お知らせ

今回は松本城

2017年3月17日

こんにちは!

今日は少し寒いです。粉雪がちらちら降っています。

 

そんな中お城の第三弾、今回は松本城です。

九州の熊本城、北陸・東海の名古屋城、と来ましたので、関東・甲信越の松本城をご紹介います。

 

 

これが松本城です。なんとなく熊本城と似ている気がするのは、私だけでしょうか?

 

松本城の前進は、戦国期永正の頃、現在の本丸の地に築かれた、深志城です。

後に甲斐の武田信玄が城を占領、信濃支配の拠点とした。

1582年(天正10)には小笠原貞慶が深志城に入り、名を松本城と改称した。

 

城は、外堀・内堀に囲まれて建っていました。写真は埋橋です。埋門へ通じて天守へ行けます。この橋は、戦国期には無かったもので、1955年(昭和30)に観光用としてデザインされ架けられたものです。行って渡ってみたいものです。

 

写真は、二の丸東面の太鼓門です。右手石垣上にあった太鼓楼が名の由来で、太鼓を打ち時刻や登城を知らせた需要な役割をもった場所です。

 

この写真は、黒門です。本丸南東隅に設けられた枡形門で、本丸への大手門(正面)でした。戦国期にはここを通って本丸へ行っていたのです。この門は、先ほどの太鼓門から真っ直ぐには渡れないようになっています。直角に曲がらないと渡れないのです。敵に攻め込まれた時に渡りづらい工夫になっています。

 

松本城の石垣は、勾配が緩やかで直線的で以外に低いです。石垣の積み方は未加工の自然石を積み上げた野面積です。石垣の高さは、6.6mで反りも少なく安山岩の山石を積み上げたものです。

 

松本城は、北アルプスと城下町を一望にできるお城です。雄大な景色と共に一度見てみたいお城です。

今回はこの辺で終わります。また次回、別のお城をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓参り

2018年4月22日

おはようございます。

本日は正しいお墓参りについてお話ししたいと思います。

①手を洗い、清める

体を清める意味でも、必ず手洗いを

②墓前で一礼・合掌

お寺の墓地の場合、お墓に参る前に本堂・本尊に一礼・合掌した後、墓前で一礼・合掌。本堂素通りはNG。ご住職様に挨拶できれば◎

③墓石磨き&掃除

まず墓石に水をかけて雑巾やスポンジなどで汚れを落とします。植栽の手入れや雑草抜き、落ち葉やゴミなどの掃除をし、おろしたてのタオルでキレイに拭いた後、花立や香炉もキレイにしましょう。

④墓石を清める

墓石のてっぺんから新しい水をかけ、水鉢があればキレイな水を張りましょう。

変色やひび割れの原因になりますので、お酒は絶対にかけないでください。

⑤お供えをする

花立に生花、香炉や香立に線香を供える。お菓子や飲み物は半紙の上に。神式は、ロウソクに火を灯し、花立に榊を、お供え物(水、洗米、塩、お神酒が基本)は墓石の前に置きます。

線香の火を息で消すのはNGですので気をつけましょう。

⑥数珠をつけ礼拝

数珠を、親指と人差し指の間に掛けて合掌。ご先祖様の冥福祈願や近況報告を。

神式は”二礼、二拍手、一礼”

⑦後片付け

線香の火は燃やしきり、お菓子などのお供え物は、虫や鳥類の餌になることもありますので持ち帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

そもそもお墓ってなに?

2018年4月21日

おはようございます☀

【青森県弘前市 おおゆ石材店 お墓のブログ】です。

 

気になることがあったので調べました。

 

”お墓”って当たり前にみんな知っているけれど

“お墓”ってそもそも何なんだ?と。

そう思ったことはありませんか?

亡くなった方を弔うためのもの、ご先祖様のためのものなど

もちろん、一般常識として既にお墓のことはご存知かと思いますが

どうぞ最後までお付き合い下さい。

(さらに…)

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る