お知らせ

鏡餅の上にのっている果物の名前は?

2019年1月5日

突然ですが、問題です。

お正月に飾られる「鏡餅(かがみもち)」。

二段の丸いおもちの上に乗っかっている果物の名前はなんでしょう?

①みかん

②きんかん

③だいだい

 

▼答えはこちら▼

 

正解は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③だいだい

でした~(*´ω`*)

 

あなたは正解できましたか?

お餅の上にのっているオレンジ色の果物は「橙(だいだい)」といいます。

橙は、その年になった実を落とさずに何年も新しい実をつけていきます。

何代もの橙が1つの木に実っている性質を家族に見立て、家系代々の繁栄を願う縁起物として飾られているそうですよ。

 

 

はい。

 

 

「一年の計は元旦にあり」

といわれるように、日本で大切にされているお正月。

お正月には年神様とよばれる新年の神さまが各家庭に降りてくると考えられ、

その幸運を授けてもらうために様々な習慣が定着しました。

 

2019年もぜひ良運をつかみたい!!

 

、、、ということで、

正月行事についての記事を書いていきます♪

 

今日は鏡餅についてです(`・ω・´)


■鏡餅(かがみもち)とは

丸いお餅がふたつ重なり、上に橙がのった正月飾りのことです。

正月にやってくる年神様が宿る神聖な供物だと考えられています。

 

鏡餅の丸い形は人の魂(心臓)を象徴化したものといわれ

心臓をかたどることで年神様に力を借りて魂の再生を図ったと伝えられています。

また昔の鏡が円形だったことから「鏡餅」と呼ばれるようになりました。

大小2つ重ね合わせるのは、月(陰)と日(陽)を表しており、

福徳が重なって縁起がいいと考えられた説があります。

 

神に供えられた鏡餅を鏡開きの日に割っていただくことで、

神の霊力とのつながりが生じると考えられています。

 

■そもそも、お正月にお餅を食べるのはどうして?

お正月にお餅を食べる慣習のルーツは、

平安時代に宮中で健康・長寿を祈願して行われた正月行事「歯固めの儀」に由来します。

もともとお餅は、ハレの日に神さまにささげる神聖な食べ物でした。

また、お餅は長く延びて切れないことから、長寿を願う意味も込められています。

年神様に供えたお餅を神棚から下ろしお供え物をいただくことで、一年の無病息災を祈る気持ちが込められています。

 

一方で、鏡餅に限らず正月に食べるお餅を「年玉」と呼ぶ地域もあるそうです。

これは、年を取らせてくれる穀霊がお餅に宿ることを意味しています。

 

 

■年神様と歳徳神

お正月には神さまがやってくると伝えられています。

 

その神さまについては、

先祖の御霊であるとか

年神様、歳徳神であるとか

日本各地の地方ごとに言い伝えのバリエーションがあります。

時代と共にひとびとの考え方が変化して様々な考え方が生まれたのでしょうね。

 

お正月の神様は、人々に年玉という年齢を授ける神さまでもあり、同時に一年の良運を授ける神様でもあると考えられてきました。

 

正月行事の基本は、生業の上でも、年齢の上でも、運気の上でも、すべてがリセットされるという点にあります。

旧い一年に区切りをつけて新しい年を迎え、年齢を一つ重ねて、運気を更新する、大切な節目とされています。

 


 

いかがでしたか?

お正月のことを知り、古き良き日本の慣習を存分に楽しんで年始を過ごせたらいいですね♪

 

今年も皆様にいいことがありますように。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

散骨

2019年5月27日

こんにちは。

雲の無い青空!気持ちいいですね。

個人的なことですが、仕事でなければシーツ等大きなものを洗濯して干したい天気です(笑)

 

さて。

今回は最近注目度が上がっている散骨について。

流れや料金については各企業さんで紹介されているので、今回は注意しなければならないことを簡単に紹介したいと思います。

 

お墓をもたない埋葬が増加傾向にあるなかで、樹木葬、手元供養等とともに散骨が注目されています。

散骨を望んでいる方はわりと多く、日本人だと、石原裕次郎さんやhideさん他、著名人も散骨されています。

しかし。

散骨に関しての法律は、実に曖昧です。

法整備がされていない分野なので、法務省・厚生労働省の見解としては「違法ではないが、合法でもない」というのが現状だということを理解しなければいけません。

あくまでもグレーゾーンの埋葬法なので、今後どのような流れになるかはわからない状態です。

散骨の原則は「葬送を目的とすること」「節度をもつこと」等あります。

遺骨をパウダー状にしたからといって、どこに撒いてもいいわけではありません。

散骨する場所は、許可がおりる場所かどうか必ず確認しましょう。

上空から撒かれた遺灰の一部が私有地に落ちたことで問題になった案件もあります。

分骨して一部を残す等対策をしないかぎり、お参りする場所がない等の問題も発生します。

後々のトラブルを防ぐためにも、散骨を選択される場合は、家族や親族とよく相談することをおすすめします。

 

お墓があってもなくても、自分が望むことと家族が望むことよく話し合って、亡くなった後も幸せであるようにと願います。

お墓のあんしん点検実施中!

2019年5月24日

こんにちは(^ω^) 弘前市おおゆ石材のブログです。

暑い日が続いていますが、当社の点検隊は暑さに負けず、あんしん点検実施中です!

そんな中、元気なのが、先日もお伝えした

蜂たちです。

あたたかくなるにつれ巣は大きくなり、蜂たちも攻撃的になってきました。近づたり、こちらから攻撃しなければ刺されないということですが、墓地では近づくことになります。

そのために気を付けている事をお知らせします。

・蜂は黒いものを攻撃するので、黒い服装や黒い物を持たない

・明るい色や蛍光色は花と間違われるため身につけない

・香水などの強い香り、体臭・アルコール臭に蜂が寄ってくるので気を付ける

・蜂を見ても急激な動きをしないようにする

などです。

参考になさってください(^o^)/

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る