お知らせ

こどもの質問は世間を動かす

2017年12月21日

こんにちは。

この数日の雪と寒さといったら・・・・(>_<)

風邪などひかないように暖かくして過ごしてくださいね。

 

さて。

この時期になると、こどもたちから質問されることがあります。

時代がかわっても、こどもたちにとっては永遠の疑問です。

 

「サンタクロースは本当にいるの?」

 

今日は、これに答えた本当の意味で頭のいい大人の紹介です。

 

フランシス・チャーチ

 

有名話なのでご存知の方も多いかと。

 

1897年のある日、8歳の女の子からイギリスの新聞THE SUNに投稿がありました。

「サンタクロースって本当にいるの?私の友達はいないというの。お父さんに聞いたらTHE SUNがいないというならそうなんだろうって。教えて。サンタクロースって本当にいるの?」

この投稿の担当をしたのが、チャーチでした。

回答は社説として掲載されました。

 

(文章が長いので一部)

あなたの友達はきっと目に見えるもの以外は存在しない思ってしまう年頃で、理解できないものは存在しないと考えてしまうのでしょう。

~中略~

サンタクロースはもちろんいます。

人に優しさや思いやりがあるように。それらはあなたを幸せにしてくれます。

~中略~

サンタクロースが目に見えないからといって、サンタクロースがいない証拠になるでしょうか?

この世で大切なのは、こどもにも大人にも見えないものです。

~中略~

これから一万年たっても、サンタクロースはずっとこどもの心を喜びで満たしてくれるでしょう。

 

それ以降、毎年クリスマス時期になると、この社説が掲載されるようになったそうです。

その後は本としても出版され、日本でも翻訳されています。

すごい影響力です。

 

 

個人的な話ですが、甥っ子が保育園の頃、私も同じ質問をされました。

幸い、この話を知っていた私は、

「サンタクロースは誰も会ったことがないけど、いるんじゃないかな。空気は見えないけどいつもあるでしょう?会ったことがない、見たことがない、見えないからといっていないとは限らない」という趣旨のことを答えました。

子供ながらに納得していたようです。

そんな彼もこどもの親になり、同じ質問をされていました(笑)

 

 

未来のあるこどもたちの為に、大人はフランシス・チャーチのように賢くならなくてはと思います。

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

墓じまいについて

2019年11月18日

こんにちは。おおゆ石材店です。

当ブログでも何度も書かせて頂いております「墓じまい」ですが、
その内容はご家族毎に千差万別!

その中で今日は「改葬」についてお話しします。

墓じまいをするにあたり遺骨の新しい納め先を決める時
お寺や霊園の合葬墓の場合が多いですが、
誰でも好きな所に持っていける訳ではありません。

宗派の違うお寺だったら元のお寺を離檀したり、
地域の公営墓地でも各審査があります。

私もお客様の手続きのお手伝いをする時がありますが、
最初はお寺や役所に相談することが肝心です!

何度か話すを重ねますとお互いの理解が深まり良い解決に向かいます。

墓石の花立カップ

2019年11月17日

こんにちは(^ω^) 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓の花立についてお話ししました。今日は、花立の花立カップについてのお話です。

花立カップの材質としては
ステンレス製・陶器製・合金製・銅製・プラスチック製などがあります。

一番使われているのがステンレス製の花立カップです。ステンレス製は雨や雪が降っても水分によるサビができにくく、長期間使用できるというメリットがあります。雪・風雨の影響を受けるお墓の花立には最も適しています。

花立カップの形は
ツバなし・つば付き・フタなし・フタ付(ネジ式・チェーン式)など

お花は、故人を供養する大切なお供え物で、お墓には欠かせないものです、ご参考になさってください。

大湯石材店は、気持ち良くお墓参りができますようにお手伝いいたします。お墓のことならなんでもご相談ください!

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る