お知らせ

未完の世界遺産

2017年6月25日

こんにちは。

初夏の爽やかな風は気持ちいいですね(≧∇≦)

お出かけ日和。

でも直射日光の浴び過ぎや熱中症には注意してくださいね。

 

本日は、

これ。

世界遺産のひとつ、サグラダ・ファミリアの設計をした方の誕生日。

 

アントニオ・ガウディ

 

ガウディは1852年の6月25日銅細工師の家庭に生まれました。

幼いころから病弱であった為、外を走り回ることはできなかったといわれています。

そのかわり、周りの物の造形をよく観察する目をもっていて、様々な逸話もあるようです。

学生時代に建設を学び、若いころから修道院の修復や装飾に携わり、1878年に建築士の資格を取得。

その後、1883年にサグラダ・ファミリアの専任建築家に推薦され、亡くなるまで設計・建築に取り組みました。

 

彼は設計において模型を重要視する建築家でした。設計図は驚くほど少なく、模型もスペイン内戦で殆どが焼失。

その為、ガウディの死後、彼の構想通りにはならない未完の建築物の建造をどうするのかという議論が起こったそうです。

 

しかし、職人や弟子たちが僅かに残った外観のデッサン等を元に受け継ぎ、設計構想を推測する形で、現在も建設が行われています。

その代表格サグラダ・ファミリアの9代目設計責任者ジョルディ・ファウリ氏は、ガウディ没後100年である2026年に完成予定と発表しました。

 

偉人アントニオ・ガウディは、このサグラダ・ファミリアに埋葬されているそうです。

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓石展示場

2019年2月21日

こんにちは。

今回は、浪岡店墓石展示場のご案内です。墓石展示数は13基(平成31年2月現在)です。

石種は10種類で展示しております。和型・洋型・和洋型と様々なデザインがあり、墓石

建立のご予定がある方には、ご参考になると思います。

事前にご連絡頂ければ、弘前店への送迎も致します。(弘前展示場114基)

ご自身の目で、ご覧になれる展示場です。スタッフ一同、ご来店お待ちしております。

お墓用語のおさらい2

2019年2月20日

こんにちわ。

少し前に、よく出るであろう墓石用語について簡単に触れましたが、

今回もまたいくつかピックアップしてみようかと思います。

御影石=お墓に一般的に多く使われる石で、「花崗岩」や「閃緑岩」の通称名として呼ばれます。色や品質、原産地など様々な種類があります。

基礎=お墓の基礎は家のそれと同じく、お墓の設置を長く安定させるためにとても重要な工事です。主に土の中、見えなくなる部分に鉄筋入コンクリートを用いて施工します。

化粧砂利・貼石=前回お話した石塔と外柵の間の空白部分に配置することで美観をあげるものです。元々は玉砂利を使うのが主流でしたが、最近は石でタイル張りにする貼石施工が人気です。

建之=「けんのう」と呼びます。「このお墓を建てました」という意味で、お墓の裏などに建立日などと一緒に彫られることが多いです。

墓誌=埋葬された方の戒名や没年月日などを彫刻するための石板。これを使うことでより手軽に戒名などをお墓に残すことができます。

今回はこの5つを取り上げてみました。

見たことだけはあっても意味までは分からなかった、というものもあったかもしれません。

しかしお墓を建てる上では割と出やすいものなので、頭の片隅ででも覚えておくと役に立つかもですね。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る