お知らせ

ちょっとした財産の話3

2018年10月17日

こんにちは。

寒くなってきましたね。

気温が低く乾燥してくると、様々な感染症の危険があります。

体調には充分気を付けましょう。

 

さて。

今回は財産相続の「遺留分」の話を少し。

一定範囲の相続人には最低限の遺産を受け取れるようにと民法で定められているのが遺留分です。

ドラマなどで、財産相続でもめるシーンをよく見かけますが、このトラブルは現実にもあるようです。

遺留分は遺言より優先されます。

なので、遺言があってもなくても財産を受け取る権利として主張する人が出てきます。だからもめるんですね(笑)

例として、お父さん(以下A)、お母さん(以下A’)、長男(以下B)、次男(以下C)、お父さんの父(以下D)、お父さんの妹(以下E)の家庭で、Aが亡くなったとしましょう。

Aは遺言でA’へ財産のすべてを渡すとしていたとしましょう。

しかし、周りは納得しませんでした。

ということで、遺留分です。

遺留分の権利者は主に次の通りです。

被相続人の配偶者ーA’

被相続人の子ーBとC

つまり、D(お父さんの父)とE(お父さんの妹)は、遺留分権利者にはなりません。

但し、Aに子がいなければDに権利が発生します。(この部分は複雑になるので割愛)

 

財産分与でのトラブルは人間関係に支障が出たりします。

故人の為にも、この先の家族の為にも、しっかり考えておくべきですね。

 

なにか困ったら、法テラスや司法書士の無料相談等を上手に利用しましょう。

収入によって報酬がかわる制度もあります。

お金がなくても、法的な相談はできます。

財産問題で悩んだら、ひとりで解決しようとせずに、各市町村へ無料相談の日付等問い合わせてみましょう。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓の香炉のお掃除

2019年7月22日

こんにちは 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先週も弘前市新寺町のお寺様の墓地にあんしん点検に行ってきました。先週で弘前周辺の墓地は終了しました。ねぎらいのお言葉をかけて下さった方々に感謝します。

今日は 香炉のお掃除についてお話しします。

あんしん点検では、香炉の中をキレイに拭いて、灰(細かい砂)を使用されている方は、新しい白い砂に交換をしています。その時に香炉の中が変色(黄色・黒など)している事があります。

汚れの原因としては
雨や雪による水あか
ほこり・花粉・鳥のフン、虫・蜂の巣など汚れ
ロウソクたれや線香のヤニ
などが考えられます。

石に浸透してしまうと取れなくなるので、気づいたら早めに落とすことをオススメします。基本的には雑巾や柔らかいスポンジで水拭きします。

注)金属やかたいタワシは使用しないでください、石はかたいですが硬いものでこするとキズがついて溝に汚れがついてしまいます。専用の洗剤なども販売されていますが、汚れの種類や石の種類によって適する洗剤が違いますので、注意が必要です。

気になる汚れがありましたら、自己判断しないで墓石掃除のプロに相談しながら進めていきましょう。

 

 

 

お墓参りに

2019年7月20日

おはようございます。

青森県弘前市のおおゆ石材店のブログです。

 

みなさん、お盆の準備はもう始められていますか?

 

当社では、気持ち良くお盆にお墓参りをしていただくため

お墓のあんしん点検を行っています。

5月からコツコツ行い、そろそろ終盤となってきました。

今日もあんしん点検を行っておりますので、

見かけた際はぜひお声がけください(*´ω`)/

 

あんしん点検を行ったお墓には

点検結果がかかれたはがきが置いてあります。

 

可能な方は、お盆前に一度お墓に行って

はがきをチェックしてみてください♪

 

ご先祖様の魂が帰ってくるお盆を気持ち良く迎えるために

少しずつ準備していきたいものですね。

 

お墓参りにいく際は、当社の社員が制作した

テーマソング「ずっと」をぜひ聴いてみて下さい。

 

 

あなたにとってお墓参りが

大切で和やかな心のよりどころになりますように。

 

今日もよい一日をお過ごしください。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る