お知らせ

地下墓地

2018年2月12日

こんにちは。

朝からブリザードで大変ですね~(>_<)

こんな天候の日は、車のライト点灯をお願いします。

 

さて。

今日は地下墓地「カタコンベ」についてのお話です。

カタコンベは国によって発音(といっても日本語ではないので難しいですが…(-_-;))がかわるので、カタコンブというところもあります。

博物館等保存されて公開されているところもあるので、ご存知の方も多いかと。

 

カタコンベはイタリアローマの歴史と共に生まれた墓地です。(似たような墓地は他の国にもあります)

 

98年頃のローマ。

トライアヌス皇帝は、征服した国の人々の反発を抑える為、その国の宗教・文化と共に受け入れ、それを上手く政治に利用し領土を拡大させていきました。

その時代のローマは日本と同じで多神教の国。

宗教にはおおらかだったようです。

しかし。

キリスト教徒は迫害を受けます。

神と神の子イエスのみを信仰し、その他を受け入れず、ミサ等を行い団結力が強いキリスト教徒は、ローマ人にとって「反逆者」としてうつったのでしょう。

国に認められない宗教として、家族が亡くなっても埋葬できなかった当時のキリスト教徒は、地下に墓地を造っていきました。

それがカタコンベです。

313年頃。

コンスタンティーノ皇帝がキリスト教徒を公認するまで地下墓地は広がり続け、地下2階~3階になるほどの規模のものもあるそうです。

 

お墓の意味は、死者の眠りと遺された者の精神の安定。

宗教や国に関係なく、大事にしたい文化ですね。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弘前市 最新お墓情報 

2018年2月25日

おはようございます。

弘前は今朝も寒い朝を迎えています。雪がまた降りだしました。皆さんの地域はどうですか?

昨夜の平昌五輪、女子マススタートと、女子カーリングの競技を観ましたか?手に汗握る戦いでしたね。結果が、金と銅で興奮しました。

選手が頑張っている五輪も今日で閉幕します。物事には始まりがあり、終わりがあります。終わりは寂しい気持ちになりますね。

人生も同じです。終わりがあります。最近ですと、俳優の大杉漣さん、左とん平さんがお亡くなりになりました。人生の終わりを告げた後、お墓に葬られます。

葬られるお墓の事情も様変わりして来ています。

昔ながらの先祖代々のお墓は、段々と少なくなって来ています。家族や個人だけのお墓や、お墓は無く納骨堂のみや、お骨を散骨したり、樹木の下に埋葬したりと、様々です。

生活環境の変化に伴い、お墓事情も変化して当たり前になって来ています。

これからは、自分に合った埋葬方法や、場所を探すようになると思います。

近年都会では、お墓を建てるのも負担が大きい為、納骨堂が流行りだしているようです。「便利、安価、安心」と三拍子揃っていることが、人気の秘密のようです。

確かに、駅から近いとか、手ぶらでお参り出来るとか、天候に左右されないとか、様々な利便性があり、お墓建てるより安く済み、管理されているので安心出来るという、良い事尽くめですね。それでも、まだまだ田舎ではお墓を建てて供養するのが一般的です。今後、10年・20年先はわかりませんが、その土地や、その時の環境や事情に合わせたものを探して行くことが大切です。

人生の終わりを賢く迎える為の準備をする、終活セミナーも参考になると思います。色々な方法で自分に合った物を見つけてくださいね。

弘前市 最新お墓情報 終活セミナー

2018年2月24日

こんにちは。

昨日の夕方からの雪は、

久しぶりのベタ雪で、

車のワイパーが忙しかったです。

今朝は、おだやかな天候ですが、

雪が重く、凍り付いて大変です!

昨日、初めて弊社主催の「終活セミナー」を開催しました。

講師も社員が務め、緊張しながらも

「今まぜ終活か」と「新しい供養の仕方」を、

墓じまいも含めてお話しさせていただきました。

少しでも参考になったらいいなと思います。

できれば、定期的に開催していきたいと、

考えてますので、次回、決まりましたら

告知させていただきます。

「終活」に一歩踏み出してみませんか?

ぜひ、参加をお待ちしております。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る