お知らせ

海を安全に楽しむために

2017年8月9日

こんにちは。

台風の影響で雨降りですね。

台風は温帯低気圧に変わったようですが、山岳や河川や海岸等はまだまだ危険のようなので注意してください。

 

さて。

今日8月9日は没55年のヘルマン・ヘッセか、誕生日の池上彰氏の話をと考えていたのですが、昨夜のニュースが衝撃的だったので話題変更。

メルボルンの海岸で海水に足をつけていた男性が、血まみれになったというもの。原因はウミノミという生物ではないかとの見解。

 

夏は海水浴に行く機会も多い季節。様々な注意が必要にもなりますね。

そこで本日は、青森水族館が発信している県内海岸の注意しなければいけない生物について。

①ウミヘビの仲間

セグロウミヘビ

クロガシラウミヘビ

どちらも遭遇率は低い部類のようですが、水族館で捕獲した個体はテトラポットや岸壁付近で発見。セグロウミヘビは遊泳力が非常に強く、フィン(足ヒレ)を使っても振り切れない可能性がある。この種は攻撃性が強いので、気づいたら手をださず刺激しないようにそーっと離れることが最善。

②硬骨魚類

オニオコゼ

ハオコゼ

海底や岩礁地帯に潜んでいたのを誤って踏んでしまい被害に遭うことが多い。ハオコゼは1cmほどの子供の群れが海藻の茂みにいることがあるので注意。履物、軍手等を身に着けて、岩礁や海藻近くで立ち上がったり触ったりするときは危険がないか目視確認が重要。

 

③軟骨魚類

アカエイ

沿岸の砂泥底に生息。長い尾の付け根にノコ歯状の刺があり強力な毒を保有。攻撃的ではないものの砂底にいたのを誤って踏む等で怪我をする恐れも。オコゼ同様、履物、軍手等で被害は軽減・防止可能。

④腔腸動物(クラゲやイソギンチャクの仲間)

アカクラゲ

キタカギノテクラゲ

アンドンクラゲ

シロガヤ

どの種も刺されると激しい痛みや腫れ、炎症等の症状が出る。重篤になる場合もあるので注意が必要。肌の露出面積を狭くすればかなりの予防になる。刺された場合はすぐに現場から一番近い医療機関に行きましょう。海の近くの医療機関は他の医療機関より海洋生物の対処に長けている場合が多い。

 

その他、海に入る事前準備として。

①ニュース新聞等で現地の危険生物情報をチェックする又は現地の売店や海の家で情報収集する

②漂流物の多い場所にはクラゲ等が集まっている可能性が高いので避ける

③目立たない小型種の被害にあわないために、むやみに海藻の茂みの中は泳がない

 

津軽の夏は短いとはいえ、まだまだ暑い日はあるようです。

海でも山でも楽しむためには安全を重視しましょう(‘ω’)ノ

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

ちょっとした財産の話3

2018年10月17日

こんにちは。

寒くなってきましたね。

気温が低く乾燥してくると、様々な感染症の危険があります。

体調には充分気を付けましょう。

 

さて。

今回は財産相続の「遺留分」の話を少し。

一定範囲の相続人には最低限の遺産を受け取れるようにと民法で定められているのが遺留分です。

ドラマなどで、財産相続でもめるシーンをよく見かけますが、このトラブルは現実にもあるようです。

遺留分は遺言より優先されます。

なので、遺言があってもなくても財産を受け取る権利として主張する人が出てきます。だからもめるんですね(笑)

例として、お父さん(以下A)、お母さん(以下A’)、長男(以下B)、次男(以下C)、お父さんの父(以下D)、お父さんの妹(以下E)の家庭で、Aが亡くなったとしましょう。

Aは遺言でA’へ財産のすべてを渡すとしていたとしましょう。

しかし、周りは納得しませんでした。

ということで、遺留分です。

遺留分の権利者は主に次の通りです。

被相続人の配偶者ーA’

被相続人の子ーBとC

つまり、D(お父さんの父)とE(お父さんの妹)は、遺留分権利者にはなりません。

但し、Aに子がいなければDに権利が発生します。(この部分は複雑になるので割愛)

 

財産分与でのトラブルは人間関係に支障が出たりします。

故人の為にも、この先の家族の為にも、しっかり考えておくべきですね。

 

なにか困ったら、法テラスや司法書士の無料相談等を上手に利用しましょう。

収入によって報酬がかわる制度もあります。

お金がなくても、法的な相談はできます。

財産問題で悩んだら、ひとりで解決しようとせずに、各市町村へ無料相談の日付等問い合わせてみましょう。

お墓のお手入れ〇✕クイズ

2018年10月14日

おはようございます☀

今日は「お墓のお手入れ」をクイズでいくつかご紹介したいと思います。

Q. 故人が好きだったので、お墓にお酒をかける。 or

A. 「 ✕ 

  お墓にお酒をかけてはいけません!!

お墓にお酒をかけると色の変色やカビ、虫の発生の原因となるのでやめましょう。

Q. 苔などをしっかり落とすため、金属タワシでこする。 or

A. 「 ✕ 

     金属タワシはお墓を傷つけます!!

石の表面は非常にデリケートなので、金属タワシなどの固いものでこすると傷ついてしまいます。

お墓をこするのには濡らした雑巾ややわらかいスポンジなどが適しています。

Q. 文字などの細かい部分は歯ブラシでこする。 or

A. 「 〇 」

細かい部分は歯ブラシを使うと便利です。

彫刻部分などは雑巾やスポンジが入らないので、歯ブラシを使うとキレイに掃除ができます。

但し、正面文字など彫刻が深い部分はブラシの柄が彫刻の角に当たって欠ける恐れがあるので、充分注意しましょう。

Q. 汚れが落ちない場合は家庭用洗剤を使う。   or

A. 「  

家庭用洗剤を使うとシミの原因になります!!

家庭用洗剤でお墓を洗うとシミの原因になります。基本的にはお墓は水で洗いましょう。

どうしても汚れが取れない場合は当店にご相談ください。

Q. お参りが終わったらお供物は持ち帰る。  or

A. 「 〇 」

お供物を置いたままにするとシミなどの原因になります。

お供物を置いたままにしておくとお墓の汚れやシミの原因となったり、虫や鳥獣類が荒してお墓が傷む原因となります。お参りが終わった後は、必ず持ち帰るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る