お知らせ

意外と知らなかった?「伝統的なお墓」っていつからの話?

2018年8月25日

こんにちは。青森県弘前市 大湯石材店のお墓のブログです。

 

少し冷え込んで今年の冷房の出番はサヨナラかと思いきや、まだまだ暑い日続くんかーい(笑)という感じです。

今年の天気にはフェイントをかけられまくりですね(笑)

なんにせよ、あまり寒くならないうちに食べものがおいしい季節がやってきそうなのは嬉しいばかりです(^p^)

おいしい秋刀魚が食べたいです(^p^)♡

 

さてさて。

今日は【意外と知らなかった?よく言う「伝統的なお墓」っていつからの話?】というテーマで更新していきます。


みなさん。お墓といったらどういうものを思い浮かべますか?

 

およそだいたいの方が連想されるのは

お墓といったらこの形。どん!

という感じではないでしょうか?

これは、お墓の形の中でも「和型墓石(わがたぼせき)」といって、伝統的なお墓の型とされているものです。

 

ずーっと昔からあるような、なんとなくそんなイメージのこの形。

カロート(火葬した遺骨を納めるスペース)が内蔵されているものが一般的ですが、

実はこれ、全国に広まったのは意外と最近の話なんです。

 

今の形が主流になったのは戦後だった・・・?

この和型墓石の形が使われるようになったのは江戸時代からと言われています。しかし、最初はあくまで江戸や大阪、京都など都市部の密集地帯で火葬が行われる際に使われているものでした。当時、民衆のほどんどは土葬、風葬、あるいは遺棄等が多く、この形は広まっていなかったそうです。

衛生上の問題などで火葬の割合が50%を超えたのは1950年代の戦後のお話。火葬が民衆の間に広まるのとともに、このカロート式の和型墓石の形が全国に広まっていったそうです。

今2018年なので…1950年代だと60~70年前。ええ…。学校の日本史の授業で例えると、だいぶ後半に駆け足で習うくらいの最近っぷりです。(※個人の見解です)

 

また、明治時代以前は個人墓が主流で、家族墓というものは見られませんでした。

今ではよく見られる「○○家之墓」という表記や「家族でお墓に入る」という慣習は、明治民法に規定された家制度に基づいて制定された墓制によるものなのです。

 

ふむ。

「伝統的なもの」として伝えられてきたお墓のあり方や形。ずーっと同じものが受け継がれてきたのかと思いきや、今までも時代の背景によって少しずつ変化してきたんですね。

現在、取り上げられることが多い「お墓の承継者がいない」という問題は、明治時代に作られた家制度を引き継いできた慣習と、現代社会にみられる「核家族化」のギャップが原因のひとつなのかもしれません。それによって見えるお墓の形態の変化も、また必然なのでしょうね。

 

個人的な希望ですが、どんな時代の変化があれど「帰る場所がある」人生を送りたいな、と思っています。

それが安心できる暮らしということなのかな、と。それがあるのは当たり前のことではないのでしょうが。

自分が亡くなったとき、それはやはり「お墓」に当たるのかな、と。

もしかしたら、そこにお墓が「石」で作られている意味もあるのかもしれませんね。

 

少しだけ、自分のお墓はやっぱり欲しいな、と思うきっかけになったお話でした。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

まだまだ調査中のお墓2

2018年11月19日

こんにちは。

気温の低い時期ですが、雨が降るとさらに寒く感じますね。

小雨だからといって、傘を忘れると体が冷えてしまうので、防寒対策はしっかりとしたいものです。

 

さて。

今回は前回の続きから。

 

ピラミッドのお墓説が強いのは、古代エジプトの信仰に関連する祭殿や付属品、墓地等が近隣から発見されているためで、葬礼に関連していると考えるのが自然ということからのようですが、ピラミッドがお墓ではなかったにしろ、国の為の建造物(例えば巨大な貯蔵庫、または天体観測所等)の建設となれば人手は必要になります。

なぜピラミッド建設は国家事業だったのではないかという説があるかというと。

この時代はナイル川の氾濫に対して、現在のような対策ができていなかったと考えた場合、畑を使えない農民などの労働者は失業していまします。

この労働者の労働力の有効活用の為、人員を募集したのではないかということです。

 

国からの報酬は主に食料で、パンやビールだったようです。

ビールといっても、現在のようなものではなく、アルコール度数は低くミネラルが豊富な栄養食品だったようです(日本でいう「飲む点滴」といわれる甘酒のようなものでしょうか?)。

そして、驚くべきは配布される量。

現在の単位に換算すると、約4Lだそうです∑(゚Д゚;)

アルコール度数が低いといっても、アルコールに強い弱いは個人差があります。

そりゃあ、二日酔いで休みますの人がでてもおかしくないですよね(笑)。

お腹いっぱい飲み食いして、二日酔いで休みももらえるなんて、羨ましいと思うでしょうが、そうでもありません。

 

基本的に、この国家事業には定休日はなく、働いたら働いた分の給料支給という形態で、しかも日中は35℃以上の気温に炎天下の長時間労働。

少しの体調不良も命取りの現場で、事故回避、責任追及、ストライキ(のようなものがあったかはわかりませんが)等が起こらないようにと配慮すると、申請された休日は通しますよね。

このような過酷な環境では、高い報酬や良い条件でなければ、求人は失敗します(笑)。

 

時代が変わっても、働くことは同じです。

健康でなければ働けないし、働かないと生活はできません。

日々健康に。

みんなで頑張っていきましょうヽ(^o^)丿

11月18日 しし座流星群

2018年11月18日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

2018年の「しし座流星群」のピーク予想は、18日の午前8時ごろ、見た方いらっしゃいますか?

流れ星の数は1時間に5~10個ほど、18日前後は2~3日間は同じ数だけ見られそうです。ふと夜空を見上げたときに流れ星を見つけることができるかもしれません。

「お星さまになる」という表現がありますが、人の死をより文学的に言いかえた表現でロマンを感じますね。実際にお星さまになるかどうかは?ですが、近年注目を集めているのが「宇宙葬」です。

故人の遺灰が入ったカプセルをロケットで宇宙に運ぶ「スペースメモリアル」

巨大なバルーンの中に遺灰を入れて成層圏まで上げる「バルーン葬」など

詳しくは当店までお気軽にご相談ください。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る