お知らせ

お墓のお掃除

2019年2月25日

おはようございます(*´﹀`*)

 

道路の雪が融けて、

風の香りは段々春っぽくなってきましたね♪

 

雪に埋まっていたお墓も顔を出す季節となってきました。

一冬越したお墓は土やホコリ、花粉などで汚れていることが多いもの。

 

春彼岸くらいまでに一度お墓を見に行って、お掃除ができたら

より爽やかに春を迎えられそうな気がします

 

今日はお墓をそうじするときのポイントを紹介していこうと思います♪


お墓のそうじは基本的に水洗いで行います。

家庭用洗剤や中性洗剤などを使用するとシミや汚れの原因となりますので、使用しないようにしましょう。

かといって、特別なものは必要ありません。

お家にあるものを使ったり、お墓のそうじセットとして売られているものを買って使ってもよいでしょう。

 

■必要なもの

・雑巾やタオル

・やわらかいスポンジ(柄がついていると便利です)

・毛のやわらかいブラシ

・ゴミ袋

・バケツ

 

■あると便利なもの

・手袋、軍手

・ほうき

・柄杓(墓地で借りることができない場合のみ)

 

■お掃除の手順

①お墓にお水をかけながら、高いところから順番に雑巾や柔らかいスポンジで水拭きします。

お墓掃除はご先祖様の供養にもなります。

故人の身体を拭くように丁寧にするとよいでしょう。

 

②気になる汚れ(細かいところや水が溜まりやすい場所)などには毛の柔らかいブラシを使います。

金属製や、毛の固いタワシなどを使うと表面に細かいキズが付き、石にとってはあまりよくありません。

手の冷たさが気になる方は手袋を使うことをオススメします。

 

③墓石を洗ったら、乾いたタオルや吸水スポンジなどで水気を拭き取るようにします。

水気のついた墓石には空気中のホコリなどの汚れが付着しやすいため、

せっかくピカピカにしてもすぐにまた汚れてしまう原因になります。

 

④花立や線香皿などの取り外すことができるパーツは、取り外して水洗いします

※墓石によって取り外せない場合もあります

枯れた花や線香・ローソクの燃えた灰などがあれば捨てて、

柔らかいスポンジなどを使ってきれいにしましょう。

 

もし、お墓を掃除しているときに

・彫刻している字が薄い、汚れている

・石が欠けている

・ヒビが入っている

・香炉の扉が開かない、閉じない

・シミやガンコな汚れがある

・石が傾いている

・目地が剥がれている

など、気になる部分がありましたら

お気軽に大湯石材店にご相談くださいませ。

 

お客様の大切なお墓を守るお手伝いをさせていただきます。

 

 

#青森

#弘前

#お墓

#墓

#墓石

#大湯石材店

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

言葉の由来

2019年8月18日

こんにちは。

連日暑い日が続きますね。

夏バテしないように、冷たいものを多く摂るのは控えて、豚肉や緑黄色野菜等もしっかり食べて元気に過ごしたいものです。

 

さて。

今回は、お盆の名前の由来について簡単に少し。

「おぼん」という音ですが、サンスクリット語の「ウラムバナ」「ウラバンナ」(※1)の発音が転じたものといわれている説と、ペルシア(現在のイラン)のアヴェスタ語の「ウルヴァン」「ウラヴァン」(※2)の発音が転じたものともいわれています。

※1 逆さづりの苦しみという意味

※2 霊魂の意味

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」「盂蘭盆(うらぼん)」というのが正式名称とのことなので、確かに発音は似ていますね。

 

先祖が苦しみから解放され浄土に行けるよう、先祖の魂が安らかであるようという願いを込めて供養する為に行った行事が、現在のお盆になったといわれています。

お墓の建立同様、元々は上流階級で行われていたことが、江戸時代に入って庶民にも広がり現在に繋がっています。

 

先祖があっての現在の自分。

お盆でもお盆でなくても、手を合わせることは大事なこととして後世に繋げていきたいですね。

8月17日🍍

2019年8月17日

こんにちは。

今日は蒸し暑く、雨も降りそうなお天気ですね。

さて、今日は『パイナップルの日』だそうですよ!

今では旬の食べ物も通年食べられるものが多いですが、パイナップルの旬は夏ですね!

パイナップルにはビタミンCやビタミンB1が含まれており、風邪予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があり、

食物繊維も含まれているので、便通も良くしてくれます。

また、夏といえばスイカも旬です。

スイカにはカリウムが含まれており、疲労回復や利尿作用があるとされ、

夏バテに効果があると言われています。

 

旬の食材を食べて、風邪や夏バテを予防して楽しい夏休みを過ごしてくださいね♪

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る