お知らせ

トルコのお墓

2018年3月10日

こんにちは。

雪解けが進んで、車の運転もしやすくなってきましたね。

このまま春がきてくれればと願います。

 

さて。

本日は1987年に世界文化遺産登録された「ネムルト・ダウ」について。

標高約2150mのネムルト山。

紀元前62年頃に栄えたコンマゲネ王国の王アンティオコス1世が、この山に巨大墳墓を建設したとされています。

ネムルト山は、19世紀後半オスマン帝国軍が山頂部に人工建造物を偶然発見し、その後1881年頃から本格的な調査が始まったのですが・・・・・・。

「建設したとされている」というには理由があります。

①現在でも埋葬施設が発見されていない

②玄室があるのではと推測される場所の構造が特殊で、調査が進んでいない

お墓という分類をされてはいても、王自身の座像や神々の首像は多数あるにも関わらず、肝心のお墓は見つかっていない。

学者の間では、現在もお墓であるという説と、宗教的な儀式を行う施設だったという説が分かれているそうです。

調査ができれば明確になるのですが、②の構造が特殊という部分。

小石を積み上げるという手法で、崩落の危険が大きく、更に、この技術の記録がない為、事故なく調査できても調査後の復元ができない。

お手上げです(-_-;)

 

いずれにせよ、コンマゲネ王国にとって重要な施設であったことは間違いないようです。

このネムルト山は神々の通り道とされた聖なる場所だそうで、墓を建てて、統治の為に王家を神格化しようした狙いがあったのかもしれないという学者もいるそうです。

 

国や時代に関係なく、山岳信仰はどこにでもあります。

山=自然

いつでも人間は自然に敬意を持たなければいけないということでしょうね。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓参りに行きましょう!

2019年3月21日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日 21日はお彼岸の中日、お墓参りに行った方、これから予定している方などいらっしゃると思います。

彼岸は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。

仏教では「六波羅蜜」の教えというのがあり、お彼岸の期間はご先祖さまに感謝するとともに、生活の中では正しい行いを心掛ける期間とされています。

その行いは

1、「布施」 他人へ施しをする・分け与える

2、「持戒」 戒を守り反省すること・規律を守る

3、「忍辱」 不平不満を言わず耐え忍ぶこと・怒りをすてる

4、「精進」 精進努力すること

5、「禅定」 心を安定させること

6、「智慧」 真実を見る智慧を働かせること

本来は、毎日心掛けるべきなのですが、日頃は忙しくなかなかできないので、せめて春と秋、年2回は行いましょうということだそうです。

このような意味を知って、お墓参りをして、ご先祖様に感謝をし、正しい行いを心掛けていきたいものです。

 

 

お墓用語のおさらい3

2019年3月17日

こんにちわ。

今日はまた、以前載せたお墓を建てる上でよく出るであろう用語についていくつか取り上げてみようと思います。

門柱=墓石の足場部分の両側にある柱のようなパーツ。墓石全体の見た目が豪華になり、上が平らなものなら荷物置きや腰掛けとしても使えます。

羽目=お墓の土台部分の上に置く、板状の囲い石。お墓の景観を上げたり、周りのお墓との境界をより明確にできます。

目地=お墓の場合、石同士のすき間部分の事を指します。最近のものは雨水などが侵入しないようにコーキング材などで目地止めがされます。

改葬=今あるお墓を別の墓地に移したりなど、お骨そのものを移動することを指します。改葬を行うには改葬許可証というものが必要で、各市町村や自治体でやり方が異なるため、しっかりと確認をとることをオススメします。

終活=家族に負担がかからないよう、自分が生きている内に没後の準備をしておくこと。エンディングノートなどは以前にもメディアなどで取り上げられましたね。

今回はこの5つを取り上げてみました。

最後のものはお墓の建立とは少し違いますが、何かと話題になりますので挙げました。

これらも含め、普段の生活ではなかなか耳慣れないものが色々とあります。

詳しく知りたい場合は、当店スタッフなどしっかりと知識を持ったものに聞いてみると良いでしょう。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る