1月9日 有名人のお墓

こんにちは(^ω^) 弘前市おおゆ石材のブログです。

本日1月9日は 江戸時代の横綱 谷風梶之助 2代(1750~1795)が亡くなった日です。

谷風は、仙台藩陸奥国宮城郡霞目村出身の力士です、第4代横綱でしたが、実質的な初代横綱とされ、大相撲史上屈指の強豪で、力量・人格の面で現在の横綱の模範となった人物です。

谷風のお墓は

仙台市若林区霞目で、お墓は小さな公園になっており、閑静な場所にあります。

また1月9日は「風邪の日」とされています、これは谷風が、流感(インフルエンザ)で現役のまま亡くなったことを追悼したことで風邪の日となりました。

谷風が生前、流感が流行っていた際に「土俵でわしを倒すことはできない、倒れるのは風邪にかかった時くらいだ」と語ったことから、その時に流行した流感は「タニカゼ」と呼ばれたそうです。

これから寒さがますます厳しくなりますので、お身体ご自愛ください(^o^)丿

 

 

関連記事

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ