お知らせ

注目の【自然葬】とは?

2018年5月26日

こんにちは!(*´ω`)

青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

今日はとても良い天気ですね。日差しもだんだんと強くなってきて、日焼け止めが活躍しそうな予感がします。

 

さて、今日は特に女性からの注目度が高い【自然葬】についての記事を更新します🎵


”自然葬”ってなに?

お墓(墓石)に入らず、樹を墓標にしたり、山や海などに散骨したりして、自然に故人をお還しするという埋葬法です。

人間は元々自然から生まれたものなので、亡くなったら自然に戻るのが良いのではないかという考えで選ばれる方が増えています。

 

お墓のことを考える上で

・承継者がいない(今後のケアが必要ないものが良い)

・遺族への負担を少なくしたい

・宗派にとらわれたくない

という方にはおすすめかもしれません。

 

ただ、自然葬を選ぶ上での注意点もありますので、どうぞ最後までお付き合いください。

では、自然葬の内容を詳しくみていきましょう!


1.樹木葬

美しい花や木の下で安らかに眠る

最期は自然に還りたいと考える人に人気の埋葬法は、墓石の代わりに桜やバラの樹などを墓標にする”樹木葬”です。

自然葬のなかのひとつで、法律に基づき、墓地として許可された場所に遺骨を直接埋めるのが一般的です。宗旨や宗派はほとんど問われない埋葬法です。承継者のいない夫婦や独身者などの間で関心が高まっています。

 

2.散骨

大好きな場所で自然に還りたい人におすすめ

海や山などに遺骨をまく、自然葬の1スタイルです。散骨には以下のような場所や方法があります。

 

■海洋葬

船から海に骨をまく方法です。遺族だけで見送る個別葬や、複数の遺族が同じ船から散骨をする合同散骨など、形態は様々です。

■空中葬

ヘリコプターやセスナ機で、上空から海洋などに散骨する方法です。

■宇宙葬

ロケット等に遺骨をのせて宇宙へ行くタイプです。ロケットは地球軌道を周回後、ロケットごと燃えつきます。


自然葬を選ぶ際の注意点

一見、墓石を建てるより費用もかからず、手軽に個人でもできそうに感じます。しかし、個人で散骨する場合はトラブルに要注意!!あまりオススメできません。

 

①散骨していい場所なのか確認する

散骨は、どこでも行ってよいというわけではありません。

法務省の見解では、「節度をもって行えば遺骨遺棄罪に当たらない」とされていますが、自治体によっては条例で禁止しているところもあるため、必ず役所へ確認が必要です。他人の私有地(海洋の場合も)に勝手に行うと後のトラブルにもつながりかねますので、その場合あらかじめ土地等の所有者にもきちんと同意を得る必要があります

また、自宅で散骨を行うのも×。国の定める墓地・埋葬法等や、法務省刑法第190条「遺骨遺棄」等の法律上の関係でできないため、この点は注意して選ぶ必要があります。

 

②遺骨は必ずパウダー状でまく

遺骨を粉砕することが”散骨”の条件です。遺骨は約2mm~5mmの粉末状にする必要があります。

一般的に、葬儀社や火葬場では粉骨をしないため、事前に相談が必要になります。

 

これらを個人できちんと行うのはかなり難しいことです。

自然や他人の迷惑を配慮した場所を選ぶことがマナーですので、専門の会社に依頼をしてトラブルを回避しましょう。


いかがでしたか?

 

今回の記事は当社の”墓活”ハンドブック及びこちらのサイト(https://www.gojyokuru.net/kankonsosai/knowledge/12.html)から引用させていただきました。

気になる方はぜひご来店ください♪(´▽`*)

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お盆の後始末

2018年8月18日

おはようございます。

青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

 

ここ数日で一気に気温が下がり、夜もだいぶ冷え込むようになりました。

今年の冷房の出番はもうそろそろ終わりでしょうか?長袖を着ている方が増えた気がします。

 

はい。

今年のお盆の期間が終了しましたね。

お墓参りやら親戚のおもてなしやらで忙しくされていた皆様、お疲れ様でした。

今日の記事はお盆の後始末について書いていきます。


お墓にお供えしたものの後始末

お墓参りに行った際にお供えした食べものは、一旦お供えした後にその場でいただくか、持ち帰るのが良いとされています。

すぐに持ち帰るのは気が引けるという方は少し時間を置いて取りに行くのが良いかもしれません。

 

お墓にお供えした食べものをそのままにしておくと、カラスや虫などに故人が眠るお墓が荒れてしまう原因になります。

お花も同様で、枯れると花びらや葉っぱが散らかってしまったり、お墓も寂びれたように見えてしまったりします。

特に食べものなどは自分のお墓以外のところまで荒らされてしまうことがありますので、お墓参りをして供養をしたらお線香の灰以外は持ち帰りましょう。

 

お仏壇にお供えしたものの後始末

お仏壇にお供えした御仏供膳は、朝供えたら午前中に下げ、家族みんなでいただくのが良いとされています。

仏様はご飯の湯気を召し上がると言われていますので、ご飯の湯気が無くなったら下げても大丈夫です。

果物やお菓子がたくさんある場合は、一旦お供えした後に家族や親戚、持ってきていただいた方と一緒にいただきます。

 

お盆のお供え物の後始末の方法

お盆のお供え物は、本来は土に還すのが良いとされています。

細かく刻んで邪魔にならないように庭の隅に捨てて、鳥につついてもらったり蟻に運んでもらったり…という方法もあるようですが

住宅事情等でそれができないことも多いのではないでしょうか。

その場合は白紙に包んで塩で清め、普通の家庭ごみと一緒に出します。

自然に還すといって公園や道路に置いておくのはマナー違反ですのでやめましょう。

また、お寺のお炊き上げで処分してもらえることもあります。檀家になっているお寺に相談してみるとよいでしょう。


いかがでしたか?

お盆の後始末でも一番大切なのは『故人を敬う気持ち』です。

それと、無理せずご自分のできる範囲で。

 

心を忘れず日々を過ごして生きたいものですね。

では、良い週末をお過ごしください。

送り火

2018年8月16日

こんにちは(^ω^)

弘前 おおゆ石材のブログです。

お盆は、ご先祖様・故人の霊をあの世からお迎えし、共に過ごす大切な期間と言われ、お墓参りや盆飾り、迎え火・送り火、盆踊りなどの風習があります。

月遅れ盆の地域では8月の13日~15日の期間で、迎え火が13日・送り火が16日が一般的のようです。

13日にご先祖様を迎える・迎え火をして

16日にご先祖様を送り出す・送り火をする

地域によって、迎え方や送り方は様々で、盆踊りをしたり、花火や爆竹で賑やかにしたり、灯籠流しをするところもあるようです。

津軽地方では

お盆入りの13日から20日(20日盆)まで

お墓の前やお家の前で

毎晩 火を焚きます

昔から伝わる風習をとおして、ご先祖様や故人を思い感謝する時間は、心穏やかになり、心身共に浄化されるように思います。

毎日を忙しく過ごされている方は、是非 そんな時間を設けてみてください(^o^)丿

 

 

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る