お知らせ

弔いの仕方

2018年2月26日

こんにちは。

寒い日が続いていますが、皆様体調はどうですか?

まだまだインフルエンザや腸炎が終息していないようなので、気を付けてくださいね。

 

さて。

今日は、

「風葬」

について。

 

風葬とは、火葬や土葬等の遺体処理をすることなく、自然の中で風化を待つという風習のことで、世界各地にみられるものです。

日本では、琉球や奄美などの島で行われていましたが、現在では行われてはいません。

 

琉球地方の風葬は島や地域、階級などで違いがあったようですが、一般的な庶民の弔い方は、不浄の聖域であるとされる「後生(グソー)」へ遺体を運び、そのまま風化を待つということが多く、埋葬という形ではないけれどグソーが共同墓地と考えていいようです。

 

風葬は自然葬にあたります。

魂のいれものだった体を自然に返すという概念ですね。

現在ではバルーン葬や海洋葬などが挙げられます。

 

時代が変われば、弔い方や種類も変わります。

故人や遺族、それぞれの考えや意見もあるので、お互いに満足のいくように、出来る事なら生前に話し合っておくことも大事ですね。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

11月13日

2019年11月13日

こんにちは。

もうそろそろ雪が降る時期ですね。タイヤ交換など早めに雪の準備をしましょうね。

さて、今日は、お墓の雪対策についてお話です。

おおゆ石材店では、お墓の雪囲いも行っております。

雪囲いをすることで、墓石の吸水を軽減させ石が傷みずらくなります。

雪囲いやその他リフォームについてお問い合わせやご相談などございましたら、

お気軽にご連絡下さいね。

 

 

 

お墓の花立

2019年11月11日

こんにちは 弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日は、お墓の花立についてお話します。

花立とは、お供えするお花を入れるための仏具で、お墓やお仏壇には必要な仏具です。

お墓の花立には

ネジ式
石の花立の中心に金属などのネジが差し込んであるところに花立カップを回してはめ込むタイプ、ネジ式は年数がたつと劣化でネジが壊れるという欠点があります.

落とし込み式
石の花立の中心に穴をあけ、その中に花立カップを落とし込むタイプ、落とし込み式は水の交換や掃除をするときに持ちあげて外すだけで手間がかかりません。

などがあり、現在はほとんどが落とし込み式のタイプです。

お花は大事なお供え物の一つで、お墓にとって花立は欠かせないものです。

ネジ式を落とし込み式にリフォームすることもできます、花立のことでお困りごとがございましたらおおゆ石材店にご相談ください。

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る