お知らせ

外来種と絶滅危惧種

2017年5月12日

こんにちは。

湿度が高めで、まだ5月なのに6月のような気候ですね。

 

さて。

皆様は「ザリガニ」というと、どんなものを思い浮かべますか?

おそらく

この体が赤い個体を想像するのではと思います。

爆発的に繁殖してしまった為、現在では世界中に当たり前に生息しているようですが、この「アメリカザリガニ」は立派な外来種。

習性や捕食種類等、陸水生態系に影響するとして、侵略的外来種にも選定されているとか。

危険とされているにもかかわらず、飼育販売の規制はない(一部自治体ではあるようです)のが現状のようです。

 

反対に、日本固有の種もあります。

絶滅危惧種2類に指定されている「ニホンザリガニ」

4~5cmと小さな個体ですが、立派な大人です。

湧き水など綺麗な淡水地でしか生息できず、大人になるまで5年ほどかかる上に繁殖力が低いことから、現在では減少し続けています。

 

 

どちらも、人間が原因で増えたり減ったりしているという現実を、しっかりと直視しなければいけないのですね。

5月12日の今日は「ザリガニの日」だそうです。

ザリガニだけでなく、自然生物について、ちょっとでも考える時間をつくるのも良いのではないでしょうか。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

古い羨道墳

2018年4月20日

こんにちは。

爽やかな春らしい天気ですが、埃と花粉でコンタクトレンズ使用人には厳しい天気でもあります。

 

さて。

前回、前々回に続き、アイルランドのブルー・ナ・ボーニャ中核の三つの墳墓、最後のひとつ「ドウス」について。

ドウスはニューグレンジ、ノウスの中でも、最も古い羨道墳と言われています。

二つに比べると規模も小さく、装飾も質素なようで、観光としてもあまり注目されていないようです(-_-;)

1847年頃から調査が始まりましたが、それ以前の歴史の中で破壊や盗難もあったようです。

ドウスはニューグレンジと同様、冬至に太陽光が羨道に差し込む設計。墓の入り口に水晶が散りばめられていて、太陽があたると綺麗に輝いていたと推測されています。

装飾は質素でも、とても煌びやかだったのではないでしょうか。

復元できるなら、映像でもいいので見てみたいものです。

 

余談ですが、アイルランドミース州について少し。

ミースという場所には歴史的に重要な遺跡が、この墳墓の他にも結構あります。

有名なのは「タラの丘」。

現在のウェストミーズ州、キャバン州、ダブリン州、キルデア州、ロングフォード州、ラウス州一体はミースと呼ばれていて、6世紀頃までアイルランドの上王がタラの丘を中心にアイルランドを統治していいました。鉄器時代の要塞の跡も残っています。

 

野外ライヴ会場として有名になった「スレイン城」もここにあります。

ローリングストーンズ、ボブ・ディラン、U2、オアシス、レッチリ等々、たくさんの世界的なスター達がここでライブしています。

 

私事ですが、シガー・ロスが大好きな私としては、そういう意味でもアイルランドは憧れの国。

歴史だけでなく、音楽にも歴史を刻む国。

アイルランド。

一度は行ってみたいものです(^ω^)

寿陵のメリット その2

2018年4月19日

こんにちは(^ω^)

弘前 おおゆ石材のブログ

今日は 寿陵(生前のお墓)のメリット その2

じっくりと時間をかけて選び・作ることができる

亡くなってから、イチから場所を探して墓石を決めるとなると、時間があまりなくて慌てて決めることになってしまいます。

十分な情報収集ができず、時間をかけずにお墓を建てた場合、後から後悔してしまうことも考えられます。

お墓が立つまでには、墓地を決めることから始まり、お墓のデザインを考え、石材の加工や工事期間にいたるまで、たくさんのことを考え検討していく時間が必要になります。

寿陵であれば

じっくりと時間をかけることができますので、予算や立地などの条件を考えながら、本人にとっても親族にとっても最適なお墓を選び、建てることができます。

自分のお墓は

自分の好きな形に・好きな石で・自分で決めたい

そんな思いがある方は、検討してはいかがでしょうか(^^)/

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る