お知らせ

12月6日 有名人のお墓

2018年12月6日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです!

本日は大河ドラマ「西郷どん」にも登場しています

島津久光が亡くなった日(1887年12月6日没)です。

久光は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての政治家。

1817年12月2日に薩摩国鹿児島郡で薩摩藩10代藩主の島津斉興の五男として誕生しました。異母兄は薩摩藩11代藩主の島津斉彬です。

1858年11代藩主の斉彬が亡くなり、斉彬の遺言によって12代藩主は久光の長男である忠義が就任し、久光は国父と呼ばれ、政権を握りました。

久光は公武合体を目指し、幕政改革を実現しましたが、徳川慶喜と対立するようになり、その後倒幕へと方向転換し、倒幕を成し遂げました。

大久保利通・西郷隆盛を使い、明治維新を成し遂げた人物とも言われ、幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者です。

島津久光のお墓は

鹿児島県池之上町の福昌寺跡のある島津家墓(歴代の島津家当主とその家族が眠る)にあります。

藩主でなかった久光ですが、お墓は墓地で一番立派で、「前左大臣従一位大勲位公爵島津公墓」と記しています。

また、銅像が鹿児島市内の照国神社となりの探勝園にあります。

 

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

お知らせ

2019年11月16日

本日11月16日

社員研修の為12時からお休みとなります。

何卒、宜しくお願いします。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る