お知らせ

徳川家のお墓第2弾

2018年1月28日

おはようございます。

今朝も寒いですね。風邪をひいていませんか?インフルエンザが猛威を振るってます。気を付けましょう。

さて、今日は徳川家のお墓の第2弾です。前回、増上寺の徳川家の菩提寺についてかきましたが、もう一つの徳川家の菩提寺、寛永寺について今日は書きます。

寛永寺は東京上野のにある、天台宗関東総本山の寺院です。徳川家光が、天海初代住職と創立・開山しました。本尊は薬師如来です。徳川秀忠が現在の上野公園の地を天海に与え、徳川家光の時に、本坊が建立され、寛永寺創立とされています。余談ですが、秀忠に与えられた上野の地には、伊勢津藩主・藤堂高虎、弘前藩主・津軽信枚、越後村上藩主・堀直寄の3大名の下屋敷があった場所だそうです。弘前に関わりある者としては、何か縁を感じないでいられません。

さて、ここ寛永寺には、徳川の将軍6人の墓所があります。4代将軍徳川家綱・5代将軍徳川綱吉・8代将軍徳川吉宗・10代将軍徳川家治・11代将軍徳川家斉・13代将軍徳川家定の6人です。増上寺と共に、6人づつの廟があることになります。当初増上寺から、菩提寺になることに対して、反発もあったようですが、6代将軍徳川家宣の廟が増上寺に造営されてから、増上寺と寛永寺に交替で造営されることが慣例となり、幕末まで続いたようです。これも余談ですが、徳川将軍15代の中で、増上寺と寛永寺以外に廟があるのは、3人だけです。1人は、初代将軍徳川家康で、日光東照宮・これは有名ですね。2人目は、3代将軍徳川家光で、輪王寺にあります。そして、3人目は、15代将軍徳川慶喜で、谷中霊園にあるそうです。

昔の偉人等のお墓巡りをしているのもいいかもしれません。いろんな思いを感じられる気がします。

また機会がありましたら、何か書きたいと思います。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓のチェックをしましょう

2019年3月23日

おはようございます。

青森県 弘前市 おおゆ石材店のブログです。

 

今朝の天気は雪ですね。

すっかり雪景色に戻ってしまいました。

 

お彼岸で土日にお墓参りを考えていた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。。。

雪の積もった石は非常にすべりやすくなっています。

天候の悪いときは無理をせず、もしも後日

墓地の雪かきなど行う場合は転倒しないようお気をつけください。

 

また、雪かきの際、石をキズつけないようご注意ください。

 

お墓参りに行った際は

お墓に異常がないかどうか確認してみると良いかもしれません。

 

・汚れ、キズ、ひび、欠けがある

・花立カップがない

・お墓の字が薄くなっている

・お墓が傾いている

・目地が剥がれている

など、

なにか気になることがあったらぜひ大湯石材店へお越しください。

 

大切な人のお墓ですから、きれいに保つと気持ちが良いですよね。

 

お墓ディレクターの資格を持つスタッフが丁寧に対応致します。

お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

お墓参りに行きましょう!

2019年3月21日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日 21日はお彼岸の中日、お墓参りに行った方、これから予定している方などいらっしゃると思います。

彼岸は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。

仏教では「六波羅蜜」の教えというのがあり、お彼岸の期間はご先祖さまに感謝するとともに、生活の中では正しい行いを心掛ける期間とされています。

その行いは

1、「布施」 他人へ施しをする・分け与える

2、「持戒」 戒を守り反省すること・規律を守る

3、「忍辱」 不平不満を言わず耐え忍ぶこと・怒りをすてる

4、「精進」 精進努力すること

5、「禅定」 心を安定させること

6、「智慧」 真実を見る智慧を働かせること

本来は、毎日心掛けるべきなのですが、日頃は忙しくなかなかできないので、せめて春と秋、年2回は行いましょうということだそうです。

このような意味を知って、お墓参りをして、ご先祖様に感謝をし、正しい行いを心掛けていきたいものです。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る