免責事項

このたびは、有限会社大湯石材(以下、弊社といたします)が管理・運営する「おおゆ石材ホームページ」 (以下、本ホームページとします)にアクセスいただき、誠にありがとうございます。

コンテンツ

本ホームページのコンテンツは、作成時点までの信頼できる情報を取得し、各種データに基づいて制作されていますが、 弊社以外の情報に関する内容については、正確性、正当性、最新性、有用性、完全性、信頼性、目的適合性などに対して弊社は責任を負いません。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、弊社は責任を負いません。
著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えて、本ホームページのコンテンツを使用する場合には、 弊社あるいは当該コンテンツの著作権者の使用許諾が必要となります。
本ホームページのコンテンツを許可なく複製、編集、翻訳、翻案、放送、出版、販売、貸与、公衆送信、送信可能化などに使用することはできません。 その他、本ホームページのコンテンツの使用についてのお問い合せは、 身分と使用目的を明示した上で、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

掲載情報

本ホームページ掲載の情報は、当該情報とご利用される利用者の現況情報が異なる場合には現況情報を優先するものとします。
本ホームページに掲載される情報については、弊社以外の第三者から提供されるコンテンツ、著作物、情報、サービス等が含まれていることを、 利用者が認識・承諾したものとみなされます。

リンク

本ホームページの各コンテンツからは外部のホームページなどへリンクをしている場合があります。 弊社が管理運営していない外部のホームページに関して、その内容の信頼性などについて弊社は責任を負いません。

サービス

弊社は、以下の場合において本ホームページのサービスの全部もしくは一部を中止することがあります。 弊社は、本ホームページの中止によって利用者が被った損害について、一切の責任を負いません。

  • システムの保守
  • 天災または第三者からの妨害行為などにより、サービス提供が困難と判断したとき
  • その他やむを得ずシステムの停止が必要と判断したとき
  • 電気通信事業者、データセンターなどの障害
    ※お使いの端末やブラウザーのバージョンによって、本ホームページを利用できない場合があります。

デザイン・画像

本ホームページ内のあらゆる画像・イラスト・CGおよびその元データの著作権は弊社または正当な権利を有する第三者に帰属しています。
本ホームページ内における、各商品(お墓その他)についてのデザインイラストやデザインCGについては、 あくまでイメージであり実際の商品と異なる場合があることをご了承お願いいたします。レイアウトやデザイン、サイトの構造に関する著作権は、弊社に帰属します。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、電子メディアや印刷物などの他の媒体に再利用(転用)したりすることは、 特定の場合を除き、著作権法に触れる行為となります。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

戦国武将のお墓

2018年2月23日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

最上義光 (1546~1614)享年69歳

戒名 光禅寺殿玉山道白公大居士 命日 旧1月18日新2月26日 死因 病死

お墓の場所 山形県鉄砲町2-5-7 光禅寺 最上家3代の菩提寺

人物プロフィール

最上家第11代当主。出羽山形藩初代藩主。妹・義姫は伊達正宗の母になる。15歳のときに初陣を飾り、元亀2年(1571)父・義守から

家督を継ぐと、義光は最上宗家再興の為に一族や国人を次々に粛清した。

豊臣政権になると総大将・豊臣秀次の側室に娘の駒姫をさしだす。しかし、秀次が秀吉に自害させられると、駒姫も処刑された。

関ケ原の戦いでは東軍につき、直江兼続と戦い、最上家を57万石の大名に成長させた。

晩年、徳川家康の意を受けて、長男・義康を自害させたことから「お家騒動」がおこり、結局、最上家は取り潰されることとなる。

 

(戦国武将お墓参り手帖から引用)

墓地に潜む危険

2018年2月21日

先日、長野県で保育園に通う男の子が

倒れてきた墓石の下敷きになり重体となってしまったニュースをみました。

非常に悲しいニュースです。

 

ニュース等の映像を見る限りだと墓石は100キロは超えていると考えられます。

その石が、園児を襲ったのです。

これは、単に園児が墓地に行ったことに保育士が気づけなかったという問題ではありません。

 

ふつう、石と石は動かないように接着していますが今回の場合は

接着されておらず簡単にぐらついてしまうような状況だったと聞いております。

 

このような小さな子供でも動かすことのできる、古くて接着が不十分な墓石は他にもたくさんあると思います。

これは子供だけではなく、男女年齢問わず、大きな怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれません。

そういった墓石にお心当たりのある方は、お近くの石材店に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

でも、お墓の所有者がいるお墓はまだ対策出来るとして

無縁墓(墓守する人がいない、放置されてしまっているお墓)はどうするのでしょうか・・・

 

市町村が管理していくのか、自治体が管理していくのか・・・

 

 

今まさに、墓石の今後のあり方が問われるところにきております。

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る