真言宗

おはようございます。

本日は『真言宗』についてお話ししたいと思います。

7世紀中頃のインドで、当時衰退の傾向にあった仏教の復興運動がおきました。

この運動によって密教が盛んになり、西インドで『大日経』が、南インドで『金剛経』が成立します。

『大日経』は善無畏三蔵によって陸路で、『金剛経』は金剛智三蔵によって海路で中国に伝えられました。

中国に伝わった密教は、初めこの2派に分かれていましたが、空海の師匠である恵果和尚によって統一されます。

弘法大使空海は宝亀5年(774)讃岐国に生まれ、15歳で都にのぼり、仏教をはじめさまざまな学問を学び、各地の山野で修行しました。

そして密教の実践を学ぶため中国へ留学、恵果に入門します。

恵果は空海に会うなり「私はあなたが来るのを待っていました。すぐに密教の奥義を伝えましょう」と言ったそうです。

つまり恵果は1000人を超える弟子の中から、正当な密教の継承者として空海を選んだのです。空海は帰国後、全国行脚を経て真言宗を開きます。

真言宗は興教大使覚鑁(かくばん)が高野山座主の時に古義と新義に分かれ、その後さらに分化し多くの派が生まれてゆきます。

真言宗は真言密教とも言い、「即身成仏」を教えの根幹にしています。

これは密教の修行の実践により、誰でもただちに仏になることができるという教えです。密教の修行とは、身体の修行である身密、言葉の修行である口密、心の修行である意密で、あわせて身口意の三密修行と呼ばれています。

 

 

 

 

 

関連記事

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ