お知らせ

神宿る島につながるお墓1

2018年10月22日

こんにちは。

爽やかな秋晴れ。室内より外の方が暖かいような気がします。

 

さて。

今回は日本の世界遺産2017年7月に世界遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の中から、新原・奴山古墳群について。

福岡県福津市の公式ホームページによると、、、

新原・奴山古墳群は、海を越えた交流に従事し沖ノ島祭祀を担った古代豪族である宗像氏が、5世紀から6世紀にかけて築いた古墳群です。かつての入海に面した台地上に前方後円墳、円墳、方墳等が良好な状態で残されています。

とあります。

今日は、その中の一部(※)1号墳と7号墳について少しお話しします。

(※遺跡調査の現場では、発見された遺跡に番号がふられます)

 

1号墳

5世紀頃につくられた前方後円墳。石室からは鉄製の武具・鍛冶具等が出土ました。

石室には玄武岩が使用されていて、これは玄界灘の相島から運ばれていたのではないかと推測されています。

鉄が希少だった時代に製鉄技術があったことや、交易等、いかに宗像氏が繁栄し勢力を持っていたかがうかがえますね。

 

7号墳

5世紀前半につくられたこの地域で唯一の方墳で、墳丘には玉砂利が敷かれていたいました。

琥珀や沖ノ島祭祀遺跡でみられる鉄斧なども出土しています。

ひとつだけ違う形状や神宿る島と共通の鉄製品などから、様々な推測ができる、興味深い古墳です。

 

次回、もう少し古墳の話をしたいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓の香炉のお掃除

2019年7月22日

こんにちは 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先週も弘前市新寺町のお寺様の墓地にあんしん点検に行ってきました。先週で弘前周辺の墓地は終了しました。ねぎらいのお言葉をかけて下さった方々に感謝します。

今日は 香炉のお掃除についてお話しします。

あんしん点検では、香炉の中をキレイに拭いて、灰(細かい砂)を使用されている方は、新しい白い砂に交換をしています。その時に香炉の中が変色(黄色・黒など)している事があります。

汚れの原因としては
雨や雪による水あか
ほこり・花粉・鳥のフン、虫・蜂の巣など汚れ
ロウソクたれや線香のヤニ
などが考えられます。

石に浸透してしまうと取れなくなるので、気づいたら早めに落とすことをオススメします。基本的には雑巾や柔らかいスポンジで水拭きします。

注)金属やかたいタワシは使用しないでください、石はかたいですが硬いものでこするとキズがついて溝に汚れがついてしまいます。専用の洗剤なども販売されていますが、汚れの種類や石の種類によって適する洗剤が違いますので、注意が必要です。

気になる汚れがありましたら、自己判断しないで墓石掃除のプロに相談しながら進めていきましょう。

 

 

 

お墓参りに

2019年7月20日

おはようございます。

青森県弘前市のおおゆ石材店のブログです。

 

みなさん、お盆の準備はもう始められていますか?

 

当社では、気持ち良くお盆にお墓参りをしていただくため

お墓のあんしん点検を行っています。

5月からコツコツ行い、そろそろ終盤となってきました。

今日もあんしん点検を行っておりますので、

見かけた際はぜひお声がけください(*´ω`)/

 

あんしん点検を行ったお墓には

点検結果がかかれたはがきが置いてあります。

 

可能な方は、お盆前に一度お墓に行って

はがきをチェックしてみてください♪

 

ご先祖様の魂が帰ってくるお盆を気持ち良く迎えるために

少しずつ準備していきたいものですね。

 

お墓参りにいく際は、当社の社員が制作した

テーマソング「ずっと」をぜひ聴いてみて下さい。

 

 

あなたにとってお墓参りが

大切で和やかな心のよりどころになりますように。

 

今日もよい一日をお過ごしください。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る