手元供養品・散骨

カロートペンダント

手元供養

カロートペンダントは故人のお骨を収め、身につけることで悲しみを癒すペンダントです。

亡くなった大切な方のお骨をすこしいれて、手元供養として身につけます。

もちろん大切な方のお骨だけでなく、愛するペットのお骨もいれられます。

忘れられない想いを感じて、悲しみを癒してください。

インターネット上でもおおゆ石材の商品がご購入いただけます。

ストーンマルシェにて販売しております。以下をクリックしてご覧ください。

ストーンマルシェ

“のんのさま” ~お部屋に小さなお墓を~

のんのさま

「遺骨」をミニチュアのお墓に納めて、お家でお墓参りをしませんか。
おおゆ石材では、特許取得済の手元供養墓 ”のんのさま” を青森県内唯一の代理店として取り扱っております。
手元供養とは、故人のぬくもりを感じながら、癒され元気をもらう「心の拠りどころ」となる供養の方法です。
身近でできる「ありがとう」の表現として、いつでも故人を偲ぶことができます。

遺骨や思い出の品を格納できます

手元供養墓の中に金属製の入れ物(カロート 別途約1万円)があります。
こちらに遺骨や思い出の品を納めていただくことで、故人を身近に感じながら日々の供養を行うことができます。

以下でお悩みの方におすすめです。

手元供養墓の中に金属製の入れ物(カロート 別途約1万円)があります。
こちらに遺骨や思い出の品を納めていただくことで、故人を身近に感じながら日々の供養を行うことができます。

  • 雨や雪などの天候に関係なくいつでも供養したい
  • お墓が遠い、多忙などの理由でお墓参りができない
  • 子供がいないなどの理由で、お墓の後継ぎがいない
  • お墓がない、建てる予定がない
  • お墓に納骨する決心がつかない

…など。

te01

te02

te03

te04

te05

te06

おおゆ石材で取り扱っているデザインの一例です。 この他にも様々なデザインがございますので、ぜひ一度展示場へお越しください。

デザイン・料金などご相談承ります

料金は、お墓のデザインや使用する石材によって異なります。
今あるお墓と同じデザインで作成することもできますので、お墓参りの新しいかたちとしていかがでしょうか。
すべてオーダーメイドとなりますので、できあがりまでに2か月ほどお時間をいただきます。また、商品代の他に別途送料も(1~2万円程)いただいております。予めご了承ください。

この他にも様々なデザインがございますので詳しくはおおゆ石材へお問い合わせください。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

寿陵のメリット その3

2018年4月26日

弘前 おおゆ石材のブログ

今日は 寿陵(生前のお墓)のメリットその3

相続税の節約になる

相続税は、お墓やそれにまつわる装飾品などは相続税の対象外にする、とされています。

なので、お墓を相続する場合、他の財産とは違い、相続税はかかりません。

しかし、建てるためのお金を相続するとかかります、お墓の状態で相続するのはかからないということです。

こうしたことから、寿陵を建てておくことは、子供に迷惑をかけないことにもつながります。

相続税がかからないのであれば、寿陵を建てておくというのは節税にもなりますのでオススメです。

 

 

紀元前のお墓1

2018年4月25日

こんにちは。

雨模様で風が強いので、桜の花が心配です(:_;)

一気に散らないことを祈ります。

 

さて。

本日は、スペインのお墓について。

スペインのアンダルシア地方アンテケーラには、ヨーロッパの先史時代を象徴する巨石建造物がドルメン(支石墓)遺跡として2016年に世界遺産登録されています。

今回紹介する一つ目は「メンガ支石墓」。

建てられたのは青銅器時代。紀元前3000年頃といわれています。

外側は土で覆われて遠目には丘のように見えますが、巨石建造物です。

支石墓の名の通り、すべて石で造られていて、巨石の最大級のものは180tと推測されています。

墓内には3本の巨石が石の天井を支えていて、この時代の建築技術に驚かされます。

 

19世紀から始まった発掘作業のなかで、数百体の遺骨発見されていています。

研究によれば支配者階級の墓だったのではというのが有力のようです。

 

 

次回はビエラ支石墓について、少しお話しようと思います(^O^)/

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る