お知らせ

千歳飴

2017年11月15日

こんにちは。

天気予報に雪マークが加わるようになってきましたね~。

タイヤの交換はお早めに(^O^)/

 

 

さて。

本日11月15日は七五三。

現在は11月15日にこだわることはないですが、11月のどこかでお参りするという風習は残っていますね。

旧暦の15日は鬼宿日(鬼の出ない日)で、何事にも吉であるとされた日。

秋は収穫の時期でもあるので、子供の成長と収穫の感謝を込めて氏神様にお参りしたのでしょうね。

七五三の由来は江戸時代。

諸説あるようですが、天和元年の11月15日(1681年12月24日)、お犬様で有名な五代将軍綱吉が、長男の健康祈願をしたのがはじまりとされています。

この行事は江戸からはじまったため、もともとは関東周辺地方の風習だったようですが、現在は全国に広がっています。

医療が発達していなかった昔は幼児の死亡率が高かったため「7歳までは神様の子供」という考えが強かったようです。

子を健康を願う気持ちに、時代や土地は関係ないのですね。

 

七五三といえばこれ。

千歳飴。

 

親が子の長寿を込めて与えるもの。ちとせ=千年(長生き)という意味で細長い形状をしているのだそうです。

縁起のいい紅白で着色された飴を、鶴亀、松竹梅等の模様が描かれた千歳飴袋に入れられることが多いですね。

千歳飴を製造後、神社へ奉納しお祓いをしてもらってから店頭に並べるという店もあるようで、そんな話を聞くと伝統や風習は大事だと感じます。

 

現代社会は慌ただしく時間が過ぎますが、健やかであれというの為の行事は受け継がれていってほしいですね。

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

戦国武将の墓

2018年1月17日

こんにちは。今回は、戦国武将のお墓をご紹介いたします。

上杉景勝 (1555~1623)享年69歳

戒名 覚上院殿法印権大僧都宗心 命日旧3月20日 新4月19日 死因病死

お墓場所 米沢藩主上杉家墓所 山形県米沢市御廟1-1869

米沢藩主上杉家墓所では、初代から15代藩主を祀っている。

人物プロフィール

長尾政景の次男。叔父である上杉謙信の養子となった。謙信の死後、実子がいないので、家督を巡って2人の養子が対立した。

謙信の甥である景勝と、北条家から養子にきた景虎である。この戦い(御館の乱)に景勝は勝利する。

武田家と親密な間柄を保ち信玄の五女の菊姫をめとっている。

武田勝頼が織田信長によって滅ぼされると、上杉家は窮地に陥った。しかし、本能寺の変が起こり窮地を脱した。

豊臣政権が確立すると、景勝は大阪に出向き、秀吉に臣従を誓った。小田原の役、文禄の役にも参戦し、会津120万石に国替えされる。

秀吉の死後、五大老の1人となる。しかし、徳川家康は上杉家を警戒し上杉討伐にでる。この時、家康不在を機に石田光成が挙兵し

関ケ原の戦いとなる。景勝は、関ケ原の戦いで光成側と同盟して敗れた為、会津から米沢30万石に移された。

転封先米沢では、内政に力を注ぎ、明治維新まで続く米沢藩の礎を築いた。

(戦国武将のお墓参り手帖から引用)

山形を訪れたときには、上杉家墓所をお参りしてみたいですね。

 

ガネーシャ

2018年1月15日

こんにちは。

今日はキラキラガネーシャをご紹介します(^ω^)

右⇒サンシャインストーン

左⇒ブラックサンシャインストーン(大)

中央⇒ブラックサンシャインストーン(小)

ガネーシャは

ブラックサンシャインは光加減でキラキラ紫色や藍色に輝いてキレイですねー♪

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る