お知らせ

眠らせていてはいけません

2017年8月28日

こんにちは。

暑さが落ち着いてきましたね。

農作物も心配なので、少しの暑さは残ってほしいものです。

 

さて。

今日はヴァイオリンの日。

知りませんでした・・・・(;´∀`)

 

明治13年8月28日。東京深川の松永定次郎という三味線職人が初の国産ヴァイオリンを制作したことを記念してのことだそうです。

音楽は好きですが楽器には詳しくないので、ヴァイオリンといえばストラディバリやグァルネリくらいしか知りません(>_<;)

なのでヴァイオリンについて調べていたらちょっと怖面白い記事をみつけたので、そちらを載せようかと。

 

結構有名な話らしいので、ご存知の方もいるかもしれませんね。

「チェリーニのヴァイオリン」です。

殆どお伽話的で、職人達の時間軸も合わず非現実的な部分もあり、細かく話すと長くなるので簡易的にざざっと(笑)

 

時代はルネサンス晩期。イタリアガルダ湖畔の街にベルトロッティという腕のいいヴァイオリン職人がいました。

ある日、枢機卿(のちにローマ教皇クレメンス8世になる人)から「装飾入りの美しいヴァイオリンを」と依頼がきました。

楽器の主要部分はベルトロッティが、そして、その他の装飾をチェリーニという有名な装飾家が手掛け完成させました。

枢機卿はこれをヴァイオリン奏者のある少女に贈ります。

少女はこのヴァイオリンに憑かれたようにのめりこんでいき、手にして間もなく原因不明の死を遂げます。

少女の命日にこのヴァイオリンを演奏した奏者も高熱にうなされる日々を送ります。

枢機卿の死後、彼の遺志により博物館へ寄贈されましたが、とある奏者が借りて弾いたところ、間もなく精神を病んで自殺してしまいます。

その後、不明なルートや戦争を経て著名人や貴族に渡りますが、持ち主は次々と病や死等の不幸に見舞われます。

最後に演奏し、その負の流れにかからなかったのが、ノルウェーの牧師であり音楽家であったオーレ・ブル。

彼は貧しい人たちのための慰問演奏会を、このヴァイオリンで行っていたといいます。

しかし、自分の死後は誰にも弾かせないようにという条件で、このヴァイオリンはノルウェーのベルゲン博物館に寄贈されました。

 

本来、楽器は人を楽しませるもの。

勝敗や名声等の欲のためにあるものではありません。

いわくつきになってしまったヴァイオリン。音を出すために生まれてきたものが弾かれずに展示されている姿を、作者のベルトロッティとチェリーニはどう感じているのでしょう。(陶芸作品も同じで、有名陶芸家の作品をただ飾っておく方もいますが、装飾品ではなく、食器として作られたのなら、使わなければなりません)

 

皆さんの家の物置や蔵や倉庫に、使われていない楽器が眠っていませんか。

上手に演奏する必要はありません。

楽しく音が出せれば、良いのです。

 

使えないと思うなら、使える人に渡しましょう。

眠らせていてはいけません。

 

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

お知らせ

2019年11月16日

本日11月16日

社員研修の為12時からお休みとなります。

何卒、宜しくお願いします。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る