お知らせ

12月20日 有名人のお墓

2018年12月20日

こんにちは(^ω^) 弘前市おおゆ石材のブログです。

本日12月20日は 伊丹十三さん(1933年~1997年)の命日です。

伊丹さんは「13の顔を持つ男」と呼ばれるほど多彩な才能を持っていた方です。映画監督・俳優・エッセイスト・ドキュメンタリー作家・CM作家・イラストレーター・商業デザイナーなどの肩書の他、料理の研究やバイオリン演奏、乗り物に凝るなど、バイタリティーあふれる趣味人でもありました。

51歳の時に「お葬式」で映画監督としてデビュー、国内で高い評価を受け、日本アカデミー賞など30を超える賞に輝きました。その後、「たんぽぽ」「マルサの女」など13年間に10本とつぎつぎと作品を発表、シリアスな社会問題をエンターテインメント作品として作り上げる作風は高く評価され、「伊丹映画」というブランドを築きました。

映画「お葬式」をご覧になった方も多いと思いますが、

死者を追悼するセレモニーのお葬式を死者ではなく、生きている人間にスポットをあて、ハラハラ・ドキドキした場面などお葬式を執り行う様子を描いています。見終わった後は、自然と死者を悼む気持ちが伝わってきます。そして、お葬式は、亡くなった人のためだけでなく、これから生きていく人にとっても必要な儀式と思わせてくれます。最近はお葬式の形式も変化して、家族葬や直葬なども多くなっています。お葬式の意味を考えて、もう一度観たいと感じました。

伊丹十三さんのお墓は

愛知県伊予郡の「理正院」あります、本名である「池内家累代々墓」に眠っています。墓所は市内を見渡せる素晴らしい眺めの高台にあり、墓前をコンクリートで固めす土のまま自然の状態にしていて、苔の生えた墓石はイブシ銀の風格があり、風流を好んだ伊丹十三を象徴したお墓となっています。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓の家紋

2019年9月22日

こんにちは、弘前市おおゆ石材のブログです。

お墓には、よく家紋が刻まれています。

家紋は、そのお家に昔から伝わる紋章で家の象徴となるマークのことです。家紋にはそれぞれの形に家の繁栄の願いや功績などをしめす意味が込められていると言われています。そのため代々受け継がれていくお墓に彫って家の存続を願ったようです。

お墓に家紋を彫るという決まりはありません。現在は、お墓の形は多種多様で家紋を入れる場所がないことや、和型のお墓でも家紋を入れないお墓もあります。お墓に家紋を入れるかどうかは、自由に決めても良いのです。

家紋を入れる場所は、竿石・上台・香炉台・花立など正面に彫ります。

家紋は必ずお墓に彫る必要はありませんが、家紋はご先祖様から続くその家の歴史の象徴なのでお墓に入れておく方が多いです。

お墓のデザインや家紋などについてお悩みの方は、おおゆ石材にご相談ください。

 

 

秋のアウトレットせーっる

2019年9月20日

皆さんおはようございます。

 

今日は今開催中の秋の墓石アウトレットセールの

対象商品の一つをご紹介いたします。

 

当社のアウトレットセールとは、展示中の墓石を

商品入れ替えのため現品で安く販売するセールの事です。

 

墓石の外回り寸法は弘前市墓地公園4平米と同じ幅5.5尺、奥行7.0尺のサイズです。

石はインド産の緑系の濃い色の御影石を使用しています。

見た目も豪華で和洋折衷タイプとなっております。

通常価格よりもかなりお安い値段で、お墓を建てることができる

今のセール期間に是非、ご来店をお待ちしております。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る