称名寺 洋型墓石 灰系

おはようございます、横山です。

暑くなるとお茶やお水だけを飲んでも

すぐにのどが渇く気がします。

 

水分だけではなく、スポーツドリンクや塩飴・タブレットなどで

しっかり電解質も補給して体調管理に気を付けましょう!

 

さて、今日は藤崎町の称名寺境内墓地に建立したH家様のお墓をご紹介します。

灰系の石種の洋型墓石で、

シンプルですっきりまとまったデザインとなっています。

石塔には南無阿弥陀佛の文字と蓮の花が彫刻されています。

 

真宗大谷派では、墓石に刻む文字に決まりはありません。

一般的に石塔の正面に「南無阿弥陀佛(なむあみだぶつ)」や

「倶会一処(くえいっしょ)」と刻まれます。

家名を刻んだり、好きな言葉を刻んだりするパターンもあります。

 

「南無阿弥陀仏」の意味は、

無限の命と光明をそなえた仏さまを信じ、頼りにします

という意味があるとされています。

 

また、「倶会一処」の意味は、

ともに一つのところに会う

という意味があるそうです。

縁のあった人々とともに浄土(仏や菩薩のいる場所)に集うということです。

 

また、真宗大谷派では卒塔婆供養をしないので

お墓に塔婆立てがありません。

 

宗派ごとにお墓や仏壇に特徴がみられ、奥が深いですね。

 

自分の宗派ではどのようなお墓を建てればいいの?

仏壇はどういうものがいいの?など

お墓を建てるにあたってわからないことがありましたら

ぜひ大湯石材店にお問い合わせください。

 

みなさまからのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

関連記事

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ