お知らせ

ユネスコ無形文化遺産8

2019年4月11日

こんにちは。

青空ですね。昨日の関東方面の積雪のニュースが嘘のようです。

このまま穏やかに春に進んでほしいと思います。

 

さて。

今日は「薩摩硫黄島のメンドン」について。

八朔の行事日である旧暦の8月1・2日の2日間、鹿児島県三島村硫黄島で行われている「硫黄島八朔太鼓踊り」。

矢幡を背負い、鉦を鳴らす歌い手、踊り手、太鼓の打ち手の若者が十数人で掛け声をかけながら踊るという伝統行事で、硫黄権現(熊野神社)に奉納された後、集落をまわります。

ここに出現するのが仮面の神「メンドン」です。

メンドンは真っ赤な顔、白い大きな目、耳は黒い渦巻き模様が特徴の面をつけ、歌い手や太鼓打ちの邪魔をしたり、手に持っているスッベン木の枝で人を叩きます。

女性、子供、観光客も容赦なく叩くようです。

叩かれた人は厄が取り払われるとして、縁起が良いのだそうです。

これを夜遅くまで続け、翌日、この厄をメンドンは海に流し、社に帰っていくのだそうです。

起源は不明ですが、一説によると、豊臣の時代、藩主を守ろうと太刀を振り回し敵を追い払い奮闘した者を称え、凱旋祝いとして踊りを奉納するようになったのではともいわれているようです。

 

敵を追い返すことと、厄を祓うことは確かに行為的には似ていますね。

自分にとって悪いものを寄せ付けたくないことは、時代が変わっても同じ。

気分の問題なのだとしても、厄払いはするべきではと個人的には思います。

 

今回はここまで。

次回は鹿児島県十島村についてお話したいと思います。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓をお盆まで

2019年6月26日

こんにちは(^ω^) 弘前市石川 おおゆ石材のブログです。

お墓はいつ建てればいいの?とよくご質問を受けます。

お墓を建てる時期について、法律でも仏教古来のしきたりでも特に決まりはないようです。それぞれのご家族の事情に合わせてお墓を建てて差し支えありません。

お墓を建てるタイミングとして一般的には
ご家族の誰かが亡くなった時、現在のお墓の修繕が必要な時、あらかじめ建てておくなど

お墓を建てる時期としては
お盆、秋彼岸、法要に合わせて百か日・一周忌・三回忌など

いちばん多いのが お盆まで

お盆の時期にはご先祖様の霊がこの世に帰ってくるという言い伝えがあり、ご先祖様の霊をお迎えする行事がお盆です。そういうことからお盆までにお墓を建てる方が多いのです。

お盆前までにお墓を建てたいが?日数が?

おおゆ石材は

まだ 間に合います!

お気軽にご相談ください(^o^)/

 

 

 

お墓のあんしん点検

2019年6月24日

おはようございます。

おおゆ石材店のブログです。

 

土日の曇りがちなお天気から一転して

今日はいい天気ですね。

 

大湯石材店では、

今日もお墓のあんしん点検を行っています。

 

今年もあんしん点検のはがきをご覧になったお客様から

「ありがとう」のお声やご連絡が届いております。

 

皆様のお声と笑顔が私達の力になります。

いつもありがとうございます。

 

これから暑くなりますが、

まだまだあんしん点検は続きます!

 

点検スタッフを見かけた際には

ぜひお声がけくださいね(`・ω・´)♪

 

皆様も暑さに負けず、

今日も一日よい日をお過ごしください。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る