よくあるご質問

ここでは皆さまから多く寄せられている、質問にお答えいたします。
ご質問等ありましたら、いつでもお問い合わせください。
当社のお墓ディレクターが分かりやすくお答えいたします。

01. お墓のローンを組みたいのですが出来ますか? →A1

02. 生前にお墓を建ててもいいですか? →A2

03. お墓を建てる時期は決まっていますか? →A3

04. お墓を建てるまでどのくらい時間がかかりますか? →A4

05. お墓を建てるとき必要なものはありますか? →A5

06. 良い石と悪い石の簡単な見分け方はありますか? →A6

07. 故人の好きだったお酒をお墓にかけてもいいですか? →A7

08. お墓に彫る字はどんな文字がいいのですか? →A8

09. お墓の耐用年数はどのくらいですか? →A9

10. 子供のいない夫婦ですが、お墓はどうすればよいのでしょうか? →A10

この他にも疑問やご質問がありましたらご遠慮なくお尋ねください。 お電話・メールでも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。


01. お墓のローンを組みたいのですが出来ますか?

01. 可能です!ご安心ください。

おおゆ石材ではお墓のローンを取り扱っています。お気軽にご相談ください。

02. 生前にお墓を建ててもいいですか?

02. 問題ありません。

仏教では生前にお墓をたてることを「寿陵墓」といい、縁起がいいといわれています。「輪廻転生」という、死と生はくり返し巡るという考えがあります。この考えに従えば、一度死んだとして生前にお墓を建て、再び生まれ変わって新しい生を生きることになるので、長生きできることになります。生活設計の中で計画的に生前にお墓を建てられる方もいらっしゃいます。

03. お墓を建てる時期は決まっていますか?

03. 決まっておりません。

特に決まっておりませんが、ご先祖様を敬い、供養する気持ちがあればいつでもかまいせん。仏事に関係ある四十九日・百か日・一周忌・お盆・お彼岸を目安にされる方が多くいらっしゃいます。

04. お墓を建てるまでどのくらい時間がかかりますか?

04. 2ヶ月~3ヶ月程度。

出来上がるまでに要する日にちは、少なくても2ヶ月くらいを考えておいた方が良いです。法事にあわせて建立される場合や急に必要になった時など、おおゆ石材では対応いたしておりますのでお早めにご相談ください。

05. お墓を建てるとき必要なものはありますか?

05. 特に必要なものはありません。

お墓建立は、お墓の知識をもったお墓ディレクターと相談して決めていくので、特に必要なものはありませんが、 事前に故人の戒名、俗名、没年月日、享年、家紋などが分かるとスムーズにお墓を建てることができます。また、契約時には印鑑が必要になります。

06. 良い石と悪い石の簡単な見分け方はありますか?

06. ございます。しかし良い石かどうかの判別は困難です。

今日本で使われている石の90%以上が「花崗岩」といわれる石です。 通称「御影石」と呼ばれ、一般的に硬度が高くきめ(結晶)が細かい、磨くとつやがでて比較的加工しやすい石です。最近では世界中から多種類の石材が輸入されています。そのため良い石かどうか判別するのは困難な場合もございます。お墓ディレクターのいる石材店で納得するまで、ご相談ください。

07. 故人の好きだったお酒をお墓にかけてもいいですか?

07. お酒、ジュース類、お茶などを直接かけるのはお控え下さい。

お酒の糖分やアルコールに反応して墓石の表面が変色したり、つやがなくなることがございます。故人へのお気持ちでかけられる場合は、すぐに水で洗い流してから拭くとよいでしょう。

08. お墓に彫る字はどんな文字がいいのですか?

08. 基本的にどんな文字でもかまいません。

宗派によってお寺さんが推奨している文字はありますが、基本的にどんな文字でもかまいません。最近では、故人の好きだった言葉や、自筆の文字、好きなお花などを刻む人が増えてきています。 お参りしたくなるような安らぎのお墓にするのが良いかと思います。

09. お墓の耐用年数はどのくらいですか?

09. 100年くらいは残ると考えられています。

どんな石でも年月とともにつやがなくなったり、変色する場合がございますが、 施工がしっかりしていれば、100年くらいは残ると考えられています。(墓石に用いる石材の種類、お墓の形、お墓がある場所の気象条件などで変わります。)代々受け継がれるお墓なので、大事に守っていきましょう。

10. 子供のいない夫婦ですが、お墓はどうすればよいのでしょうか?

10.「永代供養墓」を利用されてはいかがでしょうか。

「永代供養墓」とは、継承者に代わり、墓地の管理者がご遺骨を管理、供養するというタイプのお墓です。墓地は通常、継承者がいないと契約できませんが永代供養墓は継承者がいなくても、生前に契約できるということが大きな特徴です。永代供養墓の形態も通常のお墓と同様に、公営、民営、寺院墓地があり、永代にわたって管理・供養を依頼するのですから、 きちんと管理されている所を選ぶことが大切です。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

関連ページ

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

戦国武将のお墓

2018年2月23日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

最上義光 (1546~1614)享年69歳

戒名 光禅寺殿玉山道白公大居士 命日 旧1月18日新2月26日 死因 病死

お墓の場所 山形県鉄砲町2-5-7 光禅寺 最上家3代の菩提寺

人物プロフィール

最上家第11代当主。出羽山形藩初代藩主。妹・義姫は伊達正宗の母になる。15歳のときに初陣を飾り、元亀2年(1571)父・義守から

家督を継ぐと、義光は最上宗家再興の為に一族や国人を次々に粛清した。

豊臣政権になると総大将・豊臣秀次の側室に娘の駒姫をさしだす。しかし、秀次が秀吉に自害させられると、駒姫も処刑された。

関ケ原の戦いでは東軍につき、直江兼続と戦い、最上家を57万石の大名に成長させた。

晩年、徳川家康の意を受けて、長男・義康を自害させたことから「お家騒動」がおこり、結局、最上家は取り潰されることとなる。

 

(戦国武将お墓参り手帖から引用)

墓地に潜む危険

2018年2月21日

先日、長野県で保育園に通う男の子が

倒れてきた墓石の下敷きになり重体となってしまったニュースをみました。

非常に悲しいニュースです。

 

ニュース等の映像を見る限りだと墓石は100キロは超えていると考えられます。

その石が、園児を襲ったのです。

これは、単に園児が墓地に行ったことに保育士が気づけなかったという問題ではありません。

 

ふつう、石と石は動かないように接着していますが今回の場合は

接着されておらず簡単にぐらついてしまうような状況だったと聞いております。

 

このような小さな子供でも動かすことのできる、古くて接着が不十分な墓石は他にもたくさんあると思います。

これは子供だけではなく、男女年齢問わず、大きな怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれません。

そういった墓石にお心当たりのある方は、お近くの石材店に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

でも、お墓の所有者がいるお墓はまだ対策出来るとして

無縁墓(墓守する人がいない、放置されてしまっているお墓)はどうするのでしょうか・・・

 

市町村が管理していくのか、自治体が管理していくのか・・・

 

 

今まさに、墓石の今後のあり方が問われるところにきております。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る