お知らせ

お盆の準備について

2019年7月26日

こんにちは 弘前市のおおゆ石材のブログです。

先日、お墓購入をお考えのお客様から、初めてでわからない事ばかり、お盆はどうしたらいいの?とご質問がありました。地域や宗教・お寺様により違いますが一般的なお話や自分の体験をお話しました。お客様の不安を解消したり問題を解決していくことが私達の仕事だとあらためて感じました。

そこで今回は、お盆の準備についてお話します。

先日のお客様の様に、初めてお盆を迎えることを「新盆」といいます。ただ、正確には「忌明け(四十九日)後に初めて迎えるお盆」が新盆で、今年の8月に新盆を迎えるのは2018年6月29日以降に亡くなった方が新盆になります。同じように今年の6月29日以降に亡くなった方は来年が新盆ということになります。

新盆で法要を行う場合、お盆期間中、お寺は一年の中で一番忙しいので、早めに相談しましょう。また親戚や知人を招いての法要の場合は、案内・法要後の会食の場所やお弁当手配などの準備が必要になります。

一般的なお盆のながれ(8月盆)

7月
○寺院への依頼
○不足している仏具チェック・注文など
○新盆の場合
会食やお弁当の予約、返礼品の準備、新盆用提灯準備など

8月
○お仏壇の掃除、盆棚使用の場合は組立て・飾付け、提灯の組立て・飾付け
○お墓の草刈り・お掃除

12日 お迎えはじめ
○お花・お供物・ろうそく・線香
13日 迎え盆
○ご霊膳・水の子・なすときゅうりなど供えます。盆棚の場合は位牌を盆棚に移します。
○お墓参り
○迎え火 夕方、お墓や家の門口で迎え火を炊きます。

14~15日  盆中日
○ご霊膳などのごちそうを作りお供えします
○お墓参り、僧侶を招いて読経、親族で会食など

16日 送り盆
○送り火を焚いてご先祖の御霊を見送ります。(新盆の提灯やおがらも一緒に焼く)

地域によって違いますので、寺院や周りの方にご相談しながら準備されると良いでしょう。

いろいろやることが多く面倒だと思われますが、お迎えする気持ちが一番ですので、自分のできる範囲でお盆を過ごしましょう。

 

 

 

 

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

台風19号

2019年10月13日

こんにちは 弘前市おおゆ石材のブログです。

今朝の報道を見て、台風19号による被害が甚大であることに心が痛みます。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

あわせて被災された皆様に深くお見舞い申し上げます。

二次災害も続いております、お命を大事にくれぐれもお気を付けください。

 

 

 

神道のお墓

2019年10月11日

こんにちは、大湯石材店のブログです。

今日は、神道のお墓の紹介です。

神道のお墓は、竿石のてっぺんが尖っています。これを兜巾(ときん)型と呼びます。

ピラミットのように四角錐になって全体的に細長い形状のものです。

この形は、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)をかたどったとされています。

この形にするには、御剣の守護に与ろうとする説や御墓自体を神器のように神聖なものとする説があります。

墓石正面に彫る字は、○○家奥津城(奥都城)・○○家先祖代々霊位と刻むのが一般的です。奥津城は「おくつき」とよみ

柩を置く奥深い境域という意味です。「津」と「都」どちらの文字を使うかは諸説あります。

「津」は川・湖などの水場が近くにある場合で、その他は「都」とする説。

「都」は神官や氏子を勤めた人のお墓で一般的には「津」を使う説。

または地域性の場合もあります。

よく墓地で見る旧日本軍の軍人さんのお墓も神道に由来しています。

宗教・宗派の違いでお墓の形・建て方が違うのでお墓を建てる際には、確認が必要ですね。

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る