お墓選びのポイント

お墓は、家族の伝統を重ねていく「家の根」となるものです。
何十年、何百年と、長くあり続ける、家族の過去・現在・未来を繋いでくれます。
そんな、大切なお墓を建てるということは、一生に幾度とない大きな買い物となります。
ここでは、失敗しないお墓づくりのために、知っておくと役に立つ内容をご紹介します。
安心して満足できるお墓を建てるために、ぜひご覧ください。

石材店を選ぶポイント

良いお墓を建てるためには、まずは、信頼できる石材店を選ぶことから始まります。以下は、良い石材店を選ぶチェック項目です。

その土地で長く続いている石材店である

長年の実績は、その土地で信頼を得ている証です。地域や風習にも詳しいはずです。

希望や事情を理解し、アドバイスしてくれる

思いや希望に丁寧に対処してもらえなければ、納得のいくお墓を建てられません。作り直しができないので、後悔のないよう相談をしましょう。

たくさんの石材やデザインがあり、比較検討できる

1つの石材をすすめられるだけでは、選択の余地がありません。必ず複数の石材を比べて、納得のいくものを選びましょう。

お墓について詳しい知識がある

石材それぞれの特徴や、墓石の形、加工、宗教的なことなどに専門的な知識が無ければ、安心して相談できません。そのため日本石材協会の検定「墓石販売業に携わる人で、消費者に正しい墓石の知識を与え、適切なアドバイスができる人」の資格を持つ「お墓ディレクター」の有無は、石材店選びの1つの目安となります。

見積もりが明確である

価格の出し方が不透明では信頼できません。費用の内訳がわかりやすく、説明が明快な店を選びましょう。

きちんと契約書を交わす

契約書や保証書を取り交わさないまま、口約束で依頼すると後々トラブルになります。納期はいつかなど、しっかりした契約書を取り交わすことが大切です。

メンテナンスなどのアフターケアがしっかりしている

アフターサービスの有無は、重要です。
建立後に新しい仏様の戒名刻字を依頼したり、お墓の目地(積み重なった石と石の間)の補修などメンテナンスは、必要不可欠です。

以上を総合して、長くお付き合いできる石材店を選びましょう。 必ず来店して、店の雰囲気や対応などをチェックして決めましょう。

墓石を選ぶポイント

お墓に使われている石材の種類は、300種類にものぼり、国内だけではなく世界各国から輸入されています。石質(硬さ・色・石目)、出産地、採堀量、等級によって石の性質や価格も多種多様です。以下は、お墓に使用するのに良い石材のチェック項目です。

硬い石材

墓石は、硬度が高い石ほど風化しにくく耐久性は強いです。

水を吸いにくい石材

水を吸いにくい石は、風化しにくく耐久性が強いです。

キメの細かい石材

石目のキメが細かいほど見た目も美しく見えます。

色の濃さ

色が濃い色ほど美しく見えます。

以上を総合して、良い墓石の石材を選びましょう。

お墓を注文する際のポイント

お墓を注文するときに必要なポイントを知っておくことが大切です。以下は、注文する際の説明です。

お墓の大きさと石の種類を決める

長くあり続けるお墓ですので、家族や石材店としっかりと相談しましょう。

付属品となる外柵、墓誌などを決める

お墓には、いろいろな付属品があります。一般的には「墓石」「外柵」があればお墓の体裁は整えられます。

完成日を決める

法事など、完成させたい日程を決めましょう。

文字の書体や戒名、家紋を入れるかなどを決める

ご家族の大切な方が眠るお墓ですので、墓石に刻む文字などじっくりと考えて決めましょう。

支払い方法を確認

契約金額を決め石材店と支払方法を確認しましょう。

図面を作成

墓所の規模やご予算に合わせて完成予想図面を作成してもらいましょう。

詳細見積書を確認

材料の代金、部品の代金、工事の人件費等、内容が明確な見積書を出してもらいましょう。

以上のポイントを押さえ、家族や石材店と慎重に決めましょう。

契約する際のポイント

お墓の注文が終わり契約する場合の必要なポイントを知っておくことが大切です。以下は、契約する際のチェック項目です。

契約書を確認

契約書とは、石材店とお客様が、どのような内容で墓石工事の契約をしたのかということを証明する書類になります。墓石工事の契約書には、最低でも代金・納期・支払い条件が明記してあるか、確認しましょう。

契約書の調印を行う

後でトラブルにならないように、必ず署名捺印をしましょう。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

関連ページ

「あんしん点検」ご紹介

おおゆ石材 CM公開中

おおゆ石材 イメージソング

当社スタッフがイメージソングをつくってくれました!是非お聴きください!

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

お墓の魅力

2019年6月15日

おはようございます。

青森県弘前市 おおゆ石材店のブログです。

 

6月8日、

弘前大学でとあるお話を聞いてきました。

 

それがこちら。

***********************************

弘前大学研究・イノベーション推進機構

弘前大学創立70周年記念リレー学術講演会

「過去・現在・未来への創造」

第三回「お墓の魅力」

***********************************

 

弘前大学における研究成果をわかりやすく発信し、

学術研究を通した地域との交流と対話の場として開催されました。

墓石文化から見えてくる江戸時代の社会についての講演でした。

 

講師は、同大学人文社会科学部の関根達人教授でした。

 

関根教授は、歴史について研究されているそうです。

 

以下、お話の内容に触れます。

歴史を調べるための研究材料として

古文書(紙の記録物)や昔の道具など(モノの記録物)が

よく挙げられます。

 

が、それぞれデメリットもあります。

古文章は必ずしも事実と一致しているとは限らないこと。

モノの記録物はその点正確といえますが、

時代や年代を調べるのに苦労するということでした。

 

関根教授は、歴史を紐解く材料として

墓石などの石材彫刻品が多くの情報を持っているとおっしゃっていました。

 

石は固く、自然界の中でもかなり劣化には強いものです。

そして、重たいのでなかなか動かすこともありません。

人の名前や形、年代、その他の文章などが刻まれていることもあります。

 

その情報から、墓石に名の刻まれている人々の情報

(夫婦・兄弟などの家族構成、職業、時代背景と相まってどのようないきさつでこの場所にこの人がいたのか等)

を読み取ることができるといいます。

 

多くの人に名を知られるような著名人は

いたるところにその人の生きた証が記されています。

 

しかし、そうでない大多数の人たちは

孫、ひ孫、その先の世代へと繋がっていき、徐々に記憶は薄れて

やがて忘れ去られてしまうでしょう。

 

永遠のものなどありません。

墓石も雨風や自然災害などで劣化・破損することはあります。

未来永劫その場に残せるということではありません。

 

それでも、多くの人たちにとってお墓とは

「その人がそこに存在し、生きていた証になる」

とお話されていました。

 

そのお話を聞き、

大切なお仕事をさせていただいていることに

あらためて感謝しようと思いました。

 

 

近年では、ライフスタイルの変化に伴い

「お墓を建てる」という価値観も大きく変化しています。

 

「墓じまい」「樹木葬」「散骨」etc.

新しい方法も多く生まれていく中で

どのようにお墓と向き合っていくのか。

 

自分にとって、家族にとって何が一番いいのか。

ゆっくり考え、よく話し合っていけたらと思います。

 

そう考えると、終活には時間が必要なのかもしれません。

 

当社には終活カウンセラーの資格を持つスタッフがおります。

終活についてお悩みの方は、お気軽に当社にお問い合わせくださいませ。

手を合わせる

2019年6月14日

こんにちは。

天気が続いていますね。

天気が良いのはいいことですが、雨が降らないと農作物の発育や、乾燥が気になります。

火のもとには充分に気を付けて下さい。

 

さて。

今回は、日本の宗教にまつわる話をほんの一部だけお話ししたいと思います。

 

日本に仏教が伝来したのは飛鳥時代で、百済からといわれています。

それまでの日本は土地土地の神様が信仰されていた時代だったため、大陸からもたらされた仏教に抵抗がある人たちも多くいたようで、文献によると争いもあったと記録されています。

その争いによって最初に持ち込まれた仏像や経典が廃棄されたといわれていて、最初に伝わった仏教がどのようなものだったのか、詳細は不明のようです。

その後、仏教が徐々に広がりはじめた日本ですが、神と仏は同じという信仰が強く、寺院の中に神様が祀られていたり、お宮の中に仏像があったりということがよく見られたようです。

しかし、明治維新により強制的な神仏分離が行われ、現在の神道につながる宗教と仏教とが離されることになったとのことです。

その時、政府の意向をそれぞれの地域でそれぞれの解釈で受け止めてしまった為、破壊された寺院や仏像が多数あり、歴史的価値のあるものも失った事実があります。

明治政府は何故そんな面倒なことを?と現代人は思いますが、不安定な時代背景のなかで、宗教で国を統一化させる、徳川家の否定(※)、などの目的があったようです。(※当時徳川家縁の寺院が役所の様な役割をはたしているところもあった為)

 

どんな宗旨宗派にせよ、心の支えや故人への敬いは同じ。

手を合わせることに何の違いもありません。

お墓はそのツールのひとつ。

思いやりのある純粋な気持ちは、継続させていきたいですね。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る