免責事項

このたびは、有限会社大湯石材(以下、弊社といたします)が管理・運営する「おおゆ石材ホームページ」 (以下、本ホームページとします)にアクセスいただき、誠にありがとうございます。

コンテンツ

本ホームページのコンテンツは、作成時点までの信頼できる情報を取得し、各種データに基づいて制作されていますが、 弊社以外の情報に関する内容については、正確性、正当性、最新性、有用性、完全性、信頼性、目的適合性などに対して弊社は責任を負いません。
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、弊社は責任を負いません。
著作権法上の「私的使用」や「引用」の範囲を超えて、本ホームページのコンテンツを使用する場合には、 弊社あるいは当該コンテンツの著作権者の使用許諾が必要となります。
本ホームページのコンテンツを許可なく複製、編集、翻訳、翻案、放送、出版、販売、貸与、公衆送信、送信可能化などに使用することはできません。 その他、本ホームページのコンテンツの使用についてのお問い合せは、 身分と使用目的を明示した上で、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

掲載情報

本ホームページ掲載の情報は、当該情報とご利用される利用者の現況情報が異なる場合には現況情報を優先するものとします。
本ホームページに掲載される情報については、弊社以外の第三者から提供されるコンテンツ、著作物、情報、サービス等が含まれていることを、 利用者が認識・承諾したものとみなされます。

リンク

本ホームページの各コンテンツからは外部のホームページなどへリンクをしている場合があります。 弊社が管理運営していない外部のホームページに関して、その内容の信頼性などについて弊社は責任を負いません。

サービス

弊社は、以下の場合において本ホームページのサービスの全部もしくは一部を中止することがあります。 弊社は、本ホームページの中止によって利用者が被った損害について、一切の責任を負いません。

  • システムの保守
  • 天災または第三者からの妨害行為などにより、サービス提供が困難と判断したとき
  • その他やむを得ずシステムの停止が必要と判断したとき
  • 電気通信事業者、データセンターなどの障害
    ※お使いの端末やブラウザーのバージョンによって、本ホームページを利用できない場合があります。

デザイン・画像

本ホームページ内のあらゆる画像・イラスト・CGおよびその元データの著作権は弊社または正当な権利を有する第三者に帰属しています。
本ホームページ内における、各商品(お墓その他)についてのデザインイラストやデザインCGについては、 あくまでイメージであり実際の商品と異なる場合があることをご了承お願いいたします。レイアウトやデザイン、サイトの構造に関する著作権は、弊社に帰属します。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、電子メディアや印刷物などの他の媒体に再利用(転用)したりすることは、 特定の場合を除き、著作権法に触れる行為となります。

石材店に行く前に読む本

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

最新情報

寿陵のメリット その3

2018年4月26日

弘前 おおゆ石材のブログ

今日は 寿陵(生前のお墓)のメリットその3

相続税の節約になる

相続税は、お墓やそれにまつわる装飾品などは相続税の対象外にする、とされています。

なので、お墓を相続する場合、他の財産とは違い、相続税はかかりません。

しかし、建てるためのお金を相続するとかかります、お墓の状態で相続するのはかからないということです。

こうしたことから、寿陵を建てておくことは、子供に迷惑をかけないことにもつながります。

相続税がかからないのであれば、寿陵を建てておくというのは節税にもなりますのでオススメです。

 

 

紀元前のお墓1

2018年4月25日

こんにちは。

雨模様で風が強いので、桜の花が心配です(:_;)

一気に散らないことを祈ります。

 

さて。

本日は、スペインのお墓について。

スペインのアンダルシア地方アンテケーラには、ヨーロッパの先史時代を象徴する巨石建造物がドルメン(支石墓)遺跡として2016年に世界遺産登録されています。

今回紹介する一つ目は「メンガ支石墓」。

建てられたのは青銅器時代。紀元前3000年頃といわれています。

外側は土で覆われて遠目には丘のように見えますが、巨石建造物です。

支石墓の名の通り、すべて石で造られていて、巨石の最大級のものは180tと推測されています。

墓内には3本の巨石が石の天井を支えていて、この時代の建築技術に驚かされます。

 

19世紀から始まった発掘作業のなかで、数百体の遺骨発見されていています。

研究によれば支配者階級の墓だったのではというのが有力のようです。

 

 

次回はビエラ支石墓について、少しお話しようと思います(^O^)/

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る