お知らせ

徳川家のお墓第2弾

2018年1月28日

おはようございます。

今朝も寒いですね。風邪をひいていませんか?インフルエンザが猛威を振るってます。気を付けましょう。

さて、今日は徳川家のお墓の第2弾です。前回、増上寺の徳川家の菩提寺についてかきましたが、もう一つの徳川家の菩提寺、寛永寺について今日は書きます。

寛永寺は東京上野のにある、天台宗関東総本山の寺院です。徳川家光が、天海初代住職と創立・開山しました。本尊は薬師如来です。徳川秀忠が現在の上野公園の地を天海に与え、徳川家光の時に、本坊が建立され、寛永寺創立とされています。余談ですが、秀忠に与えられた上野の地には、伊勢津藩主・藤堂高虎、弘前藩主・津軽信枚、越後村上藩主・堀直寄の3大名の下屋敷があった場所だそうです。弘前に関わりある者としては、何か縁を感じないでいられません。

さて、ここ寛永寺には、徳川の将軍6人の墓所があります。4代将軍徳川家綱・5代将軍徳川綱吉・8代将軍徳川吉宗・10代将軍徳川家治・11代将軍徳川家斉・13代将軍徳川家定の6人です。増上寺と共に、6人づつの廟があることになります。当初増上寺から、菩提寺になることに対して、反発もあったようですが、6代将軍徳川家宣の廟が増上寺に造営されてから、増上寺と寛永寺に交替で造営されることが慣例となり、幕末まで続いたようです。これも余談ですが、徳川将軍15代の中で、増上寺と寛永寺以外に廟があるのは、3人だけです。1人は、初代将軍徳川家康で、日光東照宮・これは有名ですね。2人目は、3代将軍徳川家光で、輪王寺にあります。そして、3人目は、15代将軍徳川慶喜で、谷中霊園にあるそうです。

昔の偉人等のお墓巡りをしているのもいいかもしれません。いろんな思いを感じられる気がします。

また機会がありましたら、何か書きたいと思います。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓じまいについて

2019年11月18日

こんにちは。おおゆ石材店です。

当ブログでも何度も書かせて頂いております「墓じまい」ですが、
その内容はご家族毎に千差万別!

その中で今日は「改葬」についてお話しします。

墓じまいをするにあたり遺骨の新しい納め先を決める時
お寺や霊園の合葬墓の場合が多いですが、
誰でも好きな所に持っていける訳ではありません。

宗派の違うお寺だったら元のお寺を離檀したり、
地域の公営墓地でも各審査があります。

私もお客様の手続きのお手伝いをする時がありますが、
最初はお寺や役所に相談することが肝心です!

何度か話すを重ねますとお互いの理解が深まり良い解決に向かいます。

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る