お知らせ

ビタミンの日

2016年12月13日

こんにちは(*´ω`)

今日はあいにくの雨ですね。

道路がガタガタしてるところもあり、運転する方は気をつけてくださいね(>_<)

 

さて、今日12月13日は『ビタミンの日』なのだそうです。

明治43年(1910年)、鈴木梅太郎博士が、米ぬかの中に脚気(かっけ)を予防する成分があることを発見しました。博士は、これを「オリザニン」(当初は「アベリ酸」と命名していました。)と名付け、12月13日の東京化学会例会で発表したそうです。

オリザニンは後に、ポーランド人科学者のC.フンク氏が発見した「ビタミン(B1)」と同じ物質であることが判明しました。国際学会への発表はフンク氏のほうが早かったため、現在では「ビタミン」という名称が普及しています。

博士の功績を広く知らせて、ビタミンの知識の普及に貢献する情報発信活動を行っていくことを目指し、平成12年(2000年)、ビタミンの日制定委員会(2009年解散)が12月13日をビタミンの日としました。

ビタミンとは生物の生存・成長に必要な栄養素のうち、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物のことを示します。人に必要なビタミンは【A、B群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)、C、D、E、K】の13種類と言われています。

その中でもこの季節、特に補給しておきたいビタミンをご紹介します(*’ω’*)

 まずはビタミンの中でも一番の働き者といわれる「ビタミンC」。風邪予防や美肌効果に優れています。

では、体内のビタミンCを奪う原因は何か、知っていますか?それはアルコールとストレスなんです!

連日の忘年会、飲みながらも気を遣う人間関係、様々あります。

ビタミンを多く含む食材を食べて少しでも解消していきましょう。

今が旬の『柿』には1個で1日分のビタミンCがはいいています。食べ過ぎると便秘になったり、貧血の原因になったりするので注意してください。

カブの葉っぱにもビタミンCが豊富です。ビタミンCだけでなく免疫力を高め、肌を乾燥から守るβ-カロテン、疲労を回復させるビタミンB1、皮膚や粘膜を正常に保つビタミンB2、骨や歯を強くし、骨粗しょう症を予防するカルシウム、貧血を予防する葉酸や鉄分などが多く含まれています。

今年も残りわずかですが、ビタミンをとって健康に元気に過ごしましょうヾ(≧▽≦)ノ

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

ちょっとした財産の話3

2018年10月17日

こんにちは。

寒くなってきましたね。

気温が低く乾燥してくると、様々な感染症の危険があります。

体調には充分気を付けましょう。

 

さて。

今回は財産相続の「遺留分」の話を少し。

一定範囲の相続人には最低限の遺産を受け取れるようにと民法で定められているのが遺留分です。

ドラマなどで、財産相続でもめるシーンをよく見かけますが、このトラブルは現実にもあるようです。

遺留分は遺言より優先されます。

なので、遺言があってもなくても財産を受け取る権利として主張する人が出てきます。だからもめるんですね(笑)

例として、お父さん(以下A)、お母さん(以下A’)、長男(以下B)、次男(以下C)、お父さんの父(以下D)、お父さんの妹(以下E)の家庭で、Aが亡くなったとしましょう。

Aは遺言でA’へ財産のすべてを渡すとしていたとしましょう。

しかし、周りは納得しませんでした。

ということで、遺留分です。

遺留分の権利者は主に次の通りです。

被相続人の配偶者ーA’

被相続人の子ーBとC

つまり、D(お父さんの父)とE(お父さんの妹)は、遺留分権利者にはなりません。

但し、Aに子がいなければDに権利が発生します。(この部分は複雑になるので割愛)

 

財産分与でのトラブルは人間関係に支障が出たりします。

故人の為にも、この先の家族の為にも、しっかり考えておくべきですね。

 

なにか困ったら、法テラスや司法書士の無料相談等を上手に利用しましょう。

収入によって報酬がかわる制度もあります。

お金がなくても、法的な相談はできます。

財産問題で悩んだら、ひとりで解決しようとせずに、各市町村へ無料相談の日付等問い合わせてみましょう。

お墓のお手入れ〇✕クイズ

2018年10月14日

おはようございます☀

今日は「お墓のお手入れ」をクイズでいくつかご紹介したいと思います。

Q. 故人が好きだったので、お墓にお酒をかける。 or

A. 「 ✕ 

  お墓にお酒をかけてはいけません!!

お墓にお酒をかけると色の変色やカビ、虫の発生の原因となるのでやめましょう。

Q. 苔などをしっかり落とすため、金属タワシでこする。 or

A. 「 ✕ 

     金属タワシはお墓を傷つけます!!

石の表面は非常にデリケートなので、金属タワシなどの固いものでこすると傷ついてしまいます。

お墓をこするのには濡らした雑巾ややわらかいスポンジなどが適しています。

Q. 文字などの細かい部分は歯ブラシでこする。 or

A. 「 〇 」

細かい部分は歯ブラシを使うと便利です。

彫刻部分などは雑巾やスポンジが入らないので、歯ブラシを使うとキレイに掃除ができます。

但し、正面文字など彫刻が深い部分はブラシの柄が彫刻の角に当たって欠ける恐れがあるので、充分注意しましょう。

Q. 汚れが落ちない場合は家庭用洗剤を使う。   or

A. 「  

家庭用洗剤を使うとシミの原因になります!!

家庭用洗剤でお墓を洗うとシミの原因になります。基本的にはお墓は水で洗いましょう。

どうしても汚れが取れない場合は当店にご相談ください。

Q. お参りが終わったらお供物は持ち帰る。  or

A. 「 〇 」

お供物を置いたままにするとシミなどの原因になります。

お供物を置いたままにしておくとお墓の汚れやシミの原因となったり、虫や鳥獣類が荒してお墓が傷む原因となります。お参りが終わった後は、必ず持ち帰るようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る