ウルトラポリッシング

石工の研磨技術と最新ダイヤモンド技術が可能にした高級感ある仕上がり!

石工の研磨技術をベースに最新ダイヤモンド技術を採用し、独自の手法でコンクリートの天然骨材を露出させ、素材そのものの美しさを活かした重厚な雰囲気や、鏡面加工により写像性に優れた明るいイメージに仕上げることができます。
耐摩耗性、耐衝撃性、耐油に優れ、タイヤ痕も寄せ付けず、凹凸が無くなることでメンテナンスも簡単になるため維持費も大幅に削減することが可能です。また、防塵防水効果にも優れます。
工期は通常2日間と短く、新築・改装を問わず施工可能です。また、鏡面加工仕上げの他、塗装仕上げ前の表面下処理にも最適です。。

コンクリートを鏡面に磨き上げることで、明るく艶のある床面をつくりだします。コンクリートに含まれる骨材が露出し、大理石を思わせる自然な表情を演出。コンクリート床とは思えない重厚な雰囲気を醸し出します。
欧米の大手小売店等では、コンクリート床の鏡面仕上げは一般的な仕様として幅広く採用されています。

コンクリート表面のレイタンス(脆弱部分)を完全に除去すること、そして、表面強化剤を塗布し緻密な面を形成することで、表面強度が高まるとともに耐摩耗性が未研磨の状態より3~6倍まで向上します。
これにより、耐久性に優れた傷つきにくい床を形成。長期耐久性をもつロングライフ床を実現します。

表面強化剤を塗布することで床からの発塵を防止し、清潔で衛生的な環境を提供します。また、臭いや毒性がなく安全で周辺環境に影響を与えません。施工作業においても塗床に比べエネルギー消費や二酸化炭素排出量を大幅に削減。環境負荷を軽減できます。

コンクリートそのままの床ですから、塗床のような剥がれや割れが無く、塗り替え等の改修工事費を削減できます。また、改修時に産業廃棄物の撤去費用がかからず、現状復帰のための費用も必要ありません。
研磨作用により緻密な床に仕上がるので、汚れが付着しにくくなり日常の清掃が簡単になり、トータルコストを大幅に軽減できます。

何の変哲もないコンクリートブロックも、当社の研磨技術によりオブジェのような輝きに!
一般住宅のコンクリート床やガレージの床も、コンクリートとは信じられないくらいの輝きに変貌を遂げます。

通常の研磨では光らない石材も、当社の研磨技術で輝かせることができます。
艷やかな光沢とともに石の表情も鮮明になり、新たな魅力が現れます。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

当社スタッフがイメージソングをつくってくれました!是非お聴きください!

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

弘前市門外 和洋型墓石 灰系

2020年10月21日

こんにちは、大湯石材店の花田です。

連日、新型コロナの感染が拡大する一方で、今まで以上に危機感を持って予防・対策をしなければいけませんね。

当社でもマスクと消毒スプレーの常備と人同士の適切距離に対しての意識を強めながら、頑張っていきます(゜_゜>)

―♪―

さて、今回は弘前市門外に建立された、和洋型墓石についてのご紹介です。

使用石種は灰御影石。

こちらは土台部分となる外柵がない、本体のみの墓石となります。

墓地の敷地内に収まっていればOKなので、こういった建て方を選ばれる方も多いです。

竿石部分に大きく彫刻された心の1文字がとても映えていますね。

花立にも家紋が彫刻されているので、シンプルデザインもとてもオシャレに見えます。

そしてこのくらいの大きさのお墓は、何といってもお掃除が簡単!

お手入れで時間の余裕が取れる分、供養をゆっくり行う事が出来ます。

―♪―

当社展示場では外柵セットだけでなく、本体のみでの展示品もご覧頂けます。

ちょっとでも興味がおありなら、いつでも大湯石材店までお越しください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

【手元供養について】

2020年10月19日

こんにちは。青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

さて、今日は【手元供養】についての記事を更新します。


”手元供養”ってなに?

別れがたい故人をいつもそばに感じていたい

ご遺骨を2か所以上の場所に分けて納めることを分骨(ぶんこつ)といいます。

最近では故人を身近に感じていたいという想いから、ご遺骨をお墓に納めるだけでなく、分骨して指輪やペンダントなどのアクセサリーとして残す人が増えています。

グリーフケア(死別を経験し、「喪失感」と「立ち直り」の間で揺れ動き不安定になる心身に寄り添い支援するケアのこと)として注目されており、語りかける対象ができることで心が落ち着き、生きる力に繋がるといわれています。


こんな方におすすめです

・お墓はあるけど、手元にも置いて故人を偲びたいと思っている方

・「お仏壇までは…」とは思うが、リビングに置けてお仏壇のように手を合わせる場所が欲しい方

・最愛のお子様を亡くされた方(水子供養として)

・最愛のペットを失い、心のよりどころが欲しい方

・お墓が遠方のため、身近でも日々供養したい方

・いつも見守ってくれるお守りとして etc…


“手元供養”よくある質問 Q&A

①分骨すると成仏できないってホント?

ズバリ迷信です。

ご遺骨を故人そのものだと思ってしまうお気持ちから、分骨しては成仏できないのでは…という思い込みが広まったようです。お釈迦さまや各宗派の僧も希望して分骨されているケースが多くあり、地域によっては古くから分骨の文化がある場合もあります。

個人の判断でOKです。

 

②家に遺骨や遺灰を置いても大丈夫?

手元供養のため分骨し、保管する事に法律上の問題はありません。ただし、分骨後に別の場所へ納骨する場合に備えて、書類を発行してもらう必要があります。(※ほんの少量の場合は書類が必要ないケースもあります。その都度ご確認ください。)

分骨したご遺骨は、自宅のお仏壇に骨壺で安置したり、手元供養専用のオリジナルスペースを設けて安置したりするのがよいでしょう。

ここで注意したいのは、「墓地、埋葬等に関する法律施行規則」によってお墓を墓地区域以外に作ることは禁じられているということです。つまり、手元供養だと言って分骨してもらい、自宅の庭にお墓を作ったり、散骨したりしてはいけません。

 

③分骨するタイミングや手続きは?

手元供養の間は書類を必要としませんが、のちに納骨する場合に備えて念のため取得して保管しておきましょう。複数人で分骨する場合は、それぞれに書類を用意しましょう。

■火葬場で分骨する場合(オススメ!)

分骨を行う時には、葬儀社へあらかじめ分骨したい旨を伝えましょう。火葬直後に分骨用の骨壺(有料)にご遺骨を入れて手元に残し、火葬場からの「分骨証明書」を発行してもらいましょう。

■お墓などのご遺骨から一部だけ分骨する場合

勝手にお墓からご遺骨を取り出すことはできません。ご遺骨をお墓から取り出す際には「閉眼供養(魂抜き)」、お墓に納める際には「開眼供養(魂入れ)」をすることが慣習として残っています。納骨場所の管理者に必ず連絡を入れ、「分骨証明書」を墓地管理者に発行してもらいましょう。

 

④保存方法は?

おしゃれなアクセサリーやかわいい骨壺で保管します(。☌ᴗ☌。)✨

故人のご遺骨から精製したダイヤモンドや、小さなカロートに遺骨などを入れたものをペンダントや指輪やブレスレットにしたり、手のひらサイズの骨壺に納めて保存することができます。


いかがでしたか?

 

大湯石材店では手元供養のためのジュエリーや骨壺を販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください♪

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る