お知らせ

Virus

2017年11月4日

こんにちは。

雨模様の天気が続きそうですね。

大きいもの厚いものの洗濯に悩む予報。

コインランドリーは有り難いです。

 

 

 

個人的な話ですが、帯状疱疹を発症しました。

津軽弁でいう「つづらご」です。

 

「帯状疱疹」とは???

 

水痘・帯状疱疹ウイルスが原因で起こる、皮膚湿疹です。

水ぼうそうを起こすウイルスと同じものです。

 

生まれて初めて感染したときは水ぼうそうと診断されます。個人差はありますが、発症から約1週間ほどで症状は落ち着いてきます。

しかし、水ぼうそうが治った後もウイルスは神経節(背骨近くの神経の集まった部分)と呼ばれるところに潜伏しています。

健康で免疫力が強い時は抑制されていますが、免疫力が落ちたときにウイルスは再始動し、帯状疱疹として発症します。

 

一般的な症状としては。

体の一部(半身)に違和感や神経痛のような痛みを感じる。

痛みを感じた部分に赤い発疹(紅斑)が現れ、帯状に広がる。

発熱があったり、リンパ節の痛み・腫れがでることもある。

紅斑上に水疱があらわれ、それが破れて、ただれた後かさぶたになる。

紅斑は二か所以上に出ることはない。

 

私の場合は少し違っていました。

半身に痛みを感じるまでは同じですが、痛い部分にかゆみを感じ、二か所以上に紅斑がでて発熱、水疱ではないという症状だったので、帯状疱疹とは思えませんでした。

医師の話によると、点在して紅斑がでる場合や、紅斑がでないことにより帯状疱疹と気づかず整形外科へ長く通院する方もいるそうです。

いずれにせよ、半身にのみ痛みや湿疹があった場合、早めに皮膚科医の診断を受けることが大事なようです。

私は母親が激しく勧めたため、煩わしさからの逃避で病院へ行ったところ早期発見に繋がりました。

結果、母親に感謝してます(笑)

しかし早期発見にも関わらず、かゆみと痛みは2週間続いています。

処方された薬は服用していますが、痛みで眠れないときもあります。

 

 

発症の原因は、ストレス・加齢・過労・病気等々。

過労と病気は思い当たらないので、おそらくストレスと加齢かなと。

医師によると現代人は加齢よりむしろストレスが一番の原因だそうです。

 

ストレスは万病のもと。ストレス処理は重要です。

 

ストレスは自覚・無自覚に関係なく体の負担となります。

皆様も上手にストレスを発散させるようにしてください。

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

戦国武将のお墓

2018年2月23日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

最上義光 (1546~1614)享年69歳

戒名 光禅寺殿玉山道白公大居士 命日 旧1月18日新2月26日 死因 病死

お墓の場所 山形県鉄砲町2-5-7 光禅寺 最上家3代の菩提寺

人物プロフィール

最上家第11代当主。出羽山形藩初代藩主。妹・義姫は伊達正宗の母になる。15歳のときに初陣を飾り、元亀2年(1571)父・義守から

家督を継ぐと、義光は最上宗家再興の為に一族や国人を次々に粛清した。

豊臣政権になると総大将・豊臣秀次の側室に娘の駒姫をさしだす。しかし、秀次が秀吉に自害させられると、駒姫も処刑された。

関ケ原の戦いでは東軍につき、直江兼続と戦い、最上家を57万石の大名に成長させた。

晩年、徳川家康の意を受けて、長男・義康を自害させたことから「お家騒動」がおこり、結局、最上家は取り潰されることとなる。

 

(戦国武将お墓参り手帖から引用)

墓地に潜む危険

2018年2月21日

先日、長野県で保育園に通う男の子が

倒れてきた墓石の下敷きになり重体となってしまったニュースをみました。

非常に悲しいニュースです。

 

ニュース等の映像を見る限りだと墓石は100キロは超えていると考えられます。

その石が、園児を襲ったのです。

これは、単に園児が墓地に行ったことに保育士が気づけなかったという問題ではありません。

 

ふつう、石と石は動かないように接着していますが今回の場合は

接着されておらず簡単にぐらついてしまうような状況だったと聞いております。

 

このような小さな子供でも動かすことのできる、古くて接着が不十分な墓石は他にもたくさんあると思います。

これは子供だけではなく、男女年齢問わず、大きな怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれません。

そういった墓石にお心当たりのある方は、お近くの石材店に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

でも、お墓の所有者がいるお墓はまだ対策出来るとして

無縁墓(墓守する人がいない、放置されてしまっているお墓)はどうするのでしょうか・・・

 

市町村が管理していくのか、自治体が管理していくのか・・・

 

 

今まさに、墓石の今後のあり方が問われるところにきております。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る