お知らせ

お盆

2018年7月8日

おはようございます。

少し気が早いですが、本日は『お盆』についてお話したいと思います。

お盆は正式には「盂蘭盆会」といいます。これはインドの言葉の一つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。お盆のはじまりについては『盂蘭盆経』の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。それは、「お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。そこで、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談にいきました。するとお釈迦さまは、おまえが多くの人に施しをすれば母親は救われると言われました。

そこで、目連尊者はお釈迦様の教えにしたがい、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました」という話です。

それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。わが国では、推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられています。日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に先祖の霊が帰ってくると考えられています(*浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません)。

日本のお盆は先祖の霊と一緒に過ごす期間なのです。

今では8月15日を中心に、ひと月おくれの盆行事をするのが、もっとも盛んなようです。これは明治になって新暦が採用されると、7月15日では、当時国民の8割を占めていた農家の人たちにとって忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったからです。それで、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご先祖様の供養ができるようにしたわけです。

また最近では宗教的な色合いは薄れてきましたが、元来盆踊りは、戻ってきた精霊を慰め、送り出すために催されてきました。また、戻ってきた霊が供養のおかげで成仏できた喜びを踊りで表す、と伝えられている地方もあります。私たちが、先祖に感謝し生きていることの喜びを表現するために踊ると考えてもよいでしょう。

お盆まで1ヶ月と少し。今一度意味を振り返り、感謝の気持ちをもって迎えたいものです。

 

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

お墓のチェックをしましょう

2019年3月23日

おはようございます。

青森県 弘前市 おおゆ石材店のブログです。

 

今朝の天気は雪ですね。

すっかり雪景色に戻ってしまいました。

 

お彼岸で土日にお墓参りを考えていた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。。。

雪の積もった石は非常にすべりやすくなっています。

天候の悪いときは無理をせず、もしも後日

墓地の雪かきなど行う場合は転倒しないようお気をつけください。

 

また、雪かきの際、石をキズつけないようご注意ください。

 

お墓参りに行った際は

お墓に異常がないかどうか確認してみると良いかもしれません。

 

・汚れ、キズ、ひび、欠けがある

・花立カップがない

・お墓の字が薄くなっている

・お墓が傾いている

・目地が剥がれている

など、

なにか気になることがあったらぜひ大湯石材店へお越しください。

 

大切な人のお墓ですから、きれいに保つと気持ちが良いですよね。

 

お墓ディレクターの資格を持つスタッフが丁寧に対応致します。

お問い合わせ、ご来店お待ちしております。

お墓参りに行きましょう!

2019年3月21日

こんにちは(^ω^) 弘前市 おおゆ石材のブログです。

今日 21日はお彼岸の中日、お墓参りに行った方、これから予定している方などいらっしゃると思います。

彼岸は、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間を合わせた7日間です。

仏教では「六波羅蜜」の教えというのがあり、お彼岸の期間はご先祖さまに感謝するとともに、生活の中では正しい行いを心掛ける期間とされています。

その行いは

1、「布施」 他人へ施しをする・分け与える

2、「持戒」 戒を守り反省すること・規律を守る

3、「忍辱」 不平不満を言わず耐え忍ぶこと・怒りをすてる

4、「精進」 精進努力すること

5、「禅定」 心を安定させること

6、「智慧」 真実を見る智慧を働かせること

本来は、毎日心掛けるべきなのですが、日頃は忙しくなかなかできないので、せめて春と秋、年2回は行いましょうということだそうです。

このような意味を知って、お墓参りをして、ご先祖様に感謝をし、正しい行いを心掛けていきたいものです。

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る