正光寺 洋型墓石 白系

こんにちは、大湯石材店の横山です。

夏の稲穂の色が濃くなってきましたね。

田んぼの横を通るときの土の匂いがすきです。

 

さて、今日は弘前市にあります正光寺の境内墓地に建立した

O家様のお墓をご紹介します。

白系の石で作られた洋型墓石です。

 

石塔に「南無釈迦牟尼佛(なむしゃかむにぶつ)」と家紋が刻まれ、

花立にお名前を刻字しています。

(プライバシー保護のため、写真を編集しています)

「南無釈迦牟尼佛」とは曹洞宗(禅宗)のご本尊のことです。

曹洞宗のお墓では「○○家先祖代々」と刻まれることも多いですが、

このようにご本尊として仰ぐ

「南無釈迦牟尼佛」や「南無釈迦如来」と刻むこともあります。

 

石塔のとなりには仏像があり、

洋型デザインの中にも伝統を重んじる心を感じます。

 

門柱(外柵の手前の方)の両側がベンチになっているので

ゆったりと腰掛けてお参りできそうですね。

 

お墓や供養のことでご相談がありましたら大湯石材店へどうぞ。

皆様からのお問い合わせ、心よりお待ちしております。

関連記事

「あんしん点検」ご紹介

ウルトラポリッシング

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

おおゆ石材 公式facebookページ