や海洋葬などが挙げられます。

 

時代が変われば、弔い方や種類も変わります。

故人や遺族、それぞれの考えや意見もあるので、お互いに満足のいくように、出来る事なら生前に話し合っておくことも大事ですね。

お墓の掃除とリフォーム

2020年10月28日

お墓をきれいに保つ方法は、何といってもこまめにお手入れをすることでしょう。

墓石は、風雨にさらされているため、ほっておくとホコリなどが積もるだけでなく苔が生えてきます。

これは墓石を劣化させるものです。

掃除の時には、雑巾などで丹念に汚れを落としましょう。

そして墓石を洗ったら必ず乾いた布で水分を拭き取っておきます。

雑草を抜いたり、積もった落ち葉などのゴミを取り除くことも忘れないようにしましょう。

 

 

どんなに頑丈につくられたお墓でも、時間の経過とともに石が傷ついたり風雨の浸食で風化が生じたりします。

また地震や自地盤沈下などの天災による狂いもおこります。

こんな時にはお墓をリフォームすることもできますので、是非ご相談ください。

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る