お知らせ

目的

2017年9月20日

こんにちは。

台風が通り過ぎました。

残暑が気になります。

微妙な天候に体調を崩さないよう気を付けてくださいね。

 

さて。

メキシコで大きな地震が起きました。

国内でも小さな地震は続いています。

怖いですね・・・・・。

そこで今日は地震について簡単に話してみましょう。

 

まずは地震のメカニズムから。

地球は中心から核、マントル、地殻と呼ばれる層によって構成されているようで、地殻とそこに近い部分のマントルは硬い板状の岩盤になっていて、そこを一般的に「プレート」と呼んでいるのだそうです。

プレートは日々少しずつ動いていて、重なったプレートがぶつかったり擦れたりすることによって大きなエネルギーが生じます。そのエネルギーが地震発生の原因といわれています。

日本にはこのプレート4つ(北米プレート、太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート)もあるため、世界的に見ても地震が多発する国なのだそうです。

その他。

プレートが押し合い続けていると、表面にはひびがはいりズレが出ます。このズレを断層といい、活動を続ける可能性が高いものを活断層と呼びます。

日本はこの活断層の数が多い為、どこでどのような地震が起きてもおかしくないのだそうです。

正断層型

 

逆断層型

 

横ずれ断層型

 

 

天災はいつ起きるかわかりません。

自然の前では人間は無力なので、被害をできるだけ抑えるために日頃からの備えが重要です。

地震が発生したらひとりひとりができる簡単なことを紹介します。

家の中から外に出るときはガス等の元栓は閉め、ブレーカーも落としましょう。

外にいるときは最新の情報をいつでも入手できるようにしておきましょう。

いずれにせよ、あわてずに行動することです。

壊れた建物、ガラス窓等に不用意に近づかないことと、日頃から家族と避難場所を話し合っておくことが重要です。

個人的な話ですが、東日本大震災時、知人の身内は、自宅に母親を迎えに行くとの電話のあと、親子ともに現在も行方不明のままです。

家族を探して二次災害に遭うことは避けなければいけません。

ひとりひとり適切な行動をとれば、生き残れます。生きていたら再会できます。

それを忘れないでください。

現在は171災害用ダイヤルを活用することもできますし、なんといってもSNSの力は凄いです。

これも個人的な話ですが、電話もメールも繋がらない状態の中、TwitterとFacebookは何の障害もなく使えました。有効活用できます。

地域や場所によって対応策は多少変わりますが、一番の目的は怪我なく生き残ることです。

再度いいますが、家族、友人等大事な人たちとは、災害についての話し合いをしておきましょう。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

有名人のお墓 9月21日

2018年9月21日

こんにちは(^ω^)

弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日は 詩人であり、童話作家であり、教師であり、農業科学者でもあった、宮沢賢治が亡くなった日です。

宮沢賢治は1896年8月27日、岩手県(現花巻市)に生まれ、闘病の末に37歳で亡くなりました。

仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行い、作品の中にある架空の理想郷に岩手県をモチーフとしてイーハトーブと名付けたことでも知られています。

代表作に「銀河鉄道の夜」「注文の多い料理店」「風の又三郎」「雨ニモマケズ」「セロ弾きのゴーシュ」などさまざまな有名な作品があります。

宮沢賢治のお墓は

故郷の岩手県花巻市の身照寺にあります。身照寺には「宮沢賢治墓所」と記された看板があり、誘導通りに進めばたどり着くことができます。

墓所に行くと、宮沢家の代々の墓と五重塔が二つ並んでいます。

宮沢家は浄土真宗でしたが、賢治が日蓮宗法華経に改宗していたため、賢治の父は、賢治の死後、宮沢家の先祖代々の墓をこの寺に移し、賢治を供養するために五重塔を建てました。この五重塔が賢治の供養塔になっています。

 

 

 

 

 

エジプト第25王朝の首都の名前

2018年9月20日

こんにちは。

陽が昇りきるまでと陽が落ちてからが寒いですね。

空調の調整がとても難しいです。

 

さて。

本日はスーダンの文化遺産「ゲベル・バルカルとナパタ地方の遺跡群」。

ゲベル・バルカルとは、スーダン北部、ナイル川の屈曲部沿いにある高さ98mほどの小山で、ここで見つかったアモン大神殿は、地元民に神聖視されていたと考えられています。

その他、周辺には13の神殿・3つの宮殿等を含む様々な遺跡が発見されています。

ナパタ地方の遺跡群とともに2003年世界遺産登録されました。

(ナパタとは、元々はエジプト第25王朝の首都の名前です)

ナパタ地方の遺跡群にはエル=クッル、ヌリ、サナム、ズマの墓所群があります。

エル=クッルには王族の墓も含む34基、ヌリには「ヌビアのピラミッド」と称される82基、ズマにも墓所を含む遺跡があり、サナムは墓所でありながら、「宝物」と呼ばれる何故建設されたかが解明されていない不明の巨大遺跡もあります。

解明されたら、この時代の宗教観や文化思想もわかっていくのでしょうね。

 

世界にはたくさんの不思議があります。

歴史や遺跡は好奇心をくすぐります。

秋の良い気候。

世界遺産でなくても、歴史や遺跡に触れてみるも良いかもしれないですね。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る