お知らせ

神宿る島につながるお墓1

2018年10月22日

こんにちは。

爽やかな秋晴れ。室内より外の方が暖かいような気がします。

 

さて。

今回は日本の世界遺産2017年7月に世界遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の中から、新原・奴山古墳群について。

福岡県福津市の公式ホームページによると、、、

新原・奴山古墳群は、海を越えた交流に従事し沖ノ島祭祀を担った古代豪族である宗像氏が、5世紀から6世紀にかけて築いた古墳群です。かつての入海に面した台地上に前方後円墳、円墳、方墳等が良好な状態で残されています。

とあります。

今日は、その中の一部(※)1号墳と7号墳について少しお話しします。

(※遺跡調査の現場では、発見された遺跡に番号がふられます)

 

1号墳

5世紀頃につくられた前方後円墳。石室からは鉄製の武具・鍛冶具等が出土ました。

石室には玄武岩が使用されていて、これは玄界灘の相島から運ばれていたのではないかと推測されています。

鉄が希少だった時代に製鉄技術があったことや、交易等、いかに宗像氏が繁栄し勢力を持っていたかがうかがえますね。

 

7号墳

5世紀前半につくられたこの地域で唯一の方墳で、墳丘には玉砂利が敷かれていたいました。

琥珀や沖ノ島祭祀遺跡でみられる鉄斧なども出土しています。

ひとつだけ違う形状や神宿る島と共通の鉄製品などから、様々な推測ができる、興味深い古墳です。

 

次回、もう少し古墳の話をしたいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

初雪!

2019年11月14日

皆さんこんにちは。

今日ついに、雪が少しふりました。

ほんの一瞬でしたが確かに雪だったと思います。(笑)

 

冬支度を本格的にしなくてはなりません。

そこで重要なひとつになるのが除雪です。

ホイールローダが正常に動くか点検しました。去年は点検せずにエンジンを付けたら

バッテリが上がっていて、除雪できなかった以外思い出がありましたので・・・

この機械で墓石展示場を冬期間でもキレイに除雪しているから

みんな!待ってらはんでな~

11月13日

2019年11月13日

こんにちは。

もうそろそろ雪が降る時期ですね。タイヤ交換など早めに雪の準備をしましょうね。

さて、今日は、お墓の雪対策についてお話です。

おおゆ石材店では、お墓の雪囲いも行っております。

雪囲いをすることで、墓石の吸水を軽減させ石が傷みずらくなります。

雪囲いやその他リフォームについてお問い合わせやご相談などございましたら、

お気軽にご連絡下さいね。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る