お知らせ

お墓のいろいろ

2018年1月11日

おはようございます。

今朝は寒かったですね。風邪などひかないようにしましょう。

西日本では、数年に一度の寒波で大雪になっています。弘前でも雪の心配をしましたが、降らなくて良かったです。

さて、今日はお墓いろいろということで、最近メディアで度々紹介されている、樹木葬について書きたいと思います。

樹木葬て、何?と思う方も多いと思います。また、知っているという方もおられると思います。

樹木葬とは、簡単に説明すると、元来お墓を建てて、埋葬し故人を供養していたものを、定めた場所、例えば樹木の周りに穴を堀り埋葬する。又は、予め造った納骨堂へ埋葬する。というものです。

何故、樹木葬が出来たかと言うと、元来お墓は、故人を偲び供養して、その故人との出会いの場所として、代々受け継がれてきたものですが、今現在は、代々受け継ぐ人がいなくなる、もういないという方が増えてきた為、そういう方がかに答える形として出来たものと思います。

樹木葬の形もいろいろです。個人だけ、家族だけ、夫婦だけ、又は女性だけ、ペットと一緒など様々です。自分に合った物を選べます。(内容は樹木葬の取り扱い場所への確認が必要です)

時代に合わせてお墓の形もいろいろ変化して行くと思いますが、故人を偲び、いつまでも供養をし続ける民族でありたいものです。

関連記事

おおゆ石材 CM公開中

トピックス&イベント情報

毎週土・日曜日、墓石相談会開催!

近年は、墓石の形やデザインも社会の変化や価値観の変化により様々なものがございます。当社では、新しいコンセプトのオリジナルデザイン墓石のほか、今話題のガラスデザインの墓石もご用意しております。また、お墓のリフォームやリニューアルのご相談もたまわりますので、お気軽にお越しください。毎週土曜・日曜日、墓石相談会を開催しておりますので、お気軽にお越しください。 営業時間:9時から18時

一覧はこちら

最新情報

バレンタインデーと分骨

2019年2月14日

こんにちは。おおゆ石材店です

今日2月14日はバレンタインデーですね。

 

発祥はキリスト教の司祭であるヴァレンティヌス(バレンチノとも)を祀った祭事がルーツです。

彼は3世紀頃のローマで、当時禁止されていた兵士の結婚を執り行い、それが元で処刑されました。

それから恋人たちの守護聖人になったとされています。

この話しをご存知の方も多いかとおもいますが、

その後彼の遺骸が聖遺物として7つの教会に納められているのは知っていましたか(?_?)

 

つまり分骨されている訳ですね。

たまに分骨は魂が分かれるから縁起が良くないと言われますが、

しっかり四十九日の法要が済んだ遺骨は魂と体が離れていますので、そんな事はありません。

お釈迦様も分骨されています。

分骨は故人を身近に感じていたい、お寺・お墓が遠い方等が希望される場合が多いです。

昔も今も分骨という供養は故人を想っての事ですね(*´ω`)

 

ちなみに現在は分骨をする場合、分骨証明という手続きが必要な場合がありますので、

納骨先の管理者の方に確認しましょう。(ご自宅に置くのであれば不要です)

 

ではこの辺りで、どうぞ善きバレンタインデーを(^^)/

苗字とお墓

2019年2月13日

こんにちは(^ω^) 弘前 おおゆ石材のブログです!

2月13日は 苗字制定記念日です。

1875年2月13日、明治政府がすべての国民に姓を名乗ることを義務化したことを受けて記念日に制定されました。

それまでは 貴族・武士・士族・ごく一部の国民 が苗字を使っていました。現在、日本にある苗字は約12万種以上あるとされています。その約8割は地名や地形に由来しているそうです。

苗字とお墓について

お墓には「○○家之墓」・「○○家先祖代々之墓」と苗字が刻まれているのが一般的です。家族という単位で先祖と同じ墓に入り、代々受け継がれて行くということからです。

お墓の入り方については、特に法律で決められているわけではありません。

最近は、苗字が違う人でも同じお墓に入ったり、両家墓として両家の苗字を刻字したお墓もあります。

お墓の形態は多様化し、苗字に関係なく自由にお墓に入れる時代になりつつあり、お墓に対する考え方も変わってきています。

お墓のことで不安をお持ちの方は、お気軽に おおゆ石材へご相談ください。親身になってお話をお伺いします。

 

 

 

一覧はこちら

石材店に行く前に読む本

お墓の窓口

ページ上部へ戻る