お知らせ

再考

2017年1月31日

こんにちわ。

また雪が降りましたね(- -;)

降らなければいけない所(スキー場とか観光施設とか)にだけピンポイントで降ってくれたらいいのにと、勝手に願ったりしていますが(笑)、皆様の意見はどうでしょう??

 

さて。

今日は生命保険の日なのだそうです。

日本で生命保険の保険金が初めて支払われた日に由来するそうです。

 

この最初の支払いは明治15年。

死亡保険者は、警察関係者で、殉職ではなく心臓麻痺だったそうです。

因みに、保険料は30円。受け取り金額は1000円。現在の金額に換算すると約10万ほどの保険料で約300万ほどの支払額だそうです。

 

 

元々、日本に限らず他国でも生命保険のようなものは昔から存在していたようで、日本では「香典講」と呼ばれ、仲間が亡くなったら一定金額を遺族に渡すというものでした。

しかし、この方式では参加者の減少や該当者の増加等が続くと破綻してしまい、継続はしません。

 

そこで。

ジェームズ・ドドソンという数学者が、生命表・死亡表等のデータを使って現在の生命保険の原型を考案しました。

 

 

生命保険は面倒なことが多くて難しいです。

私も約款等を読まず、自分のプランも知らない状態で、知識のないまま、20歳独身にもかかわらず、子供2人の中堅サラリーマンが加入するような保険の契約をしていたこともあります。

数年間その年齢では必要のない金額を支払っていました。

 

でも大事な生命保険。

 

生命保険の日を機会に、自分に不必要な契約はないのか、一度調べてみることをオススメします♪

現在は便利な無料相談窓口もあります。

自分の契約書を持参して、どのようなものなのかを聞いてみましょう。

若しくは担当者を家に呼んだり、コールセンターやメールで問い合わせるのもいいかもしれません。

きちんとしっかり聞いてみると、自分の知識にもなりますよ(•∀•)ノ

 

万が一を支えてくれる生命保険。

お金が発生する事項なので、人任せにせず関心をもって上手に利用したいですね。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓参り

2018年4月22日

おはようございます。

本日は正しいお墓参りについてお話ししたいと思います。

①手を洗い、清める

体を清める意味でも、必ず手洗いを

②墓前で一礼・合掌

お寺の墓地の場合、お墓に参る前に本堂・本尊に一礼・合掌した後、墓前で一礼・合掌。本堂素通りはNG。ご住職様に挨拶できれば◎

③墓石磨き&掃除

まず墓石に水をかけて雑巾やスポンジなどで汚れを落とします。植栽の手入れや雑草抜き、落ち葉やゴミなどの掃除をし、おろしたてのタオルでキレイに拭いた後、花立や香炉もキレイにしましょう。

④墓石を清める

墓石のてっぺんから新しい水をかけ、水鉢があればキレイな水を張りましょう。

変色やひび割れの原因になりますので、お酒は絶対にかけないでください。

⑤お供えをする

花立に生花、香炉や香立に線香を供える。お菓子や飲み物は半紙の上に。神式は、ロウソクに火を灯し、花立に榊を、お供え物(水、洗米、塩、お神酒が基本)は墓石の前に置きます。

線香の火を息で消すのはNGですので気をつけましょう。

⑥数珠をつけ礼拝

数珠を、親指と人差し指の間に掛けて合掌。ご先祖様の冥福祈願や近況報告を。

神式は”二礼、二拍手、一礼”

⑦後片付け

線香の火は燃やしきり、お菓子などのお供え物は、虫や鳥類の餌になることもありますので持ち帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもお墓ってなに?

2018年4月21日

おはようございます☀

【青森県弘前市 おおゆ石材店 お墓のブログ】です。

 

気になることがあったので調べました。

 

”お墓”って当たり前にみんな知っているけれど

“お墓”ってそもそも何なんだ?と。

そう思ったことはありませんか?

亡くなった方を弔うためのもの、ご先祖様のためのものなど

もちろん、一般常識として既にお墓のことはご存知かと思いますが

どうぞ最後までお付き合い下さい。

(さらに…)

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る