お知らせ

タイタニック号の悲劇

2018年4月14日

こんにちは(^ω^)

 

今日は4月14日。

あの有名なタイタニック号が沈没した日だそうです。

 

1912年、イギリスのサウサンプトンからニューヨークを目指し処女航海に出発したタイタニック号は、航海も終わろうとするニューファンドランド島沖合で氷山に激突。救援のSOSを発信するも間に合わず、多くの乗員乗客が犠牲となった悲劇の事件でした。

 

ふと、その犠牲になった方々のお墓はどうしたんだろう…と思い、調べてみました。

 

当時、事故現場に一番近かったカナダのハリファックスという大きな港町。(といっても、現場からは1000km以上離れていたそうです。)

SOS信号を受けてただちに救助船を出港させたそうですが、現場到着時には遅すぎました。

救助船が到着したときは、海上に船から浮かび上がった遺品や亡くなられた方の遺体の数々が浮かび上がっていただけだったといいます。

 

その後、ハリファックスに持ち帰った遺体は333体。

その多くは母国に帰ることができず、ハリファックスに埋葬されました。

 

今でもタイタニック号の犠牲者のお墓が市内にあるそうです。

墓石には名前が刻まれず、遺体の収容番号しか書いていないものもあります。

 

なんだか悲しいな、と思いました。

 

大切な方への想いを伝えたり、その人が生きた証となったり。

お墓が持つ意味の重要性やエンディングについて、改めて考えさせられる話ですね。

 

当店ではまごころを込めてお客様のお墓に関わらせていただきます。

お墓の相談がありましたら、ぜひ当店へお問い合わせ下さい(^ω^)

 

▼参照ページ

http://travel.weblogs.jp/anne100/2008/03/post-a7df.html

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓じまいについて

2019年11月18日

こんにちは。おおゆ石材店です。

当ブログでも何度も書かせて頂いております「墓じまい」ですが、
その内容はご家族毎に千差万別!

その中で今日は「改葬」についてお話しします。

墓じまいをするにあたり遺骨の新しい納め先を決める時
お寺や霊園の合葬墓の場合が多いですが、
誰でも好きな所に持っていける訳ではありません。

宗派の違うお寺だったら元のお寺を離檀したり、
地域の公営墓地でも各審査があります。

私もお客様の手続きのお手伝いをする時がありますが、
最初はお寺や役所に相談することが肝心です!

何度か話すを重ねますとお互いの理解が深まり良い解決に向かいます。

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る