お知らせ

そもそもお墓ってなに?

2018年4月21日

おはようございます☀

【青森県弘前市 おおゆ石材店 お墓のブログ】です。

 

気になることがあったので調べました。

 

”お墓”って当たり前にみんな知っているけれど

“お墓”ってそもそも何なんだ?と。

そう思ったことはありませんか?

亡くなった方を弔うためのもの、ご先祖様のためのものなど

もちろん、一般常識として既にお墓のことはご存知かと思いますが

どうぞ最後までお付き合い下さい。


まずはこちら

(面倒くさい方は読み飛ばしてください)

 

■リサーチデータ お墓参りに関する調査(2014年)

「今年お墓参りをした人は全体の65%、40代以上で高く、20・30代では低い。将来の自分の墓についての希望は男女で異なる

 

私が気になったのは、「男女で自分のお墓への意識にはっきりと差がある」という部分です。

女性は「将来自分が入る『お墓』のことで子や孫に迷惑をかけたくない」「自分が入る『お墓』のことを考えると憂鬱な気持ちになる」という回答率が高く、逆に男性は「自分が『お墓』を守らなければいけないという責任を感じる」「『お墓参り』は自分の子供や孫にもしてもらいたい」という回答率が高いそうです。

自分自身の埋葬方法に関するデータでは、男性は「先祖代々の『お墓』」「新しく『お墓』を建てる」が上位2位を占め、女性は「散骨」「先祖代々のお墓」とほぼ並んで1位という結果でした。


さらに合わせて見ると興味深いデータがこちら!

(面倒くさい方は読み飛ばしてください)

 

■リサーチデータ 終活に関する調査(2018年)

「『終活』をする理由は「家族に迷惑をかけたくないから」が7割、女性の『終活』意向がより強い結果に」

 

「終活」という言葉を聞いたことがある人は9割を超え、「エンディングノート」を認知している人は8割を超えています。

しかしながら、実際に用意している人や終活を始めている人は1割ほどという結果でした。

40代以上から「終活」をはじめる人がほとんどだそうですが、理由はダントツで「家族に迷惑をかけたくないから」が多く、「病気やケガ、介護生活で寝たきりになったときに備えるため」「葬儀などの希望を家族に伝えるため」と続きました。何れの項目でも男性より女性の回答率が上回っていたそうです。


男女でずいぶん自分のお墓に対する意識に差があるのがわかりました。

この差は一体どこからくるのでしょう??

 

それを考えた結果、行きついたのが「そもそもお墓って何?」という疑問なわけです。

■伝統的なお墓 とは

■お墓の役割と意味

お墓には「ご遺骨の収蔵場所」という機能の他に、下記のような役割を持ちます。

・家や家の継続性のシンボル

・先祖を祀り感謝する場

・故人とのつながりの場・ツール

 

■伝統的なお墓とそのしくみ

お寺にある「○○家の墓」「○○家先祖代々乃墓」という例のアレ。家墓(いえはか)と呼ばれるものです。

伝統的家墓は以下のような仕組みを持ちます。

・一家は檀家となっている寺に一つお墓を持つ

・一人の子供、通常長男に継承する→したがってその墓には代々長男家族が葬られる

・それ以外の男児は新たにお墓を建てる

 

 

ははーん。

なるほど、こういう仕組みならば男性の方が「自分がお墓を守らなければならないという責任を感じる」「お墓参りは自分の子や孫にもしてもらいたい」という回答率が高かったのも納得です。

 

 

来週の土曜日は、「なぜ、女性がより「伝統<家族に迷惑をかけたくない」という意識が強いのか?」というテーマで記事を書こうかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたヽ(`・ω・´)丿

 

■参照

https://research.rakuten.co.jp/report/20140901/

https://research.rakuten.co.jp/report/20180215

http://www.hakairazu.com/shoukei.html

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

土用の丑の日

2018年7月20日

おはようございます。

今日は「土用の丑の日」‼ 美味しそうなウナギを想像してしまいます(笑)

そこで、意味や由来について調べてみました。

「土用」は立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の「期間」を示す言葉です。そして、昔の暦では日にちを十二支で数えていました。

つまり「土用の丑の日」とは土用の期間におとずれる丑の日の事を指しているのです。土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わります。

さらに、土用の丑の日といえば夏のイメージが強いかもしれませんが年に何回かやってきます。

いずれにしても、土用の丑の日「季節の変わり目」といえます。

 

なぜウナギを食べるようになったのか?

ウナギを食べる習慣が一般にも広まったのは1700年代後半、江戸時代でした。

一説によれば「夏に売り上げが落ちる」とウナギ屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、「の日にちなんで『』から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があっことから、

 

「本日、丑の日」

土用の丑の日ウナギの日

食すれば夏負けすることなし

 

という看板を店先に立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。

ウナギにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。土用の丑の日は季節の変わり目にあたる為に体調を崩しやすいので、夏バテ防止にはピッタリの食材といえるでしょう。

 

ウナギ以外にも「」のつく食べ物がよいといわれます。「の日」の「」ですね。

例えば、うどん・ウリ・梅干し・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

いずれも栄養価が高い。または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。

 

暑い日が続いてちょっと疲れ気味かな・・・という方も、「」のつく食べ物で元気を取り戻し、夏を乗り切りましょう‼

 

 

 

 

訪問者の多いお墓

2018年7月18日

こんにちは。

曇り空で暑さが落ち着いた気温ですが、蒸し暑いですね。

水分補給は、喉が渇く前にしましょう(^ω^)

 

さて。

個人的に夢中になったワールドカップはフランスの優勝で集結しましたね。

おめでとう。

自由・平等・友愛の国。

 

ということで今回は、世界遺産じゃないけれど、フランスの有名な墓地について。

 

「ペール・ラシェーズ墓地」はフランスのパリ東部に位置しています。

年間数十万の人々が訪問する墓地として、世界的にも有名となっています。

その理由は。

フランスだけでなく、世界的に影響をあたえたアーティスト、学者、軍人、政治家等々が埋葬されていることがあげられます。

とにかく様々なジャンル。

ヴィクトル・ユーゴー「レ・ミゼラブル」の主人公、ジャン・ヴァルジャン。実在しない人物のお墓もあります。

あげるときりがないほどたくさんです。

《一部↓》

ショパン

ビゼー

ロッシーニ

オスカー・ワイルド

プルースト

バルザック

モディリアーニ

ピサロ

ドラクロワ

マリア・カラス

エディット・ピアフ

イヴ・モンタン

等々・・・・・。

この一部だけでも、数十万人の訪問がうなずけます。

 

ヒュー・ジャックマンはお参りしたのでしょうかね?

気になります(笑)

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る