お知らせ

タイタニック号の悲劇

2018年4月14日

こんにちは(^ω^)

 

今日は4月14日。

あの有名なタイタニック号が沈没した日だそうです。

 

1912年、イギリスのサウサンプトンからニューヨークを目指し処女航海に出発したタイタニック号は、航海も終わろうとするニューファンドランド島沖合で氷山に激突。救援のSOSを発信するも間に合わず、多くの乗員乗客が犠牲となった悲劇の事件でした。

 

ふと、その犠牲になった方々のお墓はどうしたんだろう…と思い、調べてみました。

 

当時、事故現場に一番近かったカナダのハリファックスという大きな港町。(といっても、現場からは1000km以上離れていたそうです。)

SOS信号を受けてただちに救助船を出港させたそうですが、現場到着時には遅すぎました。

救助船が到着したときは、海上に船から浮かび上がった遺品や亡くなられた方の遺体の数々が浮かび上がっていただけだったといいます。

 

その後、ハリファックスに持ち帰った遺体は333体。

その多くは母国に帰ることができず、ハリファックスに埋葬されました。

 

今でもタイタニック号の犠牲者のお墓が市内にあるそうです。

墓石には名前が刻まれず、遺体の収容番号しか書いていないものもあります。

 

なんだか悲しいな、と思いました。

 

大切な方への想いを伝えたり、その人が生きた証となったり。

お墓が持つ意味の重要性やエンディングについて、改めて考えさせられる話ですね。

 

当店ではまごころを込めてお客様のお墓に関わらせていただきます。

お墓の相談がありましたら、ぜひ当店へお問い合わせ下さい(^ω^)

 

▼参照ページ

http://travel.weblogs.jp/anne100/2008/03/post-a7df.html

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

12月13日 有名人のお墓

2018年12月13日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

本日は土佐出身の中江兆民の命日です。(明治34年の12月13日没)

中江兆民は、明治時代の日本の思想家・ジャーナリスト・政治家です。長崎・江戸でフランス語などを学んだ後、明治維新後に政府に出仕し、岩倉使節団として採用、哲学、文学、史学を学びました。その後、東京で仏学の私塾「仏蘭西学舎」を設立し、フランスの思想家ルソーを日本に紹介して、自由民権運動の理論的指導者となりました。ルソーの「社会契約論」を翻訳・出版するなどして「東洋のルソー」と評された。

その後、第1回衆議院議員総選挙に当選、第一議会の予算問題で土佐派が妥協したのを憤慨し議員を辞職してしまいました。実業家として数々の事業を行うが失敗に終わり、病気で55歳で死去しました。

中江兆民のお墓は

東京都港区の 青山霊園 にあります。

墓の姿は、石を少しだけ加工した細長い墓石で、自然石に近い石で作られています。

 

 

 

 

人以外の生物のお墓と埋葬2

2018年12月12日

こんにちは。

濡れ雪は重量があるので除雪も大変です。

既に腰が痛いです・・・・。

皆様もどうか無理はしないでください。

 

さて。

今回は前回の続き。

ペットの埋葬について。

 

ペットが亡くなって、自分の家の庭に埋葬しましたという話をよく聞きますが、これは正解です。

私有地の庭に埋葬する、同様に、ペットのお墓を建てるということは可能です。

但し、セントバーナードやグレートデン等の大きな犬種を土葬する場合は、かなり大きく深い埋蔵場所が必要になる為、火葬してからをお勧めします。埋葬穴が浅い場合、野生または野生化した他の生物に荒らされる危険もあるからです。

前回お話した通り、(各自治体によって異なりますが)ペット専用の火葬炉が用意されていたり、個別火葬ができたりするので、遺骨を受け取れる場合もあります。詳しくは各市町村へ問い合わせしてみましょう。

 

いずれにせよ、土地を所有している場合は、自分の土地にペットを埋葬するのは法的に何の問題もないのです。

 

しかし、アパートやマンションの住まいで、庭がないという方も多いでしょう。

次回はそのような場合の埋葬についてお話ししたいと思います。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る