お知らせ

故事

2018年6月24日

こんにちは。

FIFAワールドカップ。日付がかわる時間に日本戦ですね。

もう少し早く・・・と思っているのは、私だけではないはずだ(力説)。

時差にわがままを言っても仕方ないので、頑張って応援したいと思います。

 

さて。

いつもはお墓について話していますが、今日はワールドカップに因んだ話を少し。

 

日本チームのユニフォームにあるシンボルマーク。

ご存知の方も多いでしょうが、三本足の烏「八咫烏」ですね。

 

八咫烏は神武東征のおり、神武天皇の道案内をした鳥といわれています。神のつかい、太陽の化身ともいわれています。

全国の熊野神社のほとんどは八咫烏が祀られていて、「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」が有名です。

 

日本サッカー協会が八咫烏をシンボルマークとした理由には諸説あるようで。

①蹴鞠の名手といわれた藤原成道が蹴鞠上達の為50回以上熊野詣をしたことから

②日本サッカーの父・中村覚之助の家がが熊野那智大社の近くで、普及の貢献度を考慮したということから

③八咫烏の故事より、よくボールをゴールに導くようにと願ったことから

等々です。

理由はどうあれ、日本サッカー協会はワールドカップ等の大会前には熊野三山で祈願しているそうなので、日本の足をつかう球技は蹴鞠(平安)の時代から八咫烏と繋がっているということなのでしょうね。

 

八咫烏が日本を勝利に導いてくれたらいいですね。

選手の皆さんは怪我のなきよう願います。

 

頑張れ、日本。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

お知らせ

2019年11月16日

本日11月16日

社員研修の為12時からお休みとなります。

何卒、宜しくお願いします。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る