お知らせ

乳化フランキンセンス

2017年9月23日

本日はフランキンセンスをご紹介いたします。

フランキンセンスとは樹木から分泌される樹脂で、乳香(にゅうこう)とも呼びます。

南アフリカ、東アフリカ、インドに自生しているボスウェリア属の樹木で、

これらの樹皮に傷をつけると樹脂が分泌され、空気に触れて固化します。

1~2週間経つと乳白色から橙色の涙滴状の塊となり、それを採取します。

フランキンセンスについて調べてみました。

①古くからこの樹脂の塊を焚いて香りとし、または香水などに使用する香料原料として利用されている。

②樹木は栽培して増やすことが困難で、これらの自生地の特産品となり、かつては同じ重さの金と取引されたこともある。

③香以外にも中医薬・漢方薬としても用いられ、鎮痛、止血、筋肉の攣縮攣急(れんしゅくれんきゅう)の緩和といった効能がある。

④多くの流通している南アラビア地域では唾液の分泌の促進や、リラクゼーションのために乳化樹脂をガムのように噛むことがある。

だそうです。

 

フランキンセンス10g    324円

化粧水やエッセンシャルオイルを手作りしている方が使っているようです。

○美肌効果

○乾燥肌、敏感肌にも良い

○しわ・シミ・たるみを目立たなくする。

○リラクゼーション効果

○消毒および消炎作用

○傷跡を目立たなくさせる

などなど・・・いいこといっぱいですね✨

作り方は👇

www.orange-flower.jp/r_cosme1/lotion_27.html

でチェックしてみてください🌼🌼🌼

 

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

弘前市 最新お墓情報 

2018年2月25日

おはようございます。

弘前は今朝も寒い朝を迎えています。雪がまた降りだしました。皆さんの地域はどうですか?

昨夜の平昌五輪、女子マススタートと、女子カーリングの競技を観ましたか?手に汗握る戦いでしたね。結果が、金と銅で興奮しました。

選手が頑張っている五輪も今日で閉幕します。物事には始まりがあり、終わりがあります。終わりは寂しい気持ちになりますね。

人生も同じです。終わりがあります。最近ですと、俳優の大杉漣さん、左とん平さんがお亡くなりになりました。人生の終わりを告げた後、お墓に葬られます。

葬られるお墓の事情も様変わりして来ています。

昔ながらの先祖代々のお墓は、段々と少なくなって来ています。家族や個人だけのお墓や、お墓は無く納骨堂のみや、お骨を散骨したり、樹木の下に埋葬したりと、様々です。

生活環境の変化に伴い、お墓事情も変化して当たり前になって来ています。

これからは、自分に合った埋葬方法や、場所を探すようになると思います。

近年都会では、お墓を建てるのも負担が大きい為、納骨堂が流行りだしているようです。「便利、安価、安心」と三拍子揃っていることが、人気の秘密のようです。

確かに、駅から近いとか、手ぶらでお参り出来るとか、天候に左右されないとか、様々な利便性があり、お墓建てるより安く済み、管理されているので安心出来るという、良い事尽くめですね。それでも、まだまだ田舎ではお墓を建てて供養するのが一般的です。今後、10年・20年先はわかりませんが、その土地や、その時の環境や事情に合わせたものを探して行くことが大切です。

人生の終わりを賢く迎える為の準備をする、終活セミナーも参考になると思います。色々な方法で自分に合った物を見つけてくださいね。

弘前市 最新お墓情報 終活セミナー

2018年2月24日

こんにちは。

昨日の夕方からの雪は、

久しぶりのベタ雪で、

車のワイパーが忙しかったです。

今朝は、おだやかな天候ですが、

雪が重く、凍り付いて大変です!

昨日、初めて弊社主催の「終活セミナー」を開催しました。

講師も社員が務め、緊張しながらも

「今まぜ終活か」と「新しい供養の仕方」を、

墓じまいも含めてお話しさせていただきました。

少しでも参考になったらいいなと思います。

できれば、定期的に開催していきたいと、

考えてますので、次回、決まりましたら

告知させていただきます。

「終活」に一歩踏み出してみませんか?

ぜひ、参加をお待ちしております。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る