お知らせ

伝染予防規則公布

2017年7月14日

こんにちは。

連日の暑さ、皆様の体調はいかがですか?

塩分も糖分も適度に上手に摂って熱中症対策は万全に、楽しい夏をすごしたいですね。

 

さて。

本日は検疫記念日。

現在の厚生労働省(当時の厚生省)と日本検疫衛生協会が1961年に制定。

1897年には、日本初の伝染病予防の法令「コレラ病伝染予防規則」が公布されました。

 

コレラとは、コレラ菌を病原体とする感染症(コレラ菌は多種あって、行政的にコレラとして取り扱う菌に関しては割愛)

感染力は非常に高く、ペスト等と同様に危険視されている感染症ですが、感染するのはヒトだけという菌。

コレラの感染源は主に汚染された水や食物。現代と違って昔は上下水道の整備が成されていなかった為、爆発的に感染が広がったと推測されます。

 

コレラの潜伏期間は約5日前後。平均的には2~3日のようですが、個人差があるようです。

症状としては、軽いもので1日数回の下痢や嘔吐で回復する場合もあります。

しかし、殆どが1日20~30回の下痢や嘔吐に加えて低体温症を起こし、極度の脱水症状により死に至るという危険な場合が多いようです。

 

治療法。

消化管を休ませるため絶食・絶飲。点滴により水分と電解質の補給、抗生物質等の投与等が一般的なのだそうです。

 

予防法。

コレラは経口感染なので、飲食に気を付け、感染者の吐瀉物・糞便の扱いに気をつけさえすれば予防できます。

衛生環境が整っていない場所での生水、そのような水に生息している魚介類の刺身等を避けさえすれば大丈夫です。

感染地へ頻繁に赴く方々は、医療機関でワクチン接種もされているそうです。

 

現在は医療が発達していますが、昔は謎の病。

このように、コレラは死神や化け物のような怖い存在で、それに対抗しようと、特効薬等をつくり売ろうと考えたのでしょうね。

 

暑い季節。

黴の繁殖、食中毒、熱中症等々、怖いものはたくさんありますが、予防と対策でいい夏にしましょう(^O^)/

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弔問・会葬の作法

2018年10月18日

おはようございます。

本日は「弔問・会葬の作法」についてお話したいと思います。

●服装

とり急ぎ弔問にかけつける時は、平服のままでかまいません。先方も用意が整っていない場合が多く、また礼装で訪れたのでは不幸を予期していたようで、かえって失礼です。とはいえ、なるべく地味な服装が望ましいですし、男性の場合は、できればネクタイと靴下を黒に換えてもいいでしょう。

葬儀・告別式に参列の時の、一般の会葬者の服装は通常礼服です。しかし、特に親しい間柄でない場合には黒めの平服でかまいません。男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒の靴。女性は黒もしくは地味な色のスーツもしくはワンピース、それに黒の靴が望ましいでしょう。男女、和洋装を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けましょう。

●通夜

“通夜”とは、その字の通り夜通し遺体とともに過ごすことを言うのですが、現在では夜通し柩を守るのは近親者に限られます。通夜は正式な儀式ではなく、身近な親しい人の集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇のそばの席に着くのが普通です。

通夜振るまいなどを喪主からすすめられた場合には一口でも箸をつけるのが礼儀ですが、喪主の家族は看病疲れや、葬儀の準備などで忙しいはずですから、なるべく早めに切り上げるようにしたいものです。

●遺体との対面

遺族から勧められない限りは対面は控えるのが礼儀です。対面の作法は、まず遺体の枕元から少し下がって正座します。一礼のあと、遺族が顔の白布を外したら膝をつけたまま近づきます。対面のあと、もう一度一礼して合掌します。そして遺族にも一礼するのですが、この時「安らかなお顔で・・・」などの言葉をかけたいものです。

●弔電

葬儀に出席できない場合、電話でのお悔やみは避けるようにしましょう。喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話を使用しなければならないからです。なるべく電報をl利用するようにしましょう。

 

 

 

 

 

ちょっとした財産の話3

2018年10月17日

こんにちは。

寒くなってきましたね。

気温が低く乾燥してくると、様々な感染症の危険があります。

体調には充分気を付けましょう。

 

さて。

今回は財産相続の「遺留分」の話を少し。

一定範囲の相続人には最低限の遺産を受け取れるようにと民法で定められているのが遺留分です。

ドラマなどで、財産相続でもめるシーンをよく見かけますが、このトラブルは現実にもあるようです。

遺留分は遺言より優先されます。

なので、遺言があってもなくても財産を受け取る権利として主張する人が出てきます。だからもめるんですね(笑)

例として、お父さん(以下A)、お母さん(以下A’)、長男(以下B)、次男(以下C)、お父さんの父(以下D)、お父さんの妹(以下E)の家庭で、Aが亡くなったとしましょう。

Aは遺言でA’へ財産のすべてを渡すとしていたとしましょう。

しかし、周りは納得しませんでした。

ということで、遺留分です。

遺留分の権利者は主に次の通りです。

被相続人の配偶者ーA’

被相続人の子ーBとC

つまり、D(お父さんの父)とE(お父さんの妹)は、遺留分権利者にはなりません。

但し、Aに子がいなければDに権利が発生します。(この部分は複雑になるので割愛)

 

財産分与でのトラブルは人間関係に支障が出たりします。

故人の為にも、この先の家族の為にも、しっかり考えておくべきですね。

 

なにか困ったら、法テラスや司法書士の無料相談等を上手に利用しましょう。

収入によって報酬がかわる制度もあります。

お金がなくても、法的な相談はできます。

財産問題で悩んだら、ひとりで解決しようとせずに、各市町村へ無料相談の日付等問い合わせてみましょう。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る