お知らせ

2017年4月24日

こんにちは。

すっきり青空は何度見ても気分が良いですね。

 

さて。

津軽ではようやく春本番。

昨日から弘前公園のさくらまつり開催です。

個人的に一番好きなのは宵桜です。

桜は陰の樹とも魔物ともいわれていますが、確かにこの綺麗さは妖艶でもありますね。

引き込まれます(笑)

 

昼でも夜でも、お花見は公共の場でのこと。

みんなが気持ちよく過ごせるよう、心がけなくてはいけません。

 

そこで。

知っている人も知らない人も一緒に、弘前公園のお花見ルールを見てみましょう(ΘωΘ)/

 

①過度なスペース取りはやめましょう。

(ブルーシート二枚使って人数3人とか、たまに見かけます。譲り合いの心で楽しく過ごしましょう)

園内は火気厳禁です。バーベキューをはじめ、花火、キャンプファイア等。勿論、火気には煙草も含まれます。

(歩き煙草をする人を見かけたりします。指定の喫煙所があるので、煙草はそちらでお願いします)

③介助・補助犬以外の所謂「ペット」は入園禁止です。

ただし、抱っこ、ゲージ、カートでの入園は可能です。

(人混みでのペットの歩行は大変危険です。大事な家族が怪我のないよう配慮しましょう)

④自転車バイクの侵入は禁止です。

(所定の駐輪場に停めてゆっくり歩いて桜を見ましょう)

園内でのスピーカー等を使用しての音楽は禁止です。

(楽器演奏には遊芸許可証なるものが必要です。詳しくは事務局に問い合わせましょう)

⑥園内の植物採取は厳禁です。

(枝を折っている子供を見かけたりします。保護者の方はしっかり指導してください)

⑦園内での昼寝等は盗難の危険性があります。防犯の為、十分な配慮が必要です。寝袋等の寝具の持ち込みは禁止されてはいませんが、避けましょう。

勿論、キャンプ禁止です。

⑧当たり前ですが、ポイ捨ては絶対にやめましょう。

園内にはごみ箱が設置されています。分別のご協力をお願いします。

(出来ることなら持ち帰りで協力したいものです)

 

 

ルールを守って楽しいお花見。

公園の美化も人の心も保たれるよう祈ります。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓のチェックをしましょう

2019年3月23日

おはようございます。

青森県 弘前市 おおゆ石材店のブログです。

 

今朝の天気は雪ですね。

すっかり雪景色に戻ってしまいました。

 

お彼岸で土日にお墓参りを考えていた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。。。

雪の積もった石は非常にすべりやすくなっています。

天候の悪いときは無理をせず、もしも後日

墓地の雪かきなど行う場合は転倒しないようお気をつけください。

 

また、雪かきの際、石をキズつけないようご注意ください。

 

お墓参りに行った際は

お墓に異常がないかどうか確認してみると良いかもしれません。

 

・汚れ、キズ、ひび、欠けがある

・花立カップがない

・お墓の字が薄くなっている

・お墓が傾いている

・目地が剥がれている

など、

なにか気になることがあったらぜひ大湯石材店へお越しください。

 

大切な人のお墓ですから、きれいに保つと気持ちが良いですよね。

 

お墓ディレクターの資格を持つスタッフが丁寧に対応致します。

お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

お墓参りに行きましょう!

2019年3月21日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日 21日はお彼岸の中日、お墓参りに行った方、これから予定している方などいらっしゃると思います。

彼岸は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。

仏教では「六波羅蜜」の教えというのがあり、お彼岸の期間はご先祖さまに感謝するとともに、生活の中では正しい行いを心掛ける期間とされています。

その行いは

1、「布施」 他人へ施しをする・分け与える

2、「持戒」 戒を守り反省すること・規律を守る

3、「忍辱」 不平不満を言わず耐え忍ぶこと・怒りをすてる

4、「精進」 精進努力すること

5、「禅定」 心を安定させること

6、「智慧」 真実を見る智慧を働かせること

本来は、毎日心掛けるべきなのですが、日頃は忙しくなかなかできないので、せめて春と秋、年2回は行いましょうということだそうです。

このような意味を知って、お墓参りをして、ご先祖様に感謝をし、正しい行いを心掛けていきたいものです。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る