お知らせ

未完の世界遺産

2017年6月25日

こんにちは。

初夏の爽やかな風は気持ちいいですね(≧∇≦)

お出かけ日和。

でも直射日光の浴び過ぎや熱中症には注意してくださいね。

 

本日は、

これ。

世界遺産のひとつ、サグラダ・ファミリアの設計をした方の誕生日。

 

アントニオ・ガウディ

 

ガウディは1852年の6月25日銅細工師の家庭に生まれました。

幼いころから病弱であった為、外を走り回ることはできなかったといわれています。

そのかわり、周りの物の造形をよく観察する目をもっていて、様々な逸話もあるようです。

学生時代に建設を学び、若いころから修道院の修復や装飾に携わり、1878年に建築士の資格を取得。

その後、1883年にサグラダ・ファミリアの専任建築家に推薦され、亡くなるまで設計・建築に取り組みました。

 

彼は設計において模型を重要視する建築家でした。設計図は驚くほど少なく、模型もスペイン内戦で殆どが焼失。

その為、ガウディの死後、彼の構想通りにはならない未完の建築物の建造をどうするのかという議論が起こったそうです。

 

しかし、職人や弟子たちが僅かに残った外観のデッサン等を元に受け継ぎ、設計構想を推測する形で、現在も建設が行われています。

その代表格サグラダ・ファミリアの9代目設計責任者ジョルディ・ファウリ氏は、ガウディ没後100年である2026年に完成予定と発表しました。

 

偉人アントニオ・ガウディは、このサグラダ・ファミリアに埋葬されているそうです。

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弘前市 最新お墓情報 

2018年2月25日

おはようございます。

弘前は今朝も寒い朝を迎えています。雪がまた降りだしました。皆さんの地域はどうですか?

昨夜の平昌五輪、女子マススタートと、女子カーリングの競技を観ましたか?手に汗握る戦いでしたね。結果が、金と銅で興奮しました。

選手が頑張っている五輪も今日で閉幕します。物事には始まりがあり、終わりがあります。終わりは寂しい気持ちになりますね。

人生も同じです。終わりがあります。最近ですと、俳優の大杉漣さん、左とん平さんがお亡くなりになりました。人生の終わりを告げた後、お墓に葬られます。

葬られるお墓の事情も様変わりして来ています。

昔ながらの先祖代々のお墓は、段々と少なくなって来ています。家族や個人だけのお墓や、お墓は無く納骨堂のみや、お骨を散骨したり、樹木の下に埋葬したりと、様々です。

生活環境の変化に伴い、お墓事情も変化して当たり前になって来ています。

これからは、自分に合った埋葬方法や、場所を探すようになると思います。

近年都会では、お墓を建てるのも負担が大きい為、納骨堂が流行りだしているようです。「便利、安価、安心」と三拍子揃っていることが、人気の秘密のようです。

確かに、駅から近いとか、手ぶらでお参り出来るとか、天候に左右されないとか、様々な利便性があり、お墓建てるより安く済み、管理されているので安心出来るという、良い事尽くめですね。それでも、まだまだ田舎ではお墓を建てて供養するのが一般的です。今後、10年・20年先はわかりませんが、その土地や、その時の環境や事情に合わせたものを探して行くことが大切です。

人生の終わりを賢く迎える為の準備をする、終活セミナーも参考になると思います。色々な方法で自分に合った物を見つけてくださいね。

弘前市 最新お墓情報 終活セミナー

2018年2月24日

こんにちは。

昨日の夕方からの雪は、

久しぶりのベタ雪で、

車のワイパーが忙しかったです。

今朝は、おだやかな天候ですが、

雪が重く、凍り付いて大変です!

昨日、初めて弊社主催の「終活セミナー」を開催しました。

講師も社員が務め、緊張しながらも

「今まぜ終活か」と「新しい供養の仕方」を、

墓じまいも含めてお話しさせていただきました。

少しでも参考になったらいいなと思います。

できれば、定期的に開催していきたいと、

考えてますので、次回、決まりましたら

告知させていただきます。

「終活」に一歩踏み出してみませんか?

ぜひ、参加をお待ちしております。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る