お知らせ

墓地に潜む危険

2018年2月21日

先日、長野県で保育園に通う男の子が

倒れてきた墓石の下敷きになり重体となってしまったニュースをみました。

非常に悲しいニュースです。

 

ニュース等の映像を見る限りだと墓石は100キロは超えていると考えられます。

その石が、園児を襲ったのです。

これは、単に園児が墓地に行ったことに保育士が気づけなかったという問題ではありません。

 

ふつう、石と石は動かないように接着していますが今回の場合は

接着されておらず簡単にぐらついてしまうような状況だったと聞いております。

 

このような小さな子供でも動かすことのできる、古くて接着が不十分な墓石は他にもたくさんあると思います。

これは子供だけではなく、男女年齢問わず、大きな怪我や事故を引き起こしてしまうかもしれません。

そういった墓石にお心当たりのある方は、お近くの石材店に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

でも、お墓の所有者がいるお墓はまだ対策出来るとして

無縁墓(墓守する人がいない、放置されてしまっているお墓)はどうするのでしょうか・・・

 

市町村が管理していくのか、自治体が管理していくのか・・・

 

 

今まさに、墓石の今後のあり方が問われるところにきております。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

お知らせ

2019年11月16日

本日11月16日

社員研修の為12時からお休みとなります。

何卒、宜しくお願いします。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る